節約できる体質によって生活レベルを高くしないのなら投資の大半は不要かなと

先日、あまり適当でもないようなシミュレーションのExcelシートを作りました(今は、非公開ですが)。
それで思うことがあるとするなら、普通のサラリーマン程度の収入あり、そしてそこそこ節約して、生活レベル高くない人(年間支出180万円程度)なら40代半ばで約3000万円、定年(60歳を想定)まで働くなら約6000万円貯めることができます。

上記金額は、投資に関わることなくです。

さすがに40代半ばの方の場合、セミリタイアで、何かしらの収入を得ていないときつそうですが、60歳まで働いて6000万円程度保有しているのなら、65歳からの年金が70歳に延びようともなんとかなりそう。
別に投資しなくとも、そこそこ働いて、節約体質ができていれば、投資なんて下がる可能性があるものをする必要もなく。もし本当に必要と考えるなら貯めてきた資産のごく一部、例えば1割とか2割とかを投入すればいいのではないかなと。


投資期間を長期として考えた場合、20年とか30年とかになります。もし20代で始めているなら40年以上とかもあるかもしれません。で、思うことがあるとするなら、リーマンショック級の暴落は、その期間なら1~2回程度発生しうるのではないかと。少し前にリーマンショックが発生したから次は当分起きないと言い切れるものでもなかろうと思っています。


普通のサラリーマン程度で、上記のような資産形成をして考えたいことは、、、
年間180万円の支出が倍の360万円になると、マイナスに。40代半ばでマイナス1000万円となり、定年まで働いてもマイナス600万円。360万円支出となると、月々30万円。一人暮らしの身からすると、30万円なんて何に使うのだ?と思ってしまいますが、子や配偶者がいればそれくらいは普通になることも多く、むしろ普通すぎる支出かもしれません。
要するに、普通のサラリーマン程度で専業主婦(主夫)と子供を抱えていると、出費を抑えないと、限りなく資産ができないということ。まぁ、大変だ!。共稼ぎや生活レベルをダウンさせるなどの対策が必要でしょうなぁ。


結局、投資って何なんですかね?というのが、今回の感想。
資産が億を超えようと、年間100万円台で生活している人は、たぶんこれからも資産を減らす事なく最後まで行けるかと。
逆に年間360万円使うだけで、赤字家庭です。もう、対策が待ったなし。子供に教育資金を多くかけようものなら、かなり早い段階で資産状況が不味くなりそうな感じすらします。


投資?
それよりも、節約できる体質が一番大事じゃないのでは?
そういう意味で、金融庁がひねり出すいろんなNISAは、的外れであり、問題はそこじゃないと思うところ。
赤字家計のどこに、投資に回せる資金を捻出できるものか!ということなんですよね。本当に。
※投資に回せる資金があるだけでも、裕福じゃないの?とも。ここは金額の多寡ではなく、投資という発想が出てくる時点で、貧乏とはかけ離れているのではないかなと。余剰金ができたら、ちょっと豪遊したり、ギャンブルしたりという人が本当に少なくないと感じているためですが。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング