年収手取り預貯金シミュレーション?

拍手が一応30個(両方の記事の合計)を超えたので、ExcelシートをUP.

「年収手取り預貯金シミュレーション」 ⇒ 【ダウンロード】

その後、どうせなら、国税庁の「企業規模別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額 平均給与」に合わせて自動的に手取りなどを自動計算(式で記載)してくれるなら面白そうと、ちょっと改造。
もっと面倒かと思いましたが、比較的簡単に(とはいえ、式が暗号のよう。何一つ保護していませんので、式は見れます。なんじゃこの式?と思うこと間違いなし??笑)。
※手取りの該当箇所のセルの色塗りは、やってません。ちょっと簡単にできそうもなかったこともあり・・・。

さて、もしダウンロードしたなら、下の拍手ボタンをお願いします。
もし、拍手が少ないようなら、このようなどうでもいいシミュレーションのUPはしないほうがいいのかな?と判断材料にしたいため。

※結局、このシート作成に3時間前後かかっちゃっいました。式だけで表現するよりVBA使った方が楽。色付けなんて、特に。

~~ 追記 ~~
※本記事のUPは、2017.3.31まで。人気があれば、そのうちほかのシミュレーションとともにTOPページ(今は下書き状態で消しています)にUPします。
※この手のシミュレーションでやってはいけないと思っているのは、パラメータを多くすること。そんなに細かく設定しなければできないのかよ!という人は結構多く。面倒だからいいや!ってことに。なので、本来であるなら、扶養家族やら子供の学費(私立か公立か、大学院までか、大学までか、高校までか?など細かく入力するべきであるがそういうのは、駄目という認識
※このシミュレーションでは、相対的貧困の人には言及できないかもしれない。だが、もっと頑張って収入を増やしつつ、そして支出を減らして数千万円の資産を形成はできないとはいいきれないかと。
※個人(女)の平均ですら、60歳まで働きつつ、そしてレベルを下げた生活するなら、十分老後も大丈夫。逆に言うなら、個人(女)より収入が少ないと、詰む!。レベルを下げた生活に限度があると思うなら、効率よい仕事をするか、長時間だろうが多くを稼げるところで働くか、、、考えないと、、本当に詰むよ?
※大きな資本金がある株式会社の男の場合、質素な生活をして年間120万円程度で済ませることができるなら、22歳や23歳から働き始めて20数年、45歳前後で、8000万円程度は貯まるみたい。これだけ余剰な資金があるなら、当然投資をして増やせることも想定するなら、40代半ばをして億り人は難しいことじゃない。ま、そんなに稼いでいる人が、質素な生活がいいと思うかは別だし、また、仕事や社会との繋がりが面白かったりすると、辞めるなんてありえないけれども。早期リタイア願望が非常に強い人なら、面白いかもしれない。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング