含み益がねぇ・・・、その前に前提がありそう。まぁ駄文ですな

私の最後のグローバルリートは、約2倍、+100%を維持しています。
ピーク時、1.5億円ほど投資信託に投入していましたが、今は約2000万円ちょっと。上記リートしかありません。

いろいろと多くの投資信託を売却したときに敢えて1つ残したときに考えたのは、もし不景気に陥って、この最後のリートの資産価値が半減しても、元本と同じ程度。問題にもなんな、と。まして、毎月分配型の再投資をして、利益確定していますから、税を支払った後での+100%ですからね。下がれば、他の儲け分を売却したときに相殺できる!なんて考えもあったり。

とはいえ、含み益があるからといって、損失を望んでいる訳ではありません。当然、上がって欲しいし、でなければ残す意味もありませんし。

ですがねぇ、、、もし、私の資産がこのリートしかなかったら、こういう考えになったかと聞かれれば、さすがにそれは違うかな、と答えそうです。儲けは期待する。ただ、相場が下がっても、大丈夫な資産は別にある。こういう考え。
ここには、含み益の話ではなく、資産の絶対額の話となるのでは?と考えています。


私が、投資家として異端なのは、もう十分な額の資産まで達成できたのだから、効率を求めたり、面白味もない金融商品を買いたくないというのがあります。更に言うなら、少々投資効率が悪くたって、投資を継続することで、資産は増えていくでしょうとも。
100万円を効率を求めて、よりよい金融資産で120万円にする努力はもういらない。
1億円オーバーなら、ちょっと効率が悪く1%しか利益がでなくたって1.01億円。そう100万円の利益になるんだし、いいんじゃね?という考え。

異端と言いました。
でもね、額が大きくなり、最終的な目標額まで達して、さらに増えている場合、リスクを負う必要が薄いのですよ。
1億円オーバーを、リスクが低い投資信託に全額入れるより、1000万円程度をリスクが高くとも面白そうな投資信託に入れたほうがいいという考えです。


私より資産が多く、固定費が少なくなると、全額投入して半分どころか2~3割になっても大丈夫ということもありそうです。
自由億こと、10億円オーバーの資産があるのなら、10分の1でも大丈夫ですからね。リスクを負って勝てば20億。負ければ1億。でも、負けても一生困らない資産があるというのなら、ギャンブル的な投機だろうが、ちょっとリスクがありそうな金融商品だろうがなんでもOKでしょう。

ま、これも資産があっての話。
最低でも1億円程度ないと、リーマンショック級の大暴落にもしあった時、資産が6~7000万円程度になると思うと、ちょっと怖いかなと。いやいや、1億どころか、5000万円でもできるさ!とか、いや3000万円でも全く問題なし!という人もいるでしょう。資産の多寡は、その人の固定費との兼ね合いなので、何が正解ということもないでしょう。


含み益があるからこそ、いろんな考えは出てきます。
負けてもまだ、プラスということを考えると、いろんな選択肢も出てくるでしょう。

ですがそれも、絶対額がある程度あっての話だと思います。


ま、私と同じような条件をして、効率が悪い毎月分配どうですか?なんて言おうものなら、、、
一昨日きやがれ!で終わりそうです。
私も、それが正しいと思う故。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

iDecoを止めたいと泣く人は出てくると思う (戯言

いけいけどんどん!なんて死語でしょうけど、サブプライム問題が発生する前、まるでアベノミクスのように全ての金融資産が大きく上げました。私もそんな時期から始めています。

半年くらい運用しただけで、10%も20%も上がるような投資信託すらありました。
世の中、投資信託に資金を投入しない人は、なんてもったいないんだ!と思ったものです。
ただ、それは長く続かず・・・
サブプライム問題により、市場が低迷すること約1年。そしてリーマンショックで大暴落に。
株券が紙切れといったことは、今はないですが、まさに気持ちは、そんな感じ(笑

まぁ、上記の私の笑える話は、おいておくとして。

どんな金融商品だって、常に右肩上がりということはありません。
上がったり下がったり。
微妙~な感じに市場が動いて、楽しくもなく、ただただ惰性でやっている。
iDecoには、そのようになる側面があると考えています。


さて、最初のリーマンショックの場合、私の学生時代の友人の1人は、これ以上の暴落は無理、家族にも説明できないので、撤退すると止めていった人もいます。独り身のちゃらんぽらんな奴と違って、家族がありますから。そこは個々人のリスク許容度との兼ね合いでしょうね。それを超えてしまったのなら、残念ながら、撤退するも止む無しかと。

ただね。
含み損になろうが、止めれないのが、iDeco。止めれないという制限はあるも、税制上のメリットは大きく。それを見越してやっている人も多いかと思います。ただ、税制面のメリットも享受し、そして投入した資金自体も値上がりを期待していたのに・・・。下がった!止めたくなった!でも、止めれない!!
※ここで言う止めるは、iDecoに投入しているお金を引き揚げるという意味で使っています。

そういう人が出てくる可能性は高いのではないかと思っています。
上がるときも下がるときも、その命があるかぎり・・・
結婚式の誓いの言葉じゃあるまいし(笑

これまで投資を行ってこなかった人達。
若い頃からやったほうがいい!と勧められて始めた人達。
儲かる場合のシミュレーションしか提示されなかった人達。

こ、こんなはずじゃなかった!
と思っても遅いということです。
資金の投入を止めることはできます。でも、おろせません。微々たる金額ですが運用していなくても費用はかかります。

どこまで覚悟をもってiDecoをしているのか、iDecoをして投資を初めてやっている人に聞いてみたいものである。

なお、私は、止めとけばよかったなぁ~っと。
控除目的のため、全額定期預金に入れて、iDecoで資産を減らしています。おまぬけ!(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

最終的に言えるのは、投資で儲けの多寡は運だと思うこと

世界に分散して行う投資だろうが、それを始める時期によって、大きく資産の増減が変わります。
リーマンショック以前より積立している人と、リーマンショックがはじけた後に積立している人と、、、

開始条件が違えば、大きく増えた人もいれば、微々たる増え方の人もいる。
そこに、あるのは、たまたまその時期から始めたという状況しかなく。

同じような投資手法に気が付き、同じような余剰資金を用意し、同じ金融機関で、同じ金融商品を同じ額で始めた。
でもね、結果はちがうんです。
当たり前ですよね、条件が違うのですから。


先日、銀行マンといろんな話をしたときに1つ出た話。
最後は運でしょうね!
と。


今、多くの資産ができている人は、多くの資金を金融商品に投資したという決断はあったにせよ、たまたま運がよかったという側面があったことも同時に考えたいところ。
私自身、リーマンショックに合うもそこそこの運があったと思っています。強運があったのなら、リーマンショックをすり抜け、今ごろ2~3億円あったでしょうけどね。そこそこの運だと1.5倍程度が限度。でも、十分に運があったと思っています。


資金を確保する努力は称えるべきことも多いかもしれません。
そのあとは、人事を尽くして天命を待つ、そんな感じかと。上がるも上がらぬも、自分で制御できることではないため。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし」を読んで、そうだよなと思う

●NIKKEI STYLE より
「積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし」

久しぶりの飲み会で飲みすぎました。
ちょっと眠い。二日酔いになっていないだけいいのかも^^

さて、この記事です。
まぁ、そうですよね。

以下、記事からの引用です。
「株価をはじめ投信の基準価格など金融商品の価格は通常、過去の動きに関係なくランダムに変動する。」

まぁ、そうですよね。
そもそも常に右肩上がりなら、最初に全額投入する方がお得ですし。
その逆に常に右肩下がりなら、最後に全額投入する方がお得です(いや、投資しないのが一番か^^)。





こんな記事が書けるよう、結論ありきで、シミュレーションを作る!そう考えてずいぶん経ちました。もう、さぼりまくって、Excelシート作成にまったく着手していません。困ったものだ(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

美味しくなかった店にはいかない。使えない制度は使わない。態態忖度して食べにいったり使うべき?

たまにラーメン屋とか開拓したりします。
ん~?ちょっと美味しそう?、う、おいしいのかもしれないけど、私の舌には合わなかった!とか。
人様が勧めて居ようが自分に合わなければ、二度と行くこともないでしょう。
そこに、どんなにラーメンを苦労して努力して作っている店員がいようが関係ありません。

さて、NISAも同様。
現状の120万円NISAは、使えないながらも投機目的で利用しています。
原油ETFは、少額ならではの楽しさがあります。
いきなり30%や50UPといった急騰もあれば、その逆も。

一昨年になるのかな?5000万円近く原油ETFに預け、500万円程度の利益を上げたのはいいのですが、本当に乱高下が激しく、一時は1000万円程度の含み損すらありました。ですが、現状NISA120万円程度なら、最悪半分や3分の1程度のなろうが、落ち着ていて見ることができます。1.5倍になれば180万円。利益60万円の約20%たる12万円がNISA口座なら特定口座よりおいしい。

ですが、積立NISA.。あれは、使い道がない。
上限40万円が1.5倍で60万円になっても、その利益20万円の20%たる、約4万円じゃ規模が小さすぎて。
まして、購入可能な金融商品を大きく限定することになりそうだから、いただけません。
購入したい金融商品が皆無じゃないか!となりそうだから、資金を投入することは皆無でよう。


積立NISAこれまで投資をしてこなかった層向けだろうが、そうじゃなかろうが、正直いって使い物にならない制度を無理して使う必要がありません。使い道がなく、こんなんじゃやってられない!と言って改善することもなかろうと思っていますが、そういうことを発信して、文句を言っても、まぁ、ガス抜き程度にしかならないかも。

どちらにしても、使わなければいけない制度じゃありませんからね、積立NISA。
金融庁が国民の為の制度を考えたとか、そんなことは知りません。どのような議論をしたところで、結果として使えない仕組みならどうしようもなく。それを国民側が忖度して、そこまで考えられたものだから購入しないとなぁ、、、なんて思う必要なんてこれぽっちもありません。やりたくなければやらない。やらない自由があるということです。


過程を蔑ろする訳じゃありませんが、結果を伴わない制度を作っている金融庁に擁護なんてできません。
まして、上で書いたような忖度して買ってあげようか、、なんて限りなくありえません。

過程を重要視しすぎて結果を蔑ろにするほど愚かなこともなかろうと思ってもいます。
いっそ、金融政策なんて止めてしまって、金融庁解体したほうがいいような気にすらなってきます。


国民に富を!それが目的なら、使い勝手がよく、そして儲けを期待できる仕組みじゃないと。
積立NISAみたいな使えない制度より、軽減税率10%に戻した方が、多くの方々に利益をもたらしそうです。

NISAに預けたからといって、プラスが確保されたわけじゃないことを、本当に理解しているんだろうか?

微妙な感じがする、と、そんな感想をば。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング