「マンション発売、24年ぶり低水準=価格高騰で需要冷え込み―16年首都圏」を読んで

●時事ドットコムニュースより
「マンション発売、24年ぶり低水準=価格高騰で需要冷え込み―16年首都圏」

ここ数年で2~3割上がった首都圏のマンション。
上がる前の価格なら、魅力もないこともなかったのですが、今のこの高い価格では到底手が出ない。

以下引用
「1戸当たりの平均価格は0.5%下落し、5490万円。」
もう苦笑するしかありませんね。

平均でこれです。3000万円の物件と8000万円の物件があったなら、その平均は5500万円。
千葉や埼玉、茨城に栃木、群馬等々、首都圏の田舎のちょっと都心から遠い物件なら3000万円くらいも多くあります。2000万円だってあるくらいです。
逆に都内の利便性のよい場所にあるマンション、山手線内だったり、中央線沿線だったり。ちょっと駅まで5分くらいでも、そして広さも70~80m^2くらいでも人気のある駅なら8000万円ですら購入できなかったりします。下手しなくとも1億円オーバーだって珍しくもなく。

う~ん、誰が買うのですか?と。
1億円の物件があったとして、もし数年前なら、それは7000万円とか8000万円程度だったんです。
そう思うと、住宅事情、特に都内の新築マンションを追って見ていると、とてもじゃないけれども購入できる費用を超えてしまいます。

都内で、ちょっと利便性がよい70m^2の新築マンション。新宿や東京などの都心の真ん中に出るのだって30分くらい。
そんな物件がもしあったとして、その価格が5000万円台とか、6000万円台ならともかく、もうね。
5年位前からずっと首都圏の、それも都市部の新築マンションを追って見ていた自分からすると、もう高くなり過ぎたという感想しか覚えません。坪300万円が安いと感じている時点で、もう価格がおかしい。今、本当に利便性よいマンションで探そうとしたら坪400万円からになることも少なくなく。いやぁ、、、普通のサラリーマンには、無理な価格になってきています。


それにしても、平均価格が約5500万円とは。
その平均価格のマンションだって、かなり大変な額だと思うのですよね。
本気で欲しいと思うのなら、頭金3000万円で、残り2500万円くらいをローンにしたい(当然、頭金を支払った後に500~1000万円くらいは残したい)。


ですが、1つ考えておきたいことはあります。
首都圏の地方で、都心に出るのは1時間半とか2時間。でも、新築マンションが2000万円程度!
とか、、、それ、もし不要になったとき、まず間違いなく売れないから。それを気を付けたほうがいい。

本リンク記事を見るまでもなく、少子高齢化、人口減を考えるなら、一部の利便性よいマンションや戸建てを除くと、需要が本当になくなってしまう可能性すらあると。
もう、完全リタイアして、少々不便でも悠々自適にのんびりするというのならともかく、仕事や子供の学校等を考えると、値段だけで考えるのはきっついように思っています。


ま、全部キャッシュで購入できるくらい、多くの資産を貯めるよう努力しておくのが一番よさそうだけれども。

オリンピックまで、住宅、特に新築マンションはどうなるか興味深く見続けたいと思ってはいます。
手がでませんけれどもね・・・。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング