自己責任論、当たり前と思いますがね

何をするにしても、すべて最後は自分で考え、そして結論を出すものだと思っています。

親がそう言ったから、とか、、
有名なブロガーがそう書いていたから、とか、、
占い師に勧められたから、とか、、

その提案や提言等、そられを参考にして、最終的な判断をして、結果が悪くてもそれは仕方ないかと。
当時の自分自身で判断した結果が全て上手くいくほど世の中簡単でもありません。
1つでもよい方向に考え抜いて、その結果なら致し方もなかろうと。

ただね、言われるがまま鵜呑みして、考えもせず行動をして、そして思わしくない状況になったとしても、それ自業自得でしょう。

被害者ビジネスとか、私は悪くない、悪いのは●●だ!とか、もうね。


電気についても同じ。
資源ない日本において、電力を起こすとしても、火力、水力、原子力、風力、太陽光等、いろんな発電方法があります。
火力であるなら、その燃料の大半は海外から輸入。CO2問題にも直結しますね。
水力など、大きなダムを作成し、そして環境問題もある。
風力や太陽光などの自然エネルギーからの発電は、まだまだコストが高い。
原子力は、これからの日本のエネルギーと持てはやされたこともあるも、事故による放射能問題が。

結局、いろんな観点より決めるしかなく。
コストを最優先するのか?
自然環境を壊さないことを重要視するのか?
将来を含めた安全性に固執するべきか?
などなど。

その上で、日本が推し進めてきた原子力発電がある。
※震災によるメルトダウンで、この状況になってしまったが


ここで面白いと思うのは、原子力反対とか、ダム反対とか言う人が、同じ感覚で電気浪費反対とか、利便性追求反対とかそういうことを言わない違和感。

少々暑くても、エアコンは我慢しようぜ!とか、
なるべく使わない機器の電源は元から落としておこうぜ!とか、
電気代は高くてもいいので、安全かつ将来を見越したエネルギー政策を考えようぜ!とか
そういうのが全然ないんですよね。

苦笑いしか出てきません。自分の都合のよいところだけ述べる。


さて、先日の大臣の切れた問題。
私としては、自主避難した人がどうしようがそれは自己判断の元の結論でしかないと考えています。
危なそうだから、避難する。そういう判断は大事でしょう。私も同じ状況ならそうするかと思います。
ただ、そこにお金の問題は別。自分で判断して行動したなら、そこには自己責任が伴うと思っています。
もし、その場所に戻らないと判断して行動し、そして安全と判断され戻るにしても、それはすべて自分の判断の元で行うことだと。
※記者(活動家?)の煽られ、喧嘩を売っているような発言でしたが、とはいえ、切れちゃいけないですね。

左巻きとか、それを職業として生きている人の戯言には耳を貸す必要はなく。
自分ですべて判断して行動するべきだし、そこにかかる資金も全部自分のためとの判断の上での行動でしょうに。


危ないと判断した場所から他所へ。
そこの他所で生活基盤をして、危険を避けるという活動の悪いところがどこにあるのか?
原因はともかく、その判断は自分自身の結論でしかなく。
何もかも、国が~とか、行政が~とか。良いことは無視しつつ、悪いことだけ騒ぎ立てる。
どう考えても日本人らしくない感じがする。


年金問題もそうだけれども。
そもそも、老後なんて自分で資金を貯めておくべき。


お金なんて偉いも悪いもありません。
多くを保有したから偉いなんてこれっぽっちもないでしょう。
ただね、自身の行動を狭めるような資金力をして、問題があれば、国が~、行政が~というのは、違うのでは?
何十年も生きてきた、その期間で、何をしてきたのやら、、今楽しければ、将来はどうでもいい?国が?行政が?見てくれる?

一昨日きやがれ!ってもんだと思っています。
※今楽しく、そして将来金なくなれば、生活保護でいいや!とかいう輩は、生きている価値がどこにあるのやら?


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

そもそも、この話って、既に2015年5月に決定していたことなんですよね。
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG15HCM_V10C15A6CR8000/
「2016年3月までとしていた災害救助法に基づく避難先の住宅の無償提供を
 1年延長した上で、17年3月で打ち切る方針を決めた。」
これだけの猶予を与えているから、その上でどうするかを判断するのかは
自己責任と言った迄なんですよね。

震災からすでに丸6年経過しています。
どこに住もうがお金はかかるのは当たり前の話であることが前提ですよね。
「福島に帰るか今住んでいるところで暮らすかは個人の判断による」
と今村復興大臣は言っただけの話なんですよね。
福島で暮らしている人もいる中で避難区域でないのに自主避難した人に
永遠に支援することなんて不公平極まりないのは明らかなんですよね。

自称フリージャーナリスト 西中誠一郎 って、
https://twitter.com/nishidebu
このツイッター見れば、どんな思想の持主かはっきりしています。

国会の野党も同じですが、こういう輩は、言葉じりや失言を誘うような質問をするので
本来は、菅官房長官のように淡々と冷静に答えないといけないんですよね・・・

No title

> freeflyfisher さん

なんでもかんでも、国や行政が、とお金をたかるのはどうなんだろうか?と。
不幸な一面もあるかと思いますが、その原子力発電を推進した議員や知事を選んだのはその地域の国民です。

それをすべて被害差がだからお金を負担するのは当たり前だという乞食のような考え、浅ましいと思うだけ。


須賀官房長官は、凄いですね。
人は、少なくとも大臣は、あの華麗なスルースキルや受け答えができるようになって欲しいところです。
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング