資産形成は積極的に、住宅は消極的に、そう思うこの頃

単純に、これから住宅自体が資産として有用と思えないから、ということと、若年をして20代や30代で資産をそれなりに形成できたのなら、信じていませんが、複利を有意義に利用できると思うから。

投資なんて、上がるとも上がらないともわからないものに、狂乱するより、収入と支出のバランスをして、資産を多く作る事こそ、資産形成の近道と思うため。


大した額でもないものが何年かで2倍になるより、節約をして預貯金でも投資でもいいので、投入する額を2倍にする方が、より確実であると考えているためでもあります。


ちょっと話はずれますが、、
住宅をもし購入したいなと思ったとき、何も最終的な終の棲家を購入する必要もないのではないかと。
子供がいる時期だけそれなりに部屋数は必要でしょう。
老後に夫婦2名になるなら、そこまで大きな家も必要ありません。
また、いきなり最終形である必要もないと思います。
最初は、築何十年も経っている古い戸建てで始まり、徐々にグレードを上げていくのもいい。
地方のちょっと利便性が悪い物件なら1000万円程度で購入できたりします。もう土地の値段だけ。古いけれども、それなりの大きさの古い戸建て。子供が巣立ったのなら、建てかえもよし、売却して利便性のよいところに引っ越してもよし。
無理ない程度の予算をして、必要に応じてグレードアップするのもよさそうに思います。


さて、資産形成は、早くやっておくにこしたことはありません。
20代で数千万円、30代で数千万円、40代で数千万円。同じ数千万円だとしても、若い時分にできた資産の方がいろいろと融通もききますし、必要に応じて勝負に至るような資金投入もできるでしょう。


仕事が大好きで致し方ない!という人ならともかく、40代や50代になって、お金の面で問題がなくなったとき、早期リタイアなどを考え、あとは自分が好きなことをするという選択肢は、それはそれで面白いと。
だからこそ、若い時分で40代や50代を予想し、十分になるべく、行動を起こす。

積極的に行きたいですね。
失敗してもいいんです。
それをリカバリーすることができる若い年齢は、何にも勝る!
40代や50代で、あまり強烈なことはできません。失敗し、その年代で資産0円になったなら、怖くて眠れなくなる人もいるかもしれません。


もし、仕事したくないな~とか、早期リタイアをしたいとか、やりたいことをやりたいと思っている若手や新人がいるのなら、20代が勝負と思ってもいいくらい。20代が終わり、30歳になった時点で、1000万円も預貯金や金融資産があるのなら、あなたは将来勝ち組になり、そして老年となるまえに金融的な問題点から完全に開放されている可能性は高そうにも。

が、がんばれ!
※だんだん話の内容がよくわからなくなってきましたが、、、ま、いいか。たまによくある(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

投資は自己責任で行うもの?

私は自己責任だと思っています。
人のせいにしないと済まない人は少なくないようですが、何を考えているのやら。

好きじゃない言葉の1つに金融リテラシーがありますが、、、
そういう人は金融リテラシーがないのではないかと思ってしまいます。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

投資のすそ野を広げるとは言うけれども、それには何が必要なんですかね?

投資を始めたのは、20数年前。
昔は、ネット証券なんてなく、あるのは対面の証券会社のみ。いやぁ、手数料が高かった。
野村証券の取引手数料を見ると、その名残を感じる事ができますね^^

●野村證券
「取引手数料」

今、SBI証券や楽天証券等、本当に売買手数料が安くなっています。
数百円とか、もうそこまで安いのか!とびっくり。

●SBI証券
「手数料」
●楽天証券
「手数料」

もし、あなたが株の売買をして投資をしようとしたら、すごく環境は整っていると言えるでしょう。
では、このような環境をして、投資をしますか?しませんか?


投資信託もです。
インデックス投資ですら、売買手数料もあり、また信託報酬が安くもなく。それが今となってはノーロードが主流となり信託報酬も0.2%台だったり、本当に安価なものがでてきています。
では、このような環境をして、投資をしますか?しませんか?


たったの10年前です。その10年前に比べて、選択肢が非常に多く、また全体的に特にネット証券では手数料が非常に安価になってきています。本当に、びっくりするくらい。


税率で考えてみたいと思います。
NISAが始まる前までは、軽減税率で税率が10%でした。
民主党政権で、経済は低空飛行、そしてアベノミクス前。円は80円程度、日経平均だって10000円に満たない。
税率がよかろうが、大きく投資が伸びたなんて話は当時聞いたことがありません。


投資の裾野が広がる現象がどのような時におきるのか?
私は経済が伸び、市場が活性化している場合でないと、なかなか難しいのではないかと思っています。
誰もあまり儲からないどころか損失を出すような市場にて、投資なんて積極的にやらないだろうと考えているからでもあります。


さて、話は変わりますが、もし、NISAが恒久化したらどうなるでしょうか?
さすがに上限が40万円と120万円と、それが違うといろいろ異なってくるとは思いますが、結局上で書いたとおり市場が活性化して、伸びないことには話にならないだろうと。恒久化で喜ぶは、既に投資をしており、またそのメリットを肌で感じる事ができる方々だけなのではと思う次第。


日本人、あまり投資に興味がないというか、投資をして損失を出すことを極力回避したいと考えているというか、どちらにしてもデメリットと感じていることを払しょくするような、メリットが謳えない限り、なかなか裾野が広がること自体ないのではないかなと。
そもそも、お金を持っているのは老年の方々です。
その方々がリスクを負ってまで投資をするべきと言えるのかどうか?

まぁ、ないと思います。
老年の方々をして、すでに投資をしているなら関係ありませんし。
していない方々なら、リスクを負ってまで行う必要は?と返されれば、言葉に詰まってしまいそうだから。


議論の方向性が間違っているような気がするのは、私だけなのか。
もっと根本的な日本人としての資産形成をどうするか、老年に至った時どのような生活をするべきか、そういうところからの議論が必要なんじゃなかろうか。

そんな漠然とした感想をば。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

戯言)投資の初心者って何だろう?

サッカーの初心者とか、釣りの初心者、登山の初心者など、初心者こと習い始めた未熟な者は分かるつもりです。

なので、投資の初心者という言葉をして、投資を始めたばかりの未熟な者というのもわかるつもりではあるのですが、、、。

使い方によっては、すっごく違和感があります。
始めたばかりの方々に対して諭す意味を兼ねての投資の初心者へのアドバイスといったような話は特に問題ないのですが、、、

投資の初心者だから教えてとか、初心者だから分からなくても仕方ないでしょうとか、初心者だから間違ってもいいとか、、、
まぁ、これは投資に限定した話ではなく、よく調べたり勉強せずに教えて教えて言う人は、ネットで特に嫌われますから。
最低でも基礎的な知識は理解あるべきところは、投資だけでなく全部に言えそう。


最初に書いたサッカーや釣り、登山などなど、別にこれらの初心者がプロや玄人に教わってもいいと思っていますし、何か言うつもりもありません。それらは趣味だったり、ちょっとやってみたかっただけだったりと、プロや玄人と同じ土俵で行うものでもないから。

ただ、投資に関して考えるなら、初心者だろうが、プロだろうが、そして玄人(?)だろうが、全部同じ土俵で戦うというか投資を行うことになります。そこに初心者だから手を抜いてもらいたいとか、また、儲けさせてよ!とかありえませんから。


私としては、投資の初心者であっても問題はないと思います。
それは、自分で投資を続けることで、徐々にでも投資を理解し、そのメリットデメリット、またリスクを学習していけばいい。
その過程で失敗もあれば、こうしておけばよかったなど、いろんなことを体験し、徐々に初心者を卒業していけばいいと。

問題がありそうだと思っているのは、初心者には優しくしてという明け透けた考えの元、そういう行動をする人。
本気じゃないんだろうな、どうでもいいのだろうな、そして、少額をしてやる気もないのだろうな、、、と。

直接お金に関わる話です。
昨日まで投資を全くやってこなかった人でも、今日からデイトレーダーや長期投資のプロになれるという。
投資をして、生計を立て、そして稼いでいるなら、もうプロと言うしかないのかなとも。
※投資と本業、どっちに比重があるか次第なのかもしれませんが。


投資初心者なんて謳わずに、少しでもいいのでやり始めて、メリットデメリットを感じて、利益を追求していってもらいたいもの。
ビギナーズラック、投資でもありますからね。
※リーマンショック後やアベノミクス直前から投資を始めた人は、幸運の持ち主。そんなビギナーズラックは、私は持ち合わせていませんでしが、リーマンショック少し前から始めたのは、少しだけ運があったのかも。ま、リーマンショックでは、、、いや、ここでは言うまい(苦笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

円高になった!やっぱり為替ヘッジありの投資信託だと思った!

変動を嫌い、なるべく平均を求めるにも関わらず、投資信託で為替ヘッジを無しにしているのは、そのヘッジにおけるコスト高を嫌うためなのか?

知らんがな!

さて、掲題の話。
市場が概ね長期で右肩上がりは、過去の実績からその傾向を読むとして。
為替が常に自分の意図した通りに動くことを思うは、どこの情報を考慮しているのだろうか?

どうせ、為替なんてゼロサムゲームと一緒と、読めないことを前提として行っているのはそれを理解しているのならわかる気がする。
だが、変動を嫌い、極力平均を求めるにも関わらず、為替を考えないのは、どういう理論に基づくものとなのか?

まったくわからない。
ま、人には分からないトンデモ理論があるのかもしれない。

好きにするがいいさといったところか。

※私の保有しているリートは、そもそも為替ヘッジ有がなかったからなぁ、、、今じゃいろいろといろんな銘柄があるから、リートといっても為替ヘッジ有はありそうだけれども。円安とリートの利益による相乗効果による大儲け!、これに期待しているからさ!と、思っていないことを言って見る。ま、今のように非常に多くの選択肢があれば、悩みに悩んで、どうしただろうか?当時の自分に聞いてみたいところではある。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング