コスト(手数料等)が明確で適正な水準???適正とは?

●Foster Forum 良質な金融商品を育てる会 さんより
「設立趣旨(2004年12月)」

以下引用(「私たちが考える良質な金融商品とは」より)
「コスト(手数料等)が明確で適正な水準であり、それが明確に表示されていること。」

わからない。
適正な水準とは、何をもって客観的に判断できるものだろうか?

たくさんの人を介し、その結果コストが上がった金融商品は適正な水準と言えるのか、言えないのか?
赤字を垂れ流して、そして何年も黒字にならないけれども、コストを安く他を圧迫するような金融商品は適正な水準と言えるのか?言えないのか?

適正な水準とは、消費者側から見るべきものなのか?金融業者側から見るべきものなのか?
両方の観点から見るとするなら、半々で考えればいいのか?それともどちらかに比率を上げて考えるべきなのか?


ただただ安くし、そして消費者側にメリットが高いものならそれはなんでもいいのか?


投資信託は複雑だ。
どのコストがどのような計算をして、どうしてこの額になっているのか、、、分からないことばかり。
※概算値は合うが、1円単位で合うことがない、、、

商品の仕組みが難しいとして、それを勉強せずに専門的な知識がなくとも理解できなければいけないのか?
個人投資家の怠慢を金融商品のせいにしていないのか?



1つだけ言えることがあるとするなら、金融庁は、投資を流行らせることに反対の立場になっていないか?と。

どう考えても、NISAなんかより、10%時代の軽減税率のが効果が高いため。
NISAを推進しつつも恒久化1つできない金融庁は、こう思っているのかもしれない・・・
国民が投資をしようがしまいが、我ら金融庁職員にはどうでもいい!


「家計の安定的な資産形成に関する有識者会議」
なにそれ寝言???


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング