子供への教育で金融知識が深まるとの勘違い

頭悪い考えです。
私も以前に教育で金融知識を教え込むことが必要だと書いたところ
 「教育でなんとかなると未だに思考停止で信じ続けてる人の教育レベルを疑います。」
と、コメントを頂きました。

このコメントをもって、よく考えてみました。
教育をする機会を設けることは重要だと思いますが、それを受ける側、そう教育を受ける子供や学生たちなどを考えると、受ける側が真摯にそして必要と考えることがなければ、意味がないと。

考えてもみてください、英語は重要だとか、国語や数学も重要だとか言ったところで、それを学生が真面目に勉強して、かなり優秀なところまでいくかと思えば、、、中学高校と6年間(英語の話。学部や時代によってはそれ以上)、英語教育を受けていたり、また国語や数学をどこまで十分に学習し、理解して、自分の身についたか、、、。全部が全部だととはいいませんが、たいして学習しておらず、身についていない人は多く。


頭悪いと思います。
私もそうでしたが、考え直したものです。
そういう意味では、このブログをして、役立ったコメントの1つとなっています。本当に為になったと。


子供に金融資産を譲渡しようが、金融商品を購入させたり、投資の重要性を説いたところで、受け側が真面目に受け取らない限り、意味がありません。

それこそ、上記いただいたコメントのように、「教育でなんとかなると未だに思考停止で信じ続けてる人の教育レベルを疑います」なんでしょう。

要するに馬鹿なんですよね。私もそうでしたが。
お金儲けなんて所詮目的のための手段でしかありません。
もし、お金の重要性を諭すなら、そのお金で何を成すか、それを説明しないと。
※上手い説明で、面白さを感じさせれば、良し!って感じでしょうか。


教えれば何とかなる、それが問題なくできるのなら、学問の落ちこぼれだろうが、投資の落ちこぼれだろうが、発生する訳がないと思うだけに。


子供は黙っていても、親の背を見て育っていくかと思うなら、見本となるような大人としての、また親としての行動こそ問われるのではなかろうか。自分が子供の時の親の振る舞いを久しぶりに思い出して、そうだったよなぁと。ま、当たり前か。

※親や学校等が教えることがあったとしても、それを自分が必要とか、面白いとか思うような、そんな状況にならない限り、難しいのだろうと思っています。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング