つみたてNISAに見るお上の意見が大事で規制が大好きな人たち

自分の勉強不足を棚に上げて、非常にたくさんある金融商品から選べないと言う人。
お上が言うことは全て正しいと盲目的に信じる人。
権威あるものに弱く、強気になびく人。

頭が悪いというより、頭を使わないのかな?と思う。

法的に問題ない金融商品が選ぶことを規制することは、個人投資家の選ぶ権利を蔑ろにしていると言い切れるのでは?
ことがiDeCoなら、年金の一助問う観点からわかるのですが、NISAですよ?
国の税の都合から、未だ多くの人から熱望されている恒久化を一言も提示できずにいる金融庁。

頭悪い人は、そのうちなるし、本場英国でも最初からじゃなかったとか、考えない頭はボケるよ?

そもそも、金融庁は何をしたいか全然わからない。
貯蓄から投資へというのなら、以前の軽減税率の10%を更に発展させ、5%とか0%にしてみればいい。
それだって、元本を既存する可能性がある金融商品が嫌いな人は多く。
なら、金融商品は限定するも、20年とか30年以上の保持なら、元本保証くらいしてみやがれ。

頭悪すぎ。


住宅ローン目当てで住宅を買わないのと一緒で、税率が0%だって買わない人は買いません。
かといって、個人資産において元本保証ができないのは分かっているつもりです。

で、つみたてNISAです。
何をしたいの?年間40万円ぽっちで?


メリットを感じなければ、それも相応の。
普通のサラリーマンたちに、年間何百万円とか1000万円以上の余剰金を作る能力なんてありません。
そう考えるのなら、小さい額でも、それなりに資産形成ができる方法を提示できないと。
一番は、景気よくなり、インフレが進むがそれ以上に資産ができるような、そんな環境をば。
次に考えるとするなら、投資環境が整い、軽減税率等でメリットを多く感じる方法かなと。

つみたてNISAのような投資家側の自由が狭まられ、また金額が小さい制度をして、短期で大きい利益を求められないような、そんあ仕組みに誰が率先的にやろうと思うものか。

例としてどかと思いますが、パチンコギャンブルは、大きく勝てる可能性があればこそ。規制の話も先日ニュースになっていましたが、利益がたいしてあがらず、また上限がきまっているような仕組みで面白いとか、だれが思うものか。投入資金が何倍になる射幸心を煽ってこそ成立する話にもかかわらず。


手堅く記入帳が認めるような金融商品をして、そのメリットを享受できると考えている人は、つみたてNISAを言う前に投資をしています。初心者、今まで投資をしてこなかった層、そういう方々に金融庁が勧める金融商品をして、食指が動くと本気で思っているのなら、その方々の脳みそは豆腐かもしれませんね。

何をしたいのですか?
各自の老後の資金を貯めさせるためにですか?
貯蓄から投資へですか?
長期保有させ各種金融機関への利益供与のためですか?

ずぶずぶですからね。
結構、最後が正解なのかもしれませんね。

※本来、資産形成によい仕組みは何か?また、多くの人に興味もたせ、資産形成をさせる!。これを目標としなければいけない金融庁が馬鹿すぎて、話にならない。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

これ、私も結構同じことを思ってます。とくに商品が絞り込まれすぎる点については…

個人投資家の選ぶ権利についてももちろんそうですが、お上に任せれば安心と思う人が増えてしまうのが怖いですね・・・

No title

> nantes さん

法的に問題ない金融商品を縛る理由が、わかりません。
投資って、自己責任じゃないんですかね?
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング