戯言)コツコツ投資ねぇ、言い訳になっていなければいいのだけど

ちょっと戯言です。

そもそも、コツコツ投資なんて、大前提が狂えば思いのほか儲からないかもしれない。
その大前提と言えば、市場が概ね右肩上がりということ。

先進国では、十分な成長を経て、成長率が緩やかとなる。
戦後発展してきた世界市場の伸びも緩やかに。以前よりも伸びが鈍化しているかもしれない、いやこれから鈍化するのかもしれない。本当に、これからも過去と同じ程度には成長率がキープされ、市場も想定通りの利回りで動きますかね?

もし、これが少しでも上で書いたような右肩上がりでも、伸びは以前より鈍化するとした場合、コツコツ投資はあまり儲からない可能性があるかもしれない。



コツコツ投資が持てはやされているのは、市場が右肩上がりを想定していることとは別に、サラリーマンの給与所得者の投資に適しているから。毎月給与をもらって、その一部を投資に回すという行為が、結果的にドルコスト法となっているだけ。


将来は一寸先は闇とは言わないけれども、自分たちが想定した通りに動くとは限らない。
投資の世界では、未来を確実に読めるなんて言うのは、ただの愚か者。良くても、そうなるといいな、そうなるはずだ、と思うレベルまでだろう。


今の市場が、ある程度過去の市場を追従するとして、それがいつまで同じように動くか、誰もわからない。
そのまま同じような伸びとなるかもしれないし、伸びは鈍化して昔ほど儲からない可能性も。


結局ね、20年後や30年後の未来なんて、まったく読めもしません。
そして、1年1年は小さい相場の動きでも、それが何十年にもわたれば、積み重なって大きな差となるかもしれない。

だから、なるべく早い段階で、収入を増やしたり、支出を抑えたりして、資金を多く作って、そして早々と資産形成なんて終わらせてしまえばいいと。


コツコツ投資?
そんなもの、ただただ資産形成をずるずる遅くしているだけの言い訳じゃないと言い切れる自信はどこに?
私は信じていませんが、投資で複利をうたうのなら、早い段階で多くの資金を確保したほうが、資産形成には非常に有利では?


コツコツ投資は、サラリーマンに非常に合う投資手法です。
できれば、資産形成を早めるためにも、序盤で大きく資金を確保し、そして投資をしたいところ。
コツコツ投資が悪いなんてこれっぽっちも思ってはいませんが、早い段階で資産を確保したほうが勝てそうに思うだけに。

投入資金が少ない人の投資は、資産形成を目標に掲げるのなら、成功より失敗のが近い可能性も。
ギャンブルじゃないのだから、少ない額で何十倍になるなんて、夢から覚めなさーい。
それは、コツコツと長期に投資をしても同じだと思うだけに。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング