SBI証券 vs 楽天証券 ポイントに思うことがあるとするなら

完全勝利!SBI証券といったところでしょうか。
特に1000万円以上の投資信託を持っているのであれば、SBI証券しかないでしょう、そうポイントの観点で見れば。

1.5億円程度の投資信託を保有していた時、月々6000円のポイントがたまっていた楽天証券。年間なら7.2万円です。

もし、当時の額そのままSBI証券で投資信託を保有していたのなら、年間30万円です。SBIカード会員限定なら36万円にも。

楽天証券とSBI証券で、非常に多くの投資信託を保有し、ポイントにも期待するのなら、SBI証券しかありません。


ただね・・・。
証券会社間で投資信託を移管しようとする場合、移管先にも同じ投資信託がないと駄目です。
たまに珍しい投資信託があります。特定の金融機関でしか扱っていないという。
なので、移管はできず、売却して似通った投資信託を購入することに。
まぁ、楽天証券とSBI証券で考えるなら、どちらか一方しか扱っていない投資信託というのは非常に少なそうです。

銀行やネット証券でない証券会社の場合からの移管の場合にくらいしか注意は不要でしょう。

あと大きなのが1つ。
移管されるまでの情報が移管できない(できる場合もあるのかな?)ということ。
例えば、いつ分配金があったとか、何口購入したかなど過去の情報は移管されず、その移管時の情報だけ。
私の場合、銀行から楽天証券に移管したときがまさにそうで、過去の詳細は、もう何も。
※移管時に過去情報もやってくれる場合ってあるんでしょうか???

後あるとするなら、そのインタフェースに慣れているかどうかなどか。
楽天証券はころころ変えてまして、必ずしも自分のニーズにあった改変でないときもあるので、う~んと思うことはあれど、使い勝手がよい方向になっているのは間違いない(はず)なので、まぁ、いいかと。
インターフェースについては、特にネット証券は使い勝手が非常によいので、もし、ネット証券から銀行やネット証券以外の証券会社に移管する場合は注意が必要でしょうね。


さて、私がSBI証券に移管しない理由は、上にある移管時に過去の情報が移管されない(だろうという)ことと、インタフェースに慣れてしまったこと。
この2つです。

楽天という企業自体が嫌いなので、いつか移管してやる!と思ってはいます。
※割引の不正問題が、どうにも企業としておかしいし、対応がひどかったので。

株主優待のための個別株とNISAは、そのままにするとして、メインの大きい金融商品はSBI証券に移ってもいいかな~っと。
でも、たぶん、面倒の一言でそのままにしてしまいそうです。


最初にネット証券を選ぶとき、なぜSBI証券にしなかったんだ!と当時の自分に突っ込みを入れたい気持ちはありますが・・・。
元使っていた銀行に比べれば、楽天証券のインタフェースや管理にいたく感動したことを思い出すなら、当時は後悔が全くありませんでしたしね。
こういうめぐり合わせは、ありますよねぇ。ま、何をメリット、デメリットと考え、そのメリットとデメリットを天秤にかけてどちらがいいか、、、。ポイントを優先するよりも今あるメリットを重視しただけです。まぁ、1.5億円も今となっては2000万円ちょっとなので、正直どうでもいいかなとも思っていますが。


あ、そうそう。
たまにこういう企業のサービスの違いを、良い方に合わせろ!とかいうモンスター客がいますが、ああいう馬鹿は無視するべき。
家電量販店じゃあるまいし、他店より1円でも安くが如く、他店よりサービスが悪かったらすべてそれ以上にしますとかないから。
客としては、サービスが気に入らないのなら、素直に解約して、移ればいいんです。上でも書いた通り、SBI証券が扱っている投資信託は非常に多く、簡単に移管できるでしょうしね。
ま、なったらいいな~くらいの気持ちは、楽天証券メインの人は思うかもしれませんが^^;;


SBI証券のインターフェースがわからない現在、あまり移管に対して興味が薄まっています。
とりあえず、口座を開いていろいろ試してみるのがいいのかもしれません^^


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

僕もこのSBIポイントのネタを記事にしました。
SBIポイントをTポイントに変換したうえでの薬局ウエルシアでの使用が最強だと思います、これならさらに1.5倍になるので、実質0.3%の還元になります。SBIマスターカード保有による現金化よりも効率がいいです。

楽天証券はポイントの上で圧倒的に不利になりましたね。
以前にSBIで対象外になった投信を楽天に移しましたが、その時は移管ではなく売却した上で出金しさらに楽天に入金して買い付けました。これだと特に手数料はかかりません。数日のタイムラグがあるので価格変動が怖いですが長い目でみたら大した変動じゃないはすから。
注意すべきは利益があると売却に課税がかかることです。なので昨年の英国EU離脱とかなんらかのショック時で含み損を持っているときにこの方法で乗り換えるのがベストですね。


インターフェースについては数日であっさりなれるので全く問題はありません。
ある証券会社のサイトが特段に見づらいなんてことはありません。
こっちの自転車のほうが乗り慣れているからあちらの自転車は乗れないかも、というのと同じくらい大した問題ではないです。
新しい自転車に乗ってもすぐ慣れるのと同じです。

No title

> 招き猫の右手 さん

自転車の例は、、、私が趣味で自転車をしているので、結構拘ったりしています。
ま、例としての意味は理解していますので^^

ウェルシアは、最寄りにないのでなんとも言えませんが、これも言いたいことは分かります。

売却の件も理解できます。ただ、私の場合、アクティブファンドだったこともあって、売買手数料も信託財産留保金もかかりまして、その方法が使えなかった。

結局、過去実績が全く見れなくなるデメリットが、なんでしょうね。
だから、今最後のグローバルリートを手放したとき、SBI証券も面白そうという話になりそうです。
今は、このリートを保有し続ける限り、楽天証券になりそうです。
※シミュレーション好きとしては、毎月積み立てや再投資等で、口数や基準価額が変わった情報を保持し続けて、そのうちシミュレーションに役立てられないかな~という考えがありまして^^;;。
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング