死んじまったぞ!その遺産は危険かもしれない!

亡くなったとき、その資産は、遺産相続という形で引き継がれていきます。
億を超えていれば、相続税を支払っても何千万円もの額が子や配偶者、そして場合によっては親や兄弟、甥や姪に。

普通の生活をしている人に、いきなり何千万円も入ったら、、、
そう、これは宝くじで何千万円も当たってしまい、今まで見たこともないような額を所有してしまったと同じようなこと。

金銭感覚がまともで何千万円以上も受け継いでも、だから?という人ならいい。
ですが、舞い上がって金銭感覚が狂い、毎日豪遊したり、とてつもない高い品を買ったり。
生活レベルが上がり収支が崩れ、最後には受け継いだ金も使い切り、そして露頭に迷う。
そんな悲惨な状況があっても、不思議じゃないところが、お金の不思議。


とはいえ、死んだ後のことまで知らんがな~!っていう声は聞こえてきそう。
ちょっと無責任のような感じがするが。
それなら、生前贈与や遺言書をちゃんと書いておいた方がいい。
そして、受け取る側が狂乱しないような体制をとっておきたい。

まぁ、受け取る側が高々数千万円なんてどうでもいい!くらいな感じで冷静に受け取ってくれるならよい。遺言書なんて不要でしょう。ただね、狂乱する馬鹿は、破綻するまで止まらないだろうから。死んだ後に、受け継いだ身内が不幸にならないよう考えるべきところは考えておきたいところだ。

幸いにも私の場合、受け継ぐ側もそれなりの資産がある。数千万円どころか億以上を受け取ることになっても、ふ~んで終わる。そこは、良かったと思うところ。もし、そういう身内じゃなく、狂乱するタイプだったら、どこかに大半を寄付するような遺言書を書いて、身内には少しにしただろうと思う。


遺産相続は骨肉の争いになることが多いと聞く。
その遺産の額の多寡は関係なく、むしろ少ない方が争いになると読んだことがある。分かる気がする。
※そういや10年以上前に、よく相続関係の新書を多く読んだなぁ。あれは、すごい話が多かった。仲良かった兄弟姉妹が遺産で没交渉になること、、、これは、いろいろときつい話ではありました。


残してやるんだから、いいだろう?
なんて傲慢な話だ!と、そういう場合もあることに注意をしないといけないのではないかと思う。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

働き始めたときから、節約して、真面目に貯蓄しているなら
平均寿命まで生きた親が死ぬ時(80歳前後が多いかな)は、
自分(50代から60代かな)も30年以上の積立期間を過ごしているでしょうから
数千万円の貯蓄はあると思うんです。

その時期は、自分も退職してるか退職間近ですから資産形成のほぼ終わりの時期ですので、
親が残せるお金と、似たような額となっている可能性が高いはず。
そうなると、相続しても、資産が倍になる程度、兄弟で分割したらさらに少ない。

余り、金銭感覚狂うことが無いと思うんですよ。

まぁ、親が富豪で数十億残すとかなら、相続税引かれても、手元に数億円とかそれ以上残るから、それなりに金銭感覚狂うかもしれないんだけど。
まぁ、十億円も残れば、金銭感覚狂っても、しばらくは大丈夫かもしれないかな^^

それとも、数千万円で狂乱するような人は、資産形成もできないのかな。
資産形成の途中で、狂乱しちゃうからwww

「おいおい、その金額で狂乱しちゃうと、資産形成できないだろう」、と突っ込みが入るかも^^;


No title

> いろいろでセカンドライフ さん

ちょっと危ない!
記事でも書きましたが、遺産が少なくても起きると言うより、少ない方が起きる可能性が・・・。
遺族が法定相続分どおりで全員納得するなら問題ありません。そして、生前よりそのような話で決まっているのも。

いろいろでセカンドライフさん家が危ないということを言っている訳じゃないのですが、一般家庭では本当に高々数百万円の遺産でごたつくんです。記事にも書いた新書ではそのへんが書かれていました。

世の中、それだけお金に困ったり、欲しいと思っている人が多いことの証左ってことなんでしょうけれども。
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング