「1万円の松阪牛より現金3000円」!、経験不足、体験不足に思う

●キャリコネニュース より
「「1万円の松阪牛より現金3000円」 現代の若者は幸福なのか不幸なのか?」

この記事は、複数のことを示唆しているので面白い。

1)人は、それを体験や経験しないと想像すらできない
 少し記事の話とはズレるのですが、それが何かよくわからないという状況では、それと違うものを選べと言われれば、違うものの価値が高かろうが低かろうが、よくわからない物は選ばないということが普通にあり得るということ。そして、それを体験や経験して良いと思ったとき、そう、よくわからない物からよくわかる物に変わってしまったとき、選択肢は1つしか残らない。
 生活レベルを一度上げてしまって、それを下げれないのは、当たり前のこと。そこにコストがよりかかる事になろうが、一度上げてしまった生活レベルを下げれない。
 森林の中で下界との接触がなければ、どんな生活をしていようが関係がない。それがデフォルトであり、そして普通のこと。もっと良い生活なんて思うことすらなかろう。

2)食にl興味を持てない、不幸という考えと、無気力さ
 個人的には、食べ物おいしさを理解できず、ただの栄養の確保だけを目的とした食事をして、不幸と言い切ることは、わかる気がします。特に何を食べてもおいしく感じない。栄養剤とか、最低限のものを食すだけなら、それは栄養を取ると言う義務感だけなんだろう。そんな人とは、一緒に食事できない人は多そうだ。おいしいものを食べに行きたくとも、何食べてもおいしさを感じないから、一人で行けば?と言われれば、そんな奴知らん!ってことになるかと。
 上は、食について書いたが、全てに言えるかと。熱くなれよ!と修造氏は言うかもしれない。
 ただ、記事にもあるけれども、こういうことは珍しくないのかもしれない。ただね、いちろう氏が言われるような日本が豊かになった証拠とは違うのでは?。知らないことで選ばないことをして、豊かとは違う。知ってなお豪華な食事を選択しない、そういうことでないことは、「鉄板の上でジュウジュウと音を立てる松阪牛に学生は興奮。そこで改めて学生に聞いたところ、10人中9人が松阪牛のステーキをチョイス。」で示されているかと。不幸なことに、おいしいものを知ってしまった!

3)経験や体験が少なく小さくまとまるのは致し方ないとしても、なぜそうなるか
 単純にいろいろと余裕がない。それはお金だったり、時間だったり、そして周りも同じだからか。
 こんなこと学校教育なんかでできるものでもなく。家に余裕なく育って、経験も体験も乏しい大人になったら、別に経験も体験もしたくない、そういう考えとなってもおかしいとも思えず。小さくまとまっている状況で何が悪い?。お金を使って豪華に過ごすことがそんなにも偉いのか!と、そんな声が聞こえてきそう。まったく悪くないし、小さくまとまっていようがどうでもいい。そして、そういう人達が集まれば、そういうコミュニティーができるだろう。豪華にお金を使うことが正義だ!というコミュニティーの人達とは、接点がありませぬ故。放っておいてくれ!といった感じになるんだろうか。


最後に。
お金や時間に余裕ができ、そしてやりたいことはやろうと思えば、殆ど何でもできる!
そんな状況になったら、年がいくつになってでも、やっておいたほうがいいと思うくらいか。

松坂牛より3000円だ!と声高にいいつつ、松坂牛を食べたことないような人にはなって欲しくないが。
食べても、3000円だ!。これはその人の生き方であり、考え方だから、それは良しということでしょう。


~~ おまけ ~~
叙々苑を知ったのは、とんねるずの番組でノリタケが言っていたから。
たしか上野店だったと思うが、ランチで1000円くらいで食べれたことがあって行ったことがあるんですが、、、
叙々苑、恐ろしい子!。こんなにもおいしいお肉があるんだ!と。
※夜、気の赴くまま食べて飲んだら、、、残りの日はモヤシか食パンになっちゃうかも!おいしいんだけど、お値段が^^;;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

知るか知らないか

体験や経験しないと想像すらできない

そのとおりですね

元記事は随分前に読んだ記憶があると思ったら
2014年でしたか
思うところがあるので、私もブログに書いてみます

No title

知らないから現金と言う価値を選択したという感じですね。
1回3000円で外食して食べられるモノの想定が出来上がっていないと言うことだから、そういう層により高いモノをどう売り込むのかマーケティング的なブレイクスルーの手法論とかがあると面白そう。ドラマや映画やCMからインスタやブログ?などに媒体ご変わってきてるとか…

妄想ですw

No title

> 消費しないピノキオ さん

どこかで読んだ記憶があったのですが、どこ?えっと?と。
それがキャリコネだったっけ?と見つけたので、古い記事だけれども、ちょっと感想を書いてみました。

想像だけで、物事を言うない!って感じは、この頃よく思いますね。そういう人は、結構いますから。

No title

> Colorless Freedom さん

まぁ、スーパーの試食みたいな?(笑
おいしいお肉ですよ!、はいどうぞ。あら、おいしい。1つくださいな。
ん?ちょっと違うか(笑

いろんなメディアを通して、今まで知らないことを知らしめる。
旅行なんかもそうなのかもしれませんね。南米はアマゾンの秘境をして、探検隊が行く!。それを見て、私も行ってみたいとなれば勝ち。スポンサーが旅行代理店だったりして。

高いもの。まぁ、予算をして、ちょっと大丈夫かも、それくらい支払ってもとなれば売り手の勝ちでしょうか。
買い手側が、どこまでそれを見たり知ったりして、やりたいと思えるか、、、
ジャパネットたかたの元社長の高田氏なんて、それが凄かったんでしょうね。方言丸出しの田舎のおじさんって感じですが、あ、これ面白いかもって思った人は多そうです。
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング