含み益がねぇ・・・、その前に前提がありそう。まぁ駄文ですな

私の最後のグローバルリートは、約2倍、+100%を維持しています。
ピーク時、1.5億円ほど投資信託に投入していましたが、今は約2000万円ちょっと。上記リートしかありません。

いろいろと多くの投資信託を売却したときに敢えて1つ残したときに考えたのは、もし不景気に陥って、この最後のリートの資産価値が半減しても、元本と同じ程度。問題にもなんな、と。まして、毎月分配型の再投資をして、利益確定していますから、税を支払った後での+100%ですからね。下がれば、他の儲け分を売却したときに相殺できる!なんて考えもあったり。

とはいえ、含み益があるからといって、損失を望んでいる訳ではありません。当然、上がって欲しいし、でなければ残す意味もありませんし。

ですがねぇ、、、もし、私の資産がこのリートしかなかったら、こういう考えになったかと聞かれれば、さすがにそれは違うかな、と答えそうです。儲けは期待する。ただ、相場が下がっても、大丈夫な資産は別にある。こういう考え。
ここには、含み益の話ではなく、資産の絶対額の話となるのでは?と考えています。


私が、投資家として異端なのは、もう十分な額の資産まで達成できたのだから、効率を求めたり、面白味もない金融商品を買いたくないというのがあります。更に言うなら、少々投資効率が悪くたって、投資を継続することで、資産は増えていくでしょうとも。
100万円を効率を求めて、よりよい金融資産で120万円にする努力はもういらない。
1億円オーバーなら、ちょっと効率が悪く1%しか利益がでなくたって1.01億円。そう100万円の利益になるんだし、いいんじゃね?という考え。

異端と言いました。
でもね、額が大きくなり、最終的な目標額まで達して、さらに増えている場合、リスクを負う必要が薄いのですよ。
1億円オーバーを、リスクが低い投資信託に全額入れるより、1000万円程度をリスクが高くとも面白そうな投資信託に入れたほうがいいという考えです。


私より資産が多く、固定費が少なくなると、全額投入して半分どころか2~3割になっても大丈夫ということもありそうです。
自由億こと、10億円オーバーの資産があるのなら、10分の1でも大丈夫ですからね。リスクを負って勝てば20億。負ければ1億。でも、負けても一生困らない資産があるというのなら、ギャンブル的な投機だろうが、ちょっとリスクがありそうな金融商品だろうがなんでもOKでしょう。

ま、これも資産があっての話。
最低でも1億円程度ないと、リーマンショック級の大暴落にもしあった時、資産が6~7000万円程度になると思うと、ちょっと怖いかなと。いやいや、1億どころか、5000万円でもできるさ!とか、いや3000万円でも全く問題なし!という人もいるでしょう。資産の多寡は、その人の固定費との兼ね合いなので、何が正解ということもないでしょう。


含み益があるからこそ、いろんな考えは出てきます。
負けてもまだ、プラスということを考えると、いろんな選択肢も出てくるでしょう。

ですがそれも、絶対額がある程度あっての話だと思います。


ま、私と同じような条件をして、効率が悪い毎月分配どうですか?なんて言おうものなら、、、
一昨日きやがれ!で終わりそうです。
私も、それが正しいと思う故。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング