投資のすそ野を広げるとは言うけれども、それには何が必要なんですかね?

投資を始めたのは、20数年前。
昔は、ネット証券なんてなく、あるのは対面の証券会社のみ。いやぁ、手数料が高かった。
野村証券の取引手数料を見ると、その名残を感じる事ができますね^^

●野村證券
「取引手数料」

今、SBI証券や楽天証券等、本当に売買手数料が安くなっています。
数百円とか、もうそこまで安いのか!とびっくり。

●SBI証券
「手数料」
●楽天証券
「手数料」

もし、あなたが株の売買をして投資をしようとしたら、すごく環境は整っていると言えるでしょう。
では、このような環境をして、投資をしますか?しませんか?


投資信託もです。
インデックス投資ですら、売買手数料もあり、また信託報酬が安くもなく。それが今となってはノーロードが主流となり信託報酬も0.2%台だったり、本当に安価なものがでてきています。
では、このような環境をして、投資をしますか?しませんか?


たったの10年前です。その10年前に比べて、選択肢が非常に多く、また全体的に特にネット証券では手数料が非常に安価になってきています。本当に、びっくりするくらい。


税率で考えてみたいと思います。
NISAが始まる前までは、軽減税率で税率が10%でした。
民主党政権で、経済は低空飛行、そしてアベノミクス前。円は80円程度、日経平均だって10000円に満たない。
税率がよかろうが、大きく投資が伸びたなんて話は当時聞いたことがありません。


投資の裾野が広がる現象がどのような時におきるのか?
私は経済が伸び、市場が活性化している場合でないと、なかなか難しいのではないかと思っています。
誰もあまり儲からないどころか損失を出すような市場にて、投資なんて積極的にやらないだろうと考えているからでもあります。


さて、話は変わりますが、もし、NISAが恒久化したらどうなるでしょうか?
さすがに上限が40万円と120万円と、それが違うといろいろ異なってくるとは思いますが、結局上で書いたとおり市場が活性化して、伸びないことには話にならないだろうと。恒久化で喜ぶは、既に投資をしており、またそのメリットを肌で感じる事ができる方々だけなのではと思う次第。


日本人、あまり投資に興味がないというか、投資をして損失を出すことを極力回避したいと考えているというか、どちらにしてもデメリットと感じていることを払しょくするような、メリットが謳えない限り、なかなか裾野が広がること自体ないのではないかなと。
そもそも、お金を持っているのは老年の方々です。
その方々がリスクを負ってまで投資をするべきと言えるのかどうか?

まぁ、ないと思います。
老年の方々をして、すでに投資をしているなら関係ありませんし。
していない方々なら、リスクを負ってまで行う必要は?と返されれば、言葉に詰まってしまいそうだから。


議論の方向性が間違っているような気がするのは、私だけなのか。
もっと根本的な日本人としての資産形成をどうするか、老年に至った時どのような生活をするべきか、そういうところからの議論が必要なんじゃなかろうか。

そんな漠然とした感想をば。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

「投資」言葉が良くないですよね^^
資を投げちゃう><

冗談ですw

投資環境はずいぶん変わりました。
それを利用するのかどうか、
生き方にもかかわってくるので、
いくら環境だけ整えても
泳ぎたい人がいないと、
なかなか。

と言いつつ、私は泳いでいるんですよね^^
下手ですけど。

No title

> いろいろでセカンドライフ さん

環境は整ってますよね、本当に。
まぁ、私もたいして泳ぐのが上手くない、いや、時々おぼれたりしますが、まだ水に浮いているのかなぁ。。。
ぷかぷかと^^
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング