敢えて早く資産を作っていかない理由は何か?

温い方が楽だから!。以上

それだけじゃあれなんで、少し言葉を続けようと思います。

家族持ちや、家族の介護が必要とか、そういうケースにおいてお金が必要なら致し方ありません。
本当に必要なお金を削ってまでお金を貯めるのは、タダの守銭奴か、お金のあるべき使い方を知らないだけで論外だから。

では、独り身で背負うものが少ない場合はどうか?
また、DINCsで子供がいない世帯、また子供がいてもまだ教育費等多くの資金が必要としない世帯は?


毎週何回も外食する。
年数回は、国の内外で旅行にいく。海外旅行ともなれば多くの費用を費やす。
大きなお金のかかる趣味だったり、皆が持っているとブランド品を非計画的に購入していないか。

もう、お金を浪費する手段なんて枚挙に暇がない。逆に言うなら何らかの縛りをいれずに適当にやっていれば、みなそうなってしまうかと。


長期投資は大切じゃありません。長期が目的ではないからです。
投資によって資産形成する。これが大事。その資産形成に長期ならできるということでしかなく。目的と手段を勘違いしてはいけない。

では、資産形成できるのなら、それを短期で行うことが問題か?という質問をすれば。
当然問題ない。資産形成という目的の前に、その長短は関係がないから。

毎月決まった固定費を除き、自由にできるお金があった時、その大半を預貯金や投資に回すのがいけないのか?
全く持って問題になり得ない。やれることに問題ないのならやってみるがいい。
その結果、アラサーを前後に数千万円あるならお金という制限や問題から将来悩まされることがなくなるかもやしれず。


なぜ、長期を勧め、そして謳うのか?
売る側から見れば簡単だ。投資信託なんてものは保有しているだけで信託表集というコストがかかり、その費用は売る側で折半される。売る側からすれば、多くの額を長期で保有してもらいたい。それが利益につながるから。簡単な話である。
では、買う側から見れば、これも簡単だ。長期でぬるぬる温くやった方が楽だから。毎月50万円の余剰金を作れと言われれば至難ではあるが、毎年50万円ならちょっと頑張ればなんとでもなる。毎月50万円、年間600万。5年で3000万円。さすがにこのペースは無理だろうと思うが、目標とする3000万円があったとして、それを10年で達成するのか?30年で達成するのか?その難易度は全然違う。

だから、温い投資方法をして、ゆっくりやることが勧められ、そして一部の投資手法の場合、それを採用することが多い。
ま、気長なこった。


最初に書きましたが、本当に必要な資金は除く話です。
余剰金を遊んで使ってしまうか、それとも預貯金や投資に回すかという比較の話です。
余剰金となるお金をぎりぎりまで貯めて、遊びに使うは低目に抑える(0円にしろという訳じゃない)。
それをして、早い段階で資産ができたとき、私はまったく信じていませんが、投資における複利効果の利を得ることもできよう。

こつこつとか、長期とか、どうでもいい。なぜ早い段階で短期に資産形成を勧めないのか。
できないというのは簡単。
ただね、ぬるく長期で遊んでいても、かならずどんなときでも多くの資産形成に繋がるなんて思わない方がいい。
たまたま、タイミングが悪い時期から投資を始めると、ほとんど資産が増えない場合もあることを考えたほうがいい。

投資を始めようとしているあなたは、運がありますか?
たまたま始めた時期が運良かったと言い切れるほど、運がよかったのですか?
あなたの運は、もう残っていないかもしれない。まだまだ大丈夫だと言える自信がありますか?


はは、戯言でした。
お金をこつこつ、長期に貯めていくのは重要です。
ですが、投資の場合、元本保証でないことを考えなければいけません。
投資なんて、先が読めるものではありません。
最後は、運不運の問題になりかねませんよ?


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング