震災の支援といっても、お金を配るだけじゃ、続かないと思う

東日本大震災も6年も経つ。
思えば、仕事で遠出をしていて、自宅まで100km弱。歩いて帰るなんて選択肢はないわ、また最寄りのJRは、すべて止まってましたからね。その後、JR以外の駅まで送っていただいたまではいいけれども、私鉄も全滅で、、、
結局、震災深夜になって動く路線もあったので、それら駆使して自宅まで20kmまでのところについたのが深夜4時くらいだったか、、、。その後、運よくタクシーを捕まえることができて、帰宅したのは、6時だか7時だか、、、

あれは、大変でしたね。電車が全てとまった駅から、皆が黙々とスーツのまま行列を成して帰宅していたのは、今でも思い出せます。ま、私はタクシー捕まえたので、幸いにも5~6kmくらいしか歩きませんでしたが。


さて、掲題の件です。
結局、福島をはじめとする震災地域において、生きていくためには、産業がそれなりに育たないと。
乞食じゃないんだから、金与えて放っておけというのは違うと思います。
やっと被災地で工場や企業などが立ち直りつつあるなら、そこの品物を購入することで、生活の基盤を整える一助になれればと思うところ。私自身、外食しかしていませんので、食品で支援はできません。
物品などで何かあればと思うも、あまり適当なものがなかったり。。。

以前、福島で高いセーターがオーダーメイドで販売されているという話を聞いたことがありました。

「気仙沼ニッティング」


品は素晴らしいものだと思いますが、ちょっときついかな。セーターなんて子供の時以来、来ていないので、う~ん。
個人的には、グラスとか食器とか家具などでいいのがあればと思いつつ、う、全部新調しちゃったよなぁ・・・っと。

いけませんね。


ちょっと話はずれますが、、
ま、虐めとか風評とか、論外なやつは、加害者を法的にさばいてもいいと。
むしろ、福島ヘイトは、法で刑罰があってもいいと思うくらい。

ちょっとアンテナ立てて、福島の物産展とかあったら、何か考えてみよう。
そうして、ほんの少しでもいいので、支援できれば。
困ったときはお互い様。

どのみち東京大震災にしたって、東海地震だって、遠くない未来に起きる可能性はありそう。
自分だけ助かればいい!と、そう思いたくはないですね。
また、震災に向けて多めに水やお茶、そして保存食など購入しておこうかな。


震災時、シェルターになれると思っていませんが、ちょっとした避難ができるような場所に、、、難しいでしょうけれども。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング