「あえて「二流社員」を選んだ人たちの賢明なる生き方」、日本らしいと思ったこと

●DAIMOND ONLINEより
「あえて「二流社員」を選んだ人たちの賢明なる生き方」

日本の給与制度はおかしいと思っています。
重い責任を持ち、経営に関わるような立場なら、もっと給与が高くてもいい。

総理大臣なんて、国のTOPですが、高々数千万円の給与です。
日本のTOPがです。

企業のTOPで何億円もらっている人より、責任軽くまた決断をしていないことを意味するのではありません。

極端な話を言うなら、お金の面だけだと、1000万円プレーヤのサラリーマン数人分の責任や仕事をということにも繋がりません。


責任があり、重要な立場にある人はもっと給与は高くてもいいし、そして責任を伴って欲しいと。

逆に言うなら、立場が上がっても給与はそれほど上がる物でもなく、そして責任だけが重くのしかかってくる。

そうなると、リンク記事のような話に。
もし、平社員の2倍、係長や主任の給与が多く、
課長は、係長や主任の更に2倍。
部長になれば、更に2倍。そして。。。そして。。。

上場会社の社長ともなれば、業績連動して、10億円以上だっていいと思います。
議員も同様。

ただ、逆に言うなら何もしてこない無能者や何もやっていない議員なんて、給与なんて限りなく低くてもいい。
寧ろクビでいいのでは?。


それが進んだ社会は住みずらいかもしれません。
ですが、責任に対して給与が上がらない仕組みでは、誰もが責任は不要と現状維持を考える。
そこに会社としての発展もなかろうと。


浜ちゃんのような人生もいいと思います。
でも、それは、平社員でも年功序列で給与が上がるような職場ならではかと。
40歳を超えたのに、手取りが15万円!。だって平社員だから仕方ない。

そういう社会がいいのか悪いのか微妙なところではあります。
ですが、リンク記事のような判断をするということが、記事になるくらい当たり前になっている社会が健全とも思えないところ。

ま、急には変わる話じゃないですし、そもそもそれを変えたいと思っているのかどうかも分かりません。
ですが、徐々にでしょうけれども、責任ない気軽な立場と、責任ある重い立場には、給与という小さくない差が出てくる時代がくるのではなかろうかと思うところ。

ま、それが社会として、住みやすいかどうかはしりませんが、そうなっていくことは止められないような気がします。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング