本棚を買った、そして本を買った。同時に電子出版してほしい

おかしいな?2000冊入る予定だったんだけれども・・・
だから、また本棚を購入した。

おかしいな・・・、3000冊入る予定だったんだけれども・・・

ダンボールにあるものを突っ込むだけ突っ込んだだけ。
だから整理して古い不要な雑誌や漫画なんかはたくさんあると思う。
そう、整理すれば。
3000冊入る予定だった本棚の2~3割は空くだろうと。

本を良く買う人ならわかると思うのですが、新刊が文庫で出ることは少ない。
1000円以上の、ハードカバーの本から出て、しばらくして文庫になることも少なくない。

新刊が全て電子出版と同時かどうかと言えば、それは出版社次第。
そもそも、電子出版を扱っていない出版社すらありますからね。

もう、勘弁してほしいかな。
物理的に本が嵩張るのは、ちょっと大変になってきています。

同時にどの本も電子出版されるのなら、電子出版で買いたい。
紙ベースで欲しいものがあるとするなら、旅行記とか画集とか、絵や写真を楽しむものくらいになりそう。
それだって、場合によっては、DVD付きとかになりそうだ。

在庫を考えないですむ電子出版は、それが上手く回ったとき、小さい出版社にも有効になるのではないかな?
あ、街の本屋が全て潰れる!!!
いや、もうチェーン店の大型本屋以外は、残っていないか・・・

アマゾン恐るべし!!!

なお、掲題の件は妄想ではあります。とはいえ、そのような法律がでるまでもなく、電子出版が大きくなるこそあれ、小さくなることはないのではなかろうか?と、予想してみる。いや、予想にすらなっていないか^^;;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

今は本をほとんど買わないんですけど。
公共図書館、オンライン化して電子化してくれないかなと。
でも、そうなったら本格的に出版業界、困るかな^^;


No title

> いろいろでセカンドライフ さん

新しい技術革新の裏で、既存の作業が無くなるのは今に始まったことではありません。
ただ、その作業に従事している人は、別の仕事に就くしかないですね。
残念なことではありますが、電子化の流れは直ぐにではないかもしれませんけれども、止まらないと。

もう、出版業界は斜陽産業です。本を読まなくなった人は多いですしね。

利便性が良くなることは、止まりませんから
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング