マイナス126万円確定、株主優待株の投資額を考える

これで、約25.6万円分戻ってくる。
実質100万円の投資の失敗だったということです。

いやぁ、株は難しいですね。予想をしてこれだ!と思って購入した株は、優待狙いではなく、利益が出そうよ予想して買った株。
これで、NISAで購入している原油ETFを除くと、全て優待狙いの株だけとなりました。

その株主優待狙い。
私の場合、優待狙いで遊ぶ額の上限は1000万円としています。
投入額を見ると、379万円。なので、621万円分まだ使えると。
結構いろんなものは購入できるはずなのですが、なかなか欲しい優待株もなく。
コロワイドとアトム、ヤマダ電機くらいしか見ていません。

面白そうな株がないか、優待株をまとめているサイトで調べてみるつもりです。
なお、現在の上記の優待株の評価額は約620万円。
利確していません、ただの評価額です。
63.6%。
殆どの株は、購入して2年も経っていません。
投資信託は値動きは小さく。手堅いといいつつ、リーマンショック級が発生すれば、どんな国際分散投資をしようが下がる程度の金融商品です。そういう意味では、上手く上昇相場に乗ったのなら、個別株は面白いですね。
マイナス126万円も損確しながら、どの口が言うんだ!という話もあるかと。

既に利確した個別株も含めれば、上記マイナス分を含めても1000万円程度はプラスなので、そこは余裕あるってものです。


投資の目的はおいておくとして、投資を長期にわたって継続する原動力は何か?ということを考えてみます。
その1つのモチベーションUPの方法として優待狙いを楽しむというのは、いい手段だと思うのですが、どうでしょうか?

まぁ、このへんは投資手法や考え方の問題でもあります。
資産の1割未満で楽しむには、面白いと思うのですがねぇ。

円高進んで、上記のコロワイドなど、購入したい額まで下がるかな?と思っていましたが、為替は元に戻ってしまったようです。
ちょっと残念。預り金ことキャッシュは2500万円を超えました。あと500万円弱を用意できれば、野村のあれが買えるかな。
ま、それはどうでもいいか^^;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

宝くじや遺産、急な多額の資金流入で生活レベルが変わるか?

まぁ、宝くじにせよ、遺産にせよ、大きな額が自分の元となったとき、その資産に振り回されお金の使い方が荒くなった結果、あんなにもあった資産が無くなるどころか、借金持ちになったりと。

この手の話は、よく転がっています。
ニュースソースとして珍しくもありません。特に大きな宝くじ、アメリカで何十億円や何百億円も当たった話などは、興味ある人も多いですしね。その羨ましさが裏返って、はは、だから宝くじは悪いんだ!相応の資産を超えたとき、ダメになるんだ!とか、ちょっと情けない話なんでしょうけれども、そういう人が少なくないんでしょうな。

逆に、宝くじや大きな遺産を得た後に、その資産たる資金を上手く使いこなせる人がどれほど多いのか?それとも少ないのか?
破産したニュースと、宝くじで何億円もあった数を考えると、もしかすると破産するより、より多くがその大きな資産を有効利用しているのでは?
同様な話として、スポーツ選手が大金を得て、その後破産ということもよくある話です。
そう、清原の話なんて有名ですよね。では、桑田の話は?
お金があろうとなかろうと、堅実な人は堅実で、浪費家は浪費家。それだけじゃない?
お金によって人生狂わせる人は実際にいる訳ですが、そのお金をして事業を起こしたり。
清原と桑田は比較しやすい事例ですよね。ともに同世代、同じ高校球児をして、一流のプロ野球選手をして大金を。
ですが、結論がまったく違う!

センセーショナルな事件としてのニュース。せっかくの大金を浪費の元で消費しつくして、さらに人生をおかしくしてしまった。こういう記事、興味持たれる人は多そうです。

さて、これって統計の元、ちゃんと裏付けがあるんですかね?
何が言いたいかと言うなら、大半の人が堅実な使い方、堅実でなくとも浪費とまではいかずとも消費できているのでは?
例えば、額に多寡にもよるけれども、家の頭金にするとか、教育費として貯めたり、果ては定期預金や普通預金等で貯金に回したり。


ここで壮大に脱線します!(笑

仕事をお金の為にという人は、約半数いるそうです。逆に残り半数はお金以外のために仕事をしているということです。
ここで大きなお金を急に入手した場合、どちらの方がより影響をうけますかね?
前者の方々でしょうか?それとも後者の方々でしょうか?
敢えて言いませんが、たぶん、いきなり何千万円や何億円も資産が増えて、普段通りに生活をできるのはどっちなのかな?ということで。


お金が欲しいと思い、仕事をし、そのやりたいことを実現する。
では、お金が入った時に変わらない、確固たる何かがあればいいのだろうけれども。


さて、話を戻すというか、いやいや、更に違う方向に脱線してみようと思う。
そもそも物欲とは何ぞ!という。
孤独体制の有無などと同様に、消費願望というのも個人個人で違う。まぁ、個性という表現になるのかもしれないが。
足るを知る、これは「足るを知る者は富む」という諺の一部です。その意味は、言うまでもなく。


あ゛~何が言いたいか分からない記事になってきましたが、、、

大丈夫な人は大丈夫、ダメな人はダメ。
あ゛~~~、身も蓋もない結論ということで。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「米宝くじで830億円の大当たり」、もう働かなくても十分な資金がいきなりできたぞ!

●AFP=時事 より
「米宝くじで830億円の大当たり 単独当せんで史上最高」

宝くじを購入する是非はおいておきます。
さらに、金額の多寡もこの830億円といった高額でなくてもいい。

で、人は、一生使いきれない資金ができたとき、その資産と運用をどのように考え行動するのか?ということを疑問に思っています。

この話は、上記宝くじでなくてもOk。
コツコツ資産を貯めてでもいいし、一生懸命働いて作った資金でもいい。
遺産でも、上記のような宝くじでもなんでもいいんです。

で、家族や自分自身を含めて、もう資産を作る意味もなく、十分一生の生活に耐えうる資産ができたときの話です。

趣味としての投資。必要な資金を別管理し、余剰資金で投資をするというのならわかります。お金が増えるというのはちょっとした楽しみだと思えば、それを続けるために行う行動は十分ありだと。

お金の良い面の1つに、お金で時間を買えるという面があること。
お金のために仕事をする人がいたとしたら、お金がもう十分にあるのなら、仕事のためで時間を費やすことはない。
子供や配偶者のための資金だってそう。同じ理由で十分な資金があるなら、資金のために時間を費やす必要がないということ。


充分な資金ができたときに、その資金をどのように使う、それもスマートに使うという観点が明確でない人は多いのではないかと思う。実際に、そのような状況にならないと、なかなか想像つかないだけで、考える必要がないということの結果なのかもしれない。

なんか表題の話と全然関係ないような話になってきていますが・・・。

私のように40代半ばで独身貴族を謳歌して、今後も独身を継続する。
守るべき家族も、世話をするべき身内も、もし誰もいないような場合、資産をこれ以上増やすという意義は意味はどこに?
というのが、私の中の課題で、常に思っていることの1つでもあります。

有意義にスマートにお金を使うということを考えたとき、その参考になる人なんて皆無でしたが、自分なりにマンションという答えを導き出し、現在に至ります。これが正解だったか、不正解だったかはなかなか微妙なところで、資産的には上がりもせず、下がりもせずといったところ。そして実際に住み、資産価値が目減りしようが、それはそれで仕方ないでしょうと。


自分自身、家族をして、浪費せず普通に生活していれば十分すぎる資産があるとき、何をしますか?何に使いますか?
答えがない問いなのは、わかっていますが、考えている人ってどのくらいいるんでしょうね。
趣味にしても、家族の為にでも、、、

ま、よくわからない戯言ということで。
※資産の有無に関係なく、貧乏生活を続け、そしてお金を更に増やすことを目的としたい!とか言われたら、やっぱり自分の中ではないわ~っと思うだけに。そんなもの死んでしまって相続人がいなければ国庫に没収されるだけ。そんなことのために、お金を貯めているんですか???という疑問が消えないためです。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「三菱UFJ 「超富裕層」狙い、新組織 エース級を集中」、正しい活動ですやね

●毎日新聞より
「三菱UFJ 「超富裕層」狙い、新組織 エース級を集中」

少ない労力をして、大きく稼ぐ。これですやね!
お金が少ない層は、うるさいとも聞きます。労多くして功少なし。まぁ、くたびれもうけともいうのか。

とはいえ、もう、この超富裕層ともなると、完全に雲の上です。
同じマンション内に住んでいそうですが、接点がございません。

企業として、少なく広くという考えもあるのでしょうが、本当に儲けようとした場合少なくても大きなところに注力したほうが良さそう。
お金にうるさいところほど、トラブルが多そうですしね。実際、そういう記事を読んだこともあります故。

とはいえ、悪いことしたんだろう~?と言いたくなるくらい、超富裕層とか普通に暮らしていたらできませんやね。
非常に幸運が2~3回あって、本当に手堅く生きていったとしても、富裕層(1億円以上)はあっても、やっぱり超富裕層は無理だなぁ。そう、そういうことができるという道筋が全くと言っていいほど見えません。笑えるくらいに。


手堅く、そして1~2回の運に恵まれたのなら、2億円くらいはいけそう。かなり運があるなら3億円までは見えそうにも思います。
でも、やっぱり5億円は、逆立ちしても無理ですわい。

手堅く5億円貯めた人は、たぶん、慎ましい生活でもしていそうです。
私には、やっぱりどう考えても無理だなぁ~。しみじみと思うところですやね。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

多額の資金が普通預金や預り金としてあったら、金融機関から連絡くるもの?

これは素朴な疑問です。
個人情報に対する縛りが厳しい今、もし普通預金や預り金として数千万円や億単位の資金があって、それが長期にわたっているとき、、、

金融機関より電話やダイレクトメールの攻勢って本当にあるんでしょうか?
私が数千万円程度の資金の運用先に悩んでいた昔、とある証券会社の担当に美味しそうな金融商品があれば連絡をくださいと言ったとき、数か月に1度くらいの頻度で連絡がありましたが。でもね、たったの数千万円です。金融機関からすれば、営業成績に繋がるということがあろうと、ただの複数いるちょっと小金持ちの1人でしかありません。

まして、今、個人情報に関しては厳密に管理されています。
そして、最初こそ連絡やダイレクトメールがあろうと、そういうのは不要ですと言えば、すぐに止まる話です。


先日記事にしました「野村の応援プラン プレミアムコース 2017」ですが、本日平日だったこともあり近くの野村證券で話を聞きに行ってきました。
まぁ、お盆前に野村證券の方からダイレクトメール&電話をいただいていたので、行ってきたということでしかなかったという話。

ちょっと前に株主優待をばかばか購入してしまった自分の場合、現在キャッシュが2000数百万円しかなく、そしてこの応援プランんが3000~5000万円であることもあって対象外です。今売却中のマンションが売却できれば5000万円オーバーにはなりますが、いつ売れるやら(苦笑

5000万円を預けようが、この金利で1か月だと、税引き後に約6万円程度にしかなりえません。
今現在の市場の金利を考えるなら非常に大きいのは確かではありますが、所詮1か月だけですからね。
誰がこんなもの買うのだろう?という興味があって。
ですが、話を聞いていると既にそれなりに売れていて、10月の末日が期限ではあるけれども募集800億円に早々に達してしまうのではないか?と。へぇ、そんなに資金はだぶついているんだ!と。そんな感想しか持ちえませんでしたね。


資産が億を超えて思ったことがあるとするなら、1庶民としては1億円は非常に大きい、大きすぎる金額だと思っていました。
ですが、金融マン個人としての感想ならともかく、金融機関とすれば微々たるものなんだろうなと。
億どころか数千万円程度に夢見すぎてません?というのが、感想でしょうか。


資産が100億円とか1000億円とか、そういう世界なら違う風景でも広がっていそうです。
ですが、ちょっと都内の利便性がよいところに100坪くらいの土地があるなら、それだけで1億円なんて軽くオーバーします。

都内で新築マンション巡りをしていると、本当に数千万円は最低限のスタート地点にすら達しません。
5000万円から、いや70m^2以上の新築物件なら5000万円で買えるなんて思っていたら笑われるかもしれません。
上をみたらきりがないけれども、高いものが普通にある世の中もあるということが分かってきたような、いやいや全然わかっていないような気がしてきています。どっちや!(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング