「<非正規賃金>シングルマザー年収223万円の現実」、父親はどこに?

●毎日新聞より(ヤフーニュース)
「<非正規賃金>シングルマザー年収223万円の現実」

最初に思うは、シングルマザーの元配偶者はどうなっているのか?
死別なのか、離婚なのか?
前者なら遺族年金ですし、後者なら元配偶者から養育費をでしょう?

年金支払っていなかった、、、なら自業自得では?。収入が少なければ免除申請などいろいろできたし。無年金なぞありえぬ。
後者の離婚で、元配偶者が養育費を支払わないのなら、その配偶者の問題。裁判でも起こすなり、給与を差し押さえしてしまえ!。相談できる場所を使って、どのようにすればいいか考えればいい。もし、元配偶者からの支援を断っていたのなら、もう自分で頑張るしかなかろう。それこそ自己責任の範疇。


きつい状況から頑張って、生計を成り立たせている人もいます。
こういうことを書くと、成り立たせている人を基準に考えるのはおかしい!、できない人もいるのだから、そちらを基準にするべきだ!と。
ある意味正しい。その通りの場合もあるだろう。

ただね、では、大丈夫な人と、ダメな人の差は、どこに?
そこを精査して、問題点を明らかにし、そして誰でもとは言わないまでも大半の人で可能となるような仕組みを考えていかないと。


安直なんですよね。
お金がないから支援してあげるべきとの発言が。
支援を不要と言っているのではなく、なぜ支援が必要な状況に陥っているのか、また、問題がお金だけなら、上で書いたような元配偶者の給与を差し押さえてでも資金を得るとか。また、必要に応じて貯金など資産を作って、子供が巣立つまで大丈夫な計画を立てるとか、、、


いろんな意味で舐めているようにしか感じません。

当然、選挙をして今の政策を打破してくれるような議員や政党に投票しているのですよね?
選挙?忙しくて行けないとか戯言をほざく、そんなやつらが貧困に喘ごうとも自業自得じゃないんですかね?

格差なんて今の日本で無くなるとも思えません。
格差ありきで、話を進めるべき。
大きな資産を保有する方々をして、寄付という仕組みを。税控除以上の何かインセンティブでも与えて、お金がないところへの支援が容易になるような仕組みがあれば、、、そんなことを思ったり思わなかったり。


本当に差し押さえでもすればいいのに、いやするべきだし。
行政を含めて、逃げている元配偶者がいるのなら、追い詰めないと。

どこに問題があるんですかね?
シングルマザー本人?元配偶者?それとも国や行政が?
温いなぁ


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
養育費を払っていない元夫は8割。年収が高くても、大部分は払っていません。
人間のくずですね。

煙々さんは裁判おこせというけれど、裁判費用はどこから?また、給与を差し押さえたくても
夫が転職しちゃったら、どうしようもないし、個人の口座を差し押さえたくても、
日本では元夫の口座番号を妻が確定しなければならず口座を替えられれば、事実上不可能です。
そもそも、元夫が引っ越して連絡がつかなければ、民事裁判で勝ってもどうしようもありません。

マイナンバーの利用が拡大するとともに、欧米のように役所が強制的に取り立てないとこの問題の解決は難しいでしょうね

No title

> 夢見る父さん さん

どこまで行政を支援を受け、差し押さえが可能かでしょうね。
個人的に思うは、法整備をして、子供の権利を守るべく、容易に差し押さえができる制度を、といった感じでしょうか。
※子供の権利である養育費と、夫婦間の慰謝料とをごちゃまぜに考えている人が多いような気がします。

ただ、子供の親権が女性側に偏っているとか、子供に会わせないとか、そういうことも併せて議論していきたいところでしょうね。養育費を支払って、そもそも男親の責任でもないのに離婚されて、会わせてくれないじゃ、いろいろとありそう。
※ここらへんは、実際の離婚後のあるべき姿を考えてほしいところですね。私には、ちょっと想像つきませんが。海外だと、必ずしも女性が親権を持つのが当たり前でもなく、経済状況に応じてというのが多いのもあるようで

人間の屑は、どこにでもいます。
離婚にしたって、そんなことで離婚するの?というのもありますし。
DVのような離婚しなくてはいけないということも。
ケースバイケースだとは思いますが、子供の権利という養育費には関係ない話です。合意があって結婚し、そして子を成したのなら、養育費という最低限の義務を負わないこと1つとっても、クズなんでしょうなぁというのが感想です。
※個人的には高校卒業までしっかり合意のもと支払いが続くなら問題ないかと。あと、これはよくわからないのですが、養育というのは折半であると思っていますが、男親だけというのも現状と合わなくなっているような気も。理由が男親にない場合で親権がとられているならなおさら。


少子高齢化を問題視しているくせに、国しても行政にしても、この手の話は鈍いですね。
そういえば、養育費減らしていいか?と言っていたクズ舛添元都知事がいましたね。あいつは真正の屑だと思っています。身内の生活保護も拒否している前例もありますし。

http://www.news-postseven.com/archives/20160520_413671.html
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20131202/Postseven_229600.html
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング