投資信託の分配金の回数や為替ヘッジの有無ってコストに何も関係ない?

どこかの記事で読んだのですが、忘れてしまっており、ただその理由は明確に書いていなかったのですが・・・。
そう、為替ヘッジの有無によって、いや有の方が数%程度コストがかかるといったようなことを見たことがあります。

ですが、私の知る範囲では、同じ投資信託の為替ヘッジの有無の違いは、手数料や信託報酬等のコストにまったく関係なく。
全く同じのものしか見たことがありません。
これは、為替ヘッジの有無にかかるコストを同じ投資信託内で共有して平均にしてしまっているから?。だとすると為替ヘッジ有側が得をする仕組みってことなんですかね?ちょっとわかりませぬ。

同様な話で分配金の多寡とコストです。
大きな投資信託の場合に限った話でもないのですが、年1回、3か月に1回、毎月といったように分配金の頻度だけが変わっている投資信託があります。この分配金の回数によって、例えば売買手数料や信託報酬が高くなっているということもなく、全部一緒です。手間暇を考えると毎月やるほうが大変と思えど、システム化されているのなら関係ないのかもしれませんね。条件を変えるだけでシステムとしての動作は一緒。そこにかかるコストも気にするようなレベルじゃない。まぁ、そうかな~というのが、根拠はありませんが感想です。1つ1つの投資信託で別の処理をするわけもないし、それこそシステム化してしまえば、あまりに特別な投資信託でもない限り同じ動作で同じ仕組みなんだろうな~っと。

この手の違いがどのようにコストに反映されているか、それを明確に記載しているのを見つけることができていません。
どこかの本や雑誌、金融機関のサイトにあるようなら教えてほしいくらいです。


さて、外出でもしてくるか。
天気がいいですからね!、折角のお休みですし、遊びつくそう(笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

わざわざ、為替ヘッジありの商品作っているファンドって、
同じファンドの為替ヘッジの無いタイプも、割高なイメージがあるんですけど、
そうでもないんですね

手数料が最低ラインの物には、最初から為替ヘッジありの商品は作らないのかと思っていました^^
でも調べたら、為替ヘッジの株式ファンドで、すでに0.2%台の信託報酬商品出ているんですね。
なるほど、為替ヘッジありだから、手数料高いと言うのは、昔の話になりつつあるんですね。


No title

> いろいろでセカンドライフ さん

そうなんですよね。今流行りの低コスト投資信託ですら為替ヘッジ有無が選択できますから。
ただ不思議なのは、平均で十分として低コストを選択しているのにも関わらず、為替ヘッジのコストが同じでも為替ヘッジ無の方が何倍どころか10倍以上も純資産が多いのを見て、、なんか不思議(笑

相場を読まず平均的でいいと思いつつ、為替はヘッジ有にして為替も読めないので、、、とする方が妥当と思いつつ。
いや、相場は読めないけれども為替は読めるのだよ!ってことなんでしょう。
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング