「 「不当解雇」を金銭で解決する新制度」、もうそうなるしかないと思う

●産経ニュースより
「「不当解雇」を金銭で解決する新制度 厚労省、泣き寝入りする労働者の救済案 企業側からの申し立ても」

正社員だからと甘っちょろいこと言ったって仕方ない。何が泣き寝入りか!と思う。
会社に不要と思われているなら、たくさんお金をもらって次につなげたほうがいい。
年がいってるからとか、技術もコミュニケーションもないというのなら、本当に不要な屑のように会社に思われているのかも。

どうせ、定年まで働いて屑のように捨てられるのなら、交渉次第で多くの退職金をもらえる制度の上で、多くをもらい早く引退するなり、別の仕事に就いた方が幸せだろうに。合理的ですらあるかもやしれない。


利益を追求する会社において働いているのなら、利益を生み出す人間にならないとだめだ。
利益を食いつぶす、給与ほど働いていないと見限られているのなら、ひゃっほー!割り増し退職金をもらって悠々自適に!くらいに喜ぶべきなのかもしれない。相応以上に給与をもらっているとみなされないのなら、もう、どうしようもないだろうに。次、次いこう!


そもそも不当解雇なんてどうでもいい。
会社が相応の割増退職金を出して、止めてもらう仕組みを!
労使共々納得できる仕組みなら、、、


私には、「金銭さえ払えば解雇できるようになる」のどこに問題があるかがわからない。
早くそういう制度ができてくれないか心待ちにしているのだけれども。

※雇用の流動化が進まない限り、金属疲労した老人たち、無能な中堅などをクビにしないと、新しい社員の採用が難しいかも。今の給与制度の元では、仕事をする人に仕事が集まる。それじゃ、その人達が疲労で倒れるだろう。窓際なんて言葉はいらない。そんな無能で役立たない人は、クビにできる仕組みが切に。その無能が辞めることで新人が2~3人雇えると思えば、その効果はすごいことになりそうだ。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「「ずっと平社員がいい」という彼氏ってどう?」 どうって言われても(笑

●キャリコネニュースより
「「ずっと平社員がいい」という彼氏ってどう?―「冷める」「安定してればヒラでもいい」と意見分かれる」

いや、悪いのですが、、、
リンク記事のこれ、、、

「18時に家に帰るのが目標、と言われて向上心ねえなーと思った」

に、笑った^^

いや、面白いと思いましたね。
旦那にするにしても、彼氏にするにしても、、

「向上心ない男ヤダ」

というのにも笑いました^^

「ヘタに出世して鬱で潰れちゃうより、ヒラでも定年まで勤め上げて欲しい」

これは、大爆笑。
悪いけど、将来の日本、企業に余裕がなくなれば、サラリーマンに厳しい未来がありますって。
そうなると、ヒラで定年というのは、夢物語ということになることも想定しておきたい。
そう、リストラとかね。
鬱に関しては、わかりません。同じ仕事をしても、ストレスに思う人もいれば、やりがいに思う人もいます。
ただ、鬱になると、なかなか治らないとも。
病気になってまで頑張る必要もなければ、そんな会社にしがみ付くのもどうかと。


「嫌なやつの言いなりになりたくないという意味ではある程度出世したいが、出世目的で嫌なやつの言いなりになるのはイヤ」

これには、なるほど~っと。
私もそう思います^^


日本の企業の場合、下手に身分があがると管理面が強くなりますから。
現場にいたいと思う人にはちょっと厳しいものもあるのかもしれいない。


役職があがるという向上心なんていらないとは思いますが、何においても向上する意思が皆無は、さすがにどうかと。
ヒラでふらふらできるほど、今後の世の中甘くないと思うのですけどね。
正社員が優遇され、どんなに無能でもクビにならない仕組みは、さすがに金属疲労していると思うのですよ。


仕事に何を求めるかにもよるかと思います。
ただね、温くクビにならない程度に続けるつもりでヒラでもいいというのは、あまり良いとも言えず。
上でも書いた通り、少子高齢化による労働力の減少。
個々が生産性を求められる世界において、ヒラは逆に厳しい感じがします。

会社が求める人材にならないと、明日は暗そうに感じますが、どうでしょうか?


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「アメリカの雇用を生み出すため、巨額のインフラ投資」が少し羨ましい

●Livedoorニュースより
「トランプ大統領演説「アメリカ第一」鮮明に」

アメリカの大統領は、自分が思う政策をして、選挙時から言っていた公共投資をすることに。

以下、リンク記事からの引用

「トランプ大統領「国の再建のため、1兆ドルのインフラ投資を促進する法案を議会に求める。これにより、数百万の新たな雇用を作る」」

個人的には、過疎の人が殆どいないところで公共事業を多くしても費用対効果は少ないと思ってはいますが、雇用の観点から、また技術移転の観点からも、必要と思っています。地方では橋が危なく通行止めになっているようなところもあると聞きます。こういうところは、いざ火事や災害になったとき、その道路や橋が危ないから迂回して、そして間に合わなかったとかなったら、どれほど困るか、それを考えてほしいところ。

そういう問題ある日本においても予算の都合からできない状況になっている公共投資。
アメリカは、いいな~っとちょっと羨ましいと思う。

自国のため、自国民のため、いいじゃないですか。

デフレ日本において、それが解消するように見えないだけに、この手の大きい公共投資を考えてほしい。
特に、今自民党に対する支持率が高いこともあって、行動しやすいと思えるだけになおさら。


少し話は変わります。
マンションの情報を追っていると、やっぱり作業員が高齢化して必要数集まらないという問題がわかります。
公共投資、あまり圧縮することなく、必要分は行うべきと。
景気がよくなり、お金が回るように、どのようにするか考えてはいるんでしょうが、それが達成されずにもう20年以上。
上手くいかないのなら、もっと大がかりな何か景気対策を考えてほしいところですね。

それにしても、トランプ大統領のこのような政策をして、その実施。
すばらしいと思う。安倍首相、どうかな?^^


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

身勝手な借金をする人の言い分。返せない奨学金とは何か?

●JCASTトレンドより
「「返せない奨学金」が日本を滅ぼす 大学新卒で借金600万円も!」

高校生時代に、やりたいことがあるから進学したいと思うのは勝手でしょう。
まだまだ未成年、夢広がるそんな年齢ですから。
ですが、その実現したい未来について、可能かどうか、10代の後半たる高校生にもなれば考えたいところ。
大学なんて、そんなに安くもありません。国立私立、文系理系の別はあれど、超大雑把に年間100万円、4年間で400万円の学費がかかります。そして生活費です。月10万円ですべてを賄うなら年間120万円。4年で480万円、そう大体500万円かかります。
大雑把すぎると思いますが、900万円くらい(実際には国公立ならこれより100~200万円安そうですが)。

親御さんが子供のために資金を出すとしても、全額は厳しいという生活状況なら、その一部の負担となるだろう。
そして、このリンク記事の場合600万円ということを提示している。

別に奨学金の多寡がどれくらいあろうと関係がない。
4年間で100万円の人もいれば、医学部や歯学部などでも1000万円を超える人もいるだろう。
ただ、これは、入学する前から奨学金を借りると決めたときにわかっていたことである。

お金を借りるということは、別に恥でもなければ、ごくごく普通のことである。
日本の一般的家庭において、住宅購入のために住宅ローンを組む人なんて大勢いる。

重要なのは、借りたお金をどのように返却していくか計画を立て、そしてそれを実施すること。
それができない、途中で破たんすることこそ問題で、恥である。


貸与型奨学金から給付型奨学金に対する話題が賑やかであるが、まずいくつか考えなければいけないことがあると思う。
1)低レベル過ぎる大学の廃止。または、給付型奨学金の対象外
2)奨学金を延滞している卒業生が多くいる大学への、給付型奨学金の対象外。
3)最低限の学力確認のための学力大学入試センター試験の成績を条件に。

これくらいの前提は必要なのではないか?
別に低レベルの大学に行ったっていい。給付型ではなく貸与型の奨学金を借りて通えばいい。
また、学力に関しては、ある程度で縛らないと。底辺大学を生き残らせるための制度でないことは肝に銘じたい。
極端な話、分数もできない大学生に意味があるんですか?漢字もよめず、読解力がないような人に資金を提供するより、本当に学力はあるけれどもお金がない人を優先することに何が問題が?

悪いですが、お金が無尽蔵にあるのでないのなら、お金の使い方は、有効性が高いところに集中した方がいいと思いますが。
これは、別に奨学金の問題でもなく。


最後に。
何のために大学に行くのですか?
大学をして就職を有利に、また希望した職種に就きたいと望んでいるのなら、相応の大学および学部を選ぶべき。
よくわからない大学の、そして本当に意味も分からない学部に入って、就職が上手くいくと思うのなら、大学なんて行かずに高校生卒業時に就職したほうがいいのでは?そう、無駄だから。4年どう過ごす以前に、その大学入るまでの期間でどのような勉強や努力をしてきたのか、今一度親も本人も考えたほうがいい。
※推薦を希望する人は、ちゃんと計算していましたよ、成績を特に。

借金がきついって、借りる前からわかっているのに、そんなものに擁護する連中も本人も訳がわからない。
1年で100万円貯めれるような生活レベルを維持すれば、結婚前には殆ど返せています(2015年:男性31.1歳、女性29.4歳)。


そんなはずではなかった・・・
計画性がない人だからこそ破綻する。
それ以上もなく、それ以下もないのではなかろうか、、、
そんな感想だ。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

格差社会が無くなることを夢見るより、ある前提での対応が必要か

私はアメリカ型の考え方が好きではあります。
この格差問題を考えたときも同様。

全ての人がどんなことでも平等であるべきと考えるのは理想論としてあってもいいとは思うけれども、人ひとりひとり違うと思えば、同じになりえることはありえない。

格差が生じることは必然であるということを前提に、格差の果てに大金持ちになった人達が、その多くの資産を貧困層に寄付とか貧困から離脱できるようなサービスなどに資金を出すということこそ、現実的ではないかと思うところもある。

貧困には、絶対的貧困と相対的貧困がある。
絶対的貧困は、先進国で見れれなくなってきている現象で、かつ、もしそのような状況になるなら多くの先進国ではセーフティーネットより救えるような仕組みを設けている。それらセーフティーネットから漏れ、餓死してしまうというような悲惨な話がたまにニュースで出てくるが、これらは例外と思いたい。

相対的貧困は、以下のように定義されている。
●コトバンクより
「相対的貧困率」
その他大勢の中で貧乏な人達と解釈してもいいと思う。

相対的貧困なんてものは、言葉遊びでしかないと先日記事を書いた。
相対的貧困で四苦八苦している人が、どのような収入で、どのような支出をしているのかがわからない。
手取り20万円程度あって、独り身ならそれが相対的貧困だろうが、多くの貯金ができるはず。
それができないと言うのなら、家計簿でも提示してみるといい。いろんな人がいろんな切り口で節約方法を教えてくれるだろう。


家計をよい方向に、収入と支出のバランスをよくし、生活レベルを収入相応に。
そして、貯めれる家計を心掛けてるよう、アドバイスをする。
そんなことを支援できればいいと思う。

以前、NHKによるなんちゃって貧困高校生の話は多くの話題となった。
そこでは、あまり知られていなかった相対的貧困に対する問題提起が行われたのだろうと解釈している。

ただね、上記でもいうよう相対的貧困なんて言葉遊びでしかない。

格差はなくならない。
昔から、そしてこれからも。
だから、格差がある前提で、事は考えたいと思うところ。

格差が生じる社会がいいとは思えない。
だけれども、悪しき平等主義が蔓延し、何をやっても変わらない格差無き社会がよいのか?

格差が駄目というのなら、どのような対応がとれるのか、また底辺にいるのを良しとしないのならそこから脱却できるようなことを考えたいところ。

今は、ネットを通じて多くの情報発信ができる。
そこに自身の貧困たる状況にして、収入と支出を明確に提示した上で、世の人に問いかけてみるとよい。
幸いなことに、実名なんて不要だ。匿名のネット世界をして、いろんなアドバイスを受け、そして改善していくようなことができるといいなと思うところ。

※衣食住、すべてを含み、また都内に住もうが、10万円以内の生活ができると思っている自分からするなら、どこをどのような支出をすれば、貯蓄0にしかなり得ないと言い切れるかが不思議でたまらない。できないものはできないんだよ!と言うのなら、そこで終わりじゃないんですかね??


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング