現在、日本にて金融教育は誰が行うのが適当だと思います?

私なら、

1)自分
2)親や祖父母等の身内
3)金融機関

でしょうか。
金融庁や学校というのは、それが小中高のどれでも適当と思っていません。
当然、大学で専門的に経済関係を学ぶのは別でしょうけれども。
投資のような金融リテラシーを教えること自体を学校で教えられないと思っているから。

1)の自分の場合。
やっぱり、なんかの必然を感じて、投資を勉強し、そして資金を投入していくと思っています。
結婚した、子供ができた、家を買いたいなどなど。
お金が必要、これから必要になることを前提として、貯めなければなぁと思えば、少しでも効率いい方がないか考えるものかと。
できれば、巷に良質な資産形成によい本や資料があればいいんですがね。まぁ、昔に比べればいろんな資産形成の本も増えてきましたし、そもそも選択できる金融商品も多くなってきましたから、紆余曲折しながらもどこか良い方法にたどり着けるんじゃないでしょうか。失敗して撤退もそれはそれで致し方なしといった感じです。

2)は、どうでしょうか?
私の場合、祖父母は投資なんて全くしていなかったと思います。
叔父や叔母はと問われれば、自社株くらいやっていたような感じはしますが、財形とかかな。あまり積極的に株をしたなど聞いたことはありません。少しだけやっていたりするかも。ただ、あまり身内の集まる場で投資がどうこう言うことはありませんからね。
ちなみに、父は知りませんが母はバリバリに投資をしていましたね。それこそ、私が中学以前だから、30年以上前から。個別株もやっていたようで、バブルを上手く売り抜けたらしい。投資信託を知ったのも母からですからね。10数年以上前から中国の投資信託に入れてたりしましたから、最低でも2倍以上になっていたのかなと思う次第。
私自身、まったく親から株等の投資を教わったことがありません。ただ、非常に面白そうだ!と思っていました。大学時代にちょっとバイトで小金を稼いで個別株をやろうとしたことがあります。ただ、50万円くらいしかないと当時は購入できる銘柄が殆どなかった記憶が。売買手数料もすごく。初めて個別株を購入したのは社会人2年目。やっと投資に耐えられるくらいの資金があつまった!と。私の投資開始は300万円弱からでした。まぁ、全部損して10数年後損切したんですけどね^^;;;;

教育が必要なら親や祖父母、身内からが一番効果ありそう。実際にお金が儲かるんだ!とか、資産形成に役立つんだ!という姿を見られれば、別に教育すら必要なく。損失でも出したときに改めて自分でちゃんとした勉強するでもよかろうという感じ。

さて、最後3)は?と言われると、
う~ん・・・。微妙通り越して、止めとけ!と言いそうです。
馬鹿な個人投資家の場合、それが初心者なら、舐めたことしてきますからね。
ちょっとしたお金が貯まったから、退職金が入ったから、ボーナスじゃい!、遺産じゃ!とか。
100万円あるんだけど、何かよい運用ありませんか?と問えば、
アクティブは、毎月分配とか勧めてきそうです(爆笑
でも、金融機関としては全うだと思います。
ボランティアじゃあるまいし、自分の会社の利益につながる、販売手数料や信託報酬が高いものを勧め、自分の業績に繋がるなら、もう申し分ないでしょう。そんなものです。なお、私は4000万円近くもって、何かよい投資信託ありませんか~?で始めました。えぇ、毎月分配を勧められ購入したという実績があります(爆笑。まぁ、なんだかんだいって、最終的に数百万円儲けが出たのでいいんですがね、リーマンショック時は1000万円を優に超える含み損がありました。あはは(笑
そそ、結論言っていなかった。金融機関に聞いちゃだめだよ。特に、投入可能な額を提示したら、鴨葱ですよ?。絶対にやめといたほうがいい。


さて、番外編で書いた金融庁や学校ですが、これがあり得ないのは簡単な理由。
まず、学校。小中高でどの学年でもいいのですが、先生が教えられるの?というのが最大の理由。
そして、実際にお金が1円でも関わらない投資や金融の話をどの学年でもあまり興味がでないと思うため。
昔どこかの証券会社で仮想株の取引きがあって、そのランキングとかあったんです。当時破綻するとか言われていた足利銀行に全額入れて、株価が戻って1位になっていた記憶が。要するに本気になれないということで。

金融庁は、どうでもいいです。お上が言う低コストのインデックスを買え!で終わりそうだから(爆笑


さて、上で一番いいと書いた両親や祖父母、身内などでこういうのは面白そう。
投資についてメリットデメリットを説明した後、高校生や大学生に100万円くらい渡して、何に使ってもいい。
遊んでもいいし、投資をしてもいい、起業でもいいし、車や旅行でもいい。
好きに使って見ろ!
非常に面白そうです。

親が懇切丁寧にメリットを多く伝えて、そして、100万円を渡す。
車買って終わり!
ブランド品買って終わり!
ギャンブルですっからかん!
定期預金に全額!

あはは、、、あなたの教育は間違っていた。
まったく子には伝わっていなかった。
そこで、個別株や投資信託、コモディティのような金融商品を購入するのはどれくらい?
まして、金融庁が推し進める金融商品を購入する子たちは、どれくらいに?


なお、私が大学時に100万円もらっていたら、どうなっていたかなぁ・・・
なにせ大学時代にバブルがはじけました。
弾けるピーク時に100万円分個別株に入れて、その数か月後に20~30万円に・・・
ありそうで怖いですね!90年前後なんて、世界投資なんて選択肢になりえませんでしたし。
日本とともに沈没。その復活は、アベノミクスを待つまで・・・

本当にそうなりそうです。
今は昔にくらべ容易にいろんな金融商品を低額で購入することが可能です。
選択肢は凄くあり、やりたいと思う金融機関に投資もできよう。
時代が悪い、悪すぎたと、二度と投資に近寄らなかった可能性がありそうです。
※社会人時は、既にバブルははじけておりましたが、日経は現在と同じくらい20000円前後でしたね。日経225でも購入していようものなら、20数年して、株価は変わっていなかった・・・ってことにしかなりません。うへぇ・・・


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング