資産形成は積極的に、住宅は消極的に、そう思うこの頃

単純に、これから住宅自体が資産として有用と思えないから、ということと、若年をして20代や30代で資産をそれなりに形成できたのなら、信じていませんが、複利を有意義に利用できると思うから。

投資なんて、上がるとも上がらないともわからないものに、狂乱するより、収入と支出のバランスをして、資産を多く作る事こそ、資産形成の近道と思うため。


大した額でもないものが何年かで2倍になるより、節約をして預貯金でも投資でもいいので、投入する額を2倍にする方が、より確実であると考えているためでもあります。


ちょっと話はずれますが、、
住宅をもし購入したいなと思ったとき、何も最終的な終の棲家を購入する必要もないのではないかと。
子供がいる時期だけそれなりに部屋数は必要でしょう。
老後に夫婦2名になるなら、そこまで大きな家も必要ありません。
また、いきなり最終形である必要もないと思います。
最初は、築何十年も経っている古い戸建てで始まり、徐々にグレードを上げていくのもいい。
地方のちょっと利便性が悪い物件なら1000万円程度で購入できたりします。もう土地の値段だけ。古いけれども、それなりの大きさの古い戸建て。子供が巣立ったのなら、建てかえもよし、売却して利便性のよいところに引っ越してもよし。
無理ない程度の予算をして、必要に応じてグレードアップするのもよさそうに思います。


さて、資産形成は、早くやっておくにこしたことはありません。
20代で数千万円、30代で数千万円、40代で数千万円。同じ数千万円だとしても、若い時分にできた資産の方がいろいろと融通もききますし、必要に応じて勝負に至るような資金投入もできるでしょう。


仕事が大好きで致し方ない!という人ならともかく、40代や50代になって、お金の面で問題がなくなったとき、早期リタイアなどを考え、あとは自分が好きなことをするという選択肢は、それはそれで面白いと。
だからこそ、若い時分で40代や50代を予想し、十分になるべく、行動を起こす。

積極的に行きたいですね。
失敗してもいいんです。
それをリカバリーすることができる若い年齢は、何にも勝る!
40代や50代で、あまり強烈なことはできません。失敗し、その年代で資産0円になったなら、怖くて眠れなくなる人もいるかもしれません。


もし、仕事したくないな~とか、早期リタイアをしたいとか、やりたいことをやりたいと思っている若手や新人がいるのなら、20代が勝負と思ってもいいくらい。20代が終わり、30歳になった時点で、1000万円も預貯金や金融資産があるのなら、あなたは将来勝ち組になり、そして老年となるまえに金融的な問題点から完全に開放されている可能性は高そうにも。

が、がんばれ!
※だんだん話の内容がよくわからなくなってきましたが、、、ま、いいか。たまによくある(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング