死ぬ権利、、、さて、、、

●ヤフーニュースより
「「死ぬ権利」は必要なのか――尊厳死法制化の是非を問う」

私は、同じ世代の人より、人の死を多く見てきたと思います。
臨終を3回。いや4回か。救急車に乗り、なくなった人に付き添って病院に行ったことすらあります。つい、先ほどまで元気だった人が・・・。
さらに、うち2回は、延命治療を施すか聞かれ、私が決断して終わりにしていただきました。

覚悟はしていましたが、息が止まり、医者から亡くなったことを伝えられた時、本当に覚悟をしていたにも関わらず、涙が知らずうちにでてきたものです。

特に今のご時世、普通に80歳くらい生きます。80歳でも矍鑠としたご老人も多く。
60代で亡くなろうものならずいぶんと早いと言われるくらい。


祖母の場合は、90歳を優に超え、大往生ではありましたが。
いろいろと思ったものです。


さて、リンク記事の件です。
「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案」だそうです。
う~ん、、、。

末期医療に関しては、自然のままにという考えを持っています。
大病を患ったり、交通事故で脳死になったり、もうどうしても元気にならないのなら、もう致し方ないだろうと思いもします。
自身を考えても、今までの死を見てきた経験から、最後はなるようにしかならないと思っています。


終末をただただ延ばす医療は、本人も家族にも不幸だと思います。
実際、交通事故で脳死になった身内の母が、延命をお願いする場面に会ってもいます。
結局、延命治療にかかるも翌々日に亡くなりましたが。

別の身内も80歳前後で意識がなくなり、寝たきりを数年して亡くなったりもしています。
自分で食事をとれなくなったら、終わりかもしれないとも思っています。

延命治療なんて、治らないことが明確なら不要と思っています。
むしろ、日々健康であるべき予防治療に力を入れるべきとも思っています。

人の介護なくして生きられない状態ということもいろいろと考えなければいけないと思ってもいます。
その介護によって身内が疲弊することを回避するべく、年齢を経るべきとも思っています。


死生観や介護、そして終末医療に関して、人それぞれではあります。
ただ1つ言えることがあるとするなら、自分自身にしても非常に近い身内にしても、その最後をどのようにするべきか考えておくべきということだろうと。また、その考えを周知させることも。

そして、医療は、終末医療ではなく予防医療に進むべきではなかろうかと。

人それぞれです。
ただ、その時になっても右往左往しないことが大事ではなかろうかと思います。

たまたまリンク記事を見て、ちょっと感想をば。
議論をしておくのもいいかもしれませんね。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは
おっしゃるように、死生観や介護、そして終末医療に関して、人それぞれですね。
私は自然のままに死にたいです。
自分の力で食事が取れなくなれば、そのまま消えるように去りたいです。
予防医療もその通りですね。
足腰を鍛えて嚥下訓練もして、できる限り自力で生きていきたいです。

No title

「死ぬ権利」あるんだか何だかわからないけど。
認めないと、どうにもならない時代がすぐそこまで来ているようには思います。

そのうち、寿命も遺伝子治療で操作できたり、組織培養と移植が進むと、どのあたりで
皆保険が破たんするのか、大変興味のある問題です。
まぁ、すでに移植なんてものを、保険で誰もがすぐに始められたら即破たんですけど。

No title

> 小黒とら さん

日々の運動は、長生きの秘訣!と思っています。
長生きした、だけど寝たきりじゃ、長生きを堪能できませんからね。

粗食をおいしく、日々お散歩!

No title

> いろいろでセカンドライフ さん

本記事にも書きましたが、もう意識がなくまったく別途から抜けれない、そうしゃべることも食べることもできない身内を見舞ったとき、これはだれのために、と思ったものです。

テロメアでしたっけか?
一時期、細胞の老化と不死化の本だか雑誌だかで読んだことがあります。

もし、技術が発展し、細胞の老化と不死化が実現され、元気に200歳も300歳も生きれるようになったら・・・
たぶん、生きることに飽きる人が少なからず出てきそうに思います。
お金や健康面で心配なく、300歳まで生きる。

どんな世界でしょうか?
SFのような、それこそ脳にチップを埋め込んだ、サイボーグのような?
わくわくしますかね?どうだろう??(^^
プロフィール

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング