Youtube時代の知的財産権

●えらいてんちょうの雑記 様より
「Youtube時代の知的財産権―将棋Youtuber 対 新聞社抗争の経済学的分析」

私も同意見です。
今、藤井四段の連勝記録をして、将棋に興味もなかった人も興味深く見ていたりします。
将棋ファンくらいしか興味がなかったところに、この報道です。将棋に興味がない層にも将棋が面白いことが伝われば、裾野は広がっていくでしょう。


で、このリンク記事の話です。
朝日新聞は、正しいことを言われているにしても、悪手指したな!って感じです。
リンク記事でも書かれているよう、ただ乗りは許さない!ってことは、私もそうは思いますが、、、
最後にまとめられている「新聞社はYoutuberとライセンス契約を結ぶべし」が本当にそうですよね!と思う次第。


私は、将棋を見て、その解説を聞くのが好きです。
というのも、プロの指し手がわからないことが多いレベルの将棋好きだから。
どうして、そこに???。それをプロや将棋に詳しい人からの解説があれば、なるほど~!そういう意図があったんだ!と初めてわかる程度なため。


この顛末を見て思ったのは、お相撲でしょうか。
大昔、TVでお相撲をやろうとしたとき、相撲協会は反対したと聞いたことがあります。TVでやったら、見に来る人が減るじゃないか!と。結果的には、TVでやったことによって、人気が高まったということがあったとのこと。

知られなければ、面白味がつたわなければ、裾野は広がりません。

法的には新聞社が正しく、その通りではありますが、新しいメディアをして面白さを知らしめてみようという考えがないことが頭堅そうだと思うところ。


問題のYoutuberは知らなかったのですが、abemaTVやニコニコ動画などの公式番組で棋戦を見るのは結構面白く、よく見ていたため。特に、今も再放送したりありますが、abmaTVの藤井4段のトッププロたちを含む7試合は、面白かった。そういう楽しい棋戦がたくさん見れることになれば、いいと思うところ。

最後に。
新聞社の言うことは、正しい。
ただ、将棋をどうしたいのかという考えまで至っていないのは、残念な限り!って感じでしょうか。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング