下流、底辺の条件になり得ると思うこと

他の何をも除外して考えるとして、1日の食費を1000円で済ます事が難しいと感じる人。

お酒を飲もうが、食パンだけでもいいし、自炊でも外食でも何でもいいのだけれども。
1日1000円でなく、1か月3万円でもいい。

どちらにしても、それで食費を抑えることができない人は、たぶん何をしても抑えられない。
難易度が高いとも思えないことにも関わらず、工夫を凝らして抑えようという意識ができない時点でアウト!

●JCASTニュースより
「「使えるお金1日1000円しかない」 生活保護受給者の発言に異論」

上記リンク記事の場合と私の提示した条件は必ずしも同じでなく、私の方が緩やかではあります。
1日1000円程度の食費を賄えない人は、幼少の頃より生活を工夫することで生活費を抑えるとか、今ある資金に対する支出を計画的にどうしてもできないという人だろうと、ほぼ断言できるのではなかろうか。

一事が万事、そのように計画的に支出を管理することができないのなら、それが年オーダー、まして一生の生活計画を考えたときにできるわけがない。

逆に言うなら小さくも数日、数週間、数か月と、個々の期間で計画的に支出を管理できるなら下流や底辺のままから脱出することが可能だとも。


結局、想像力の欠如になるのか?
今、どのような生活をすれば、将来どうなるかということを想像する、そういう能力。

今回は、リンク記事の本来の言い分とは関係なく、ただ1000円という額と、その収入と支出のバランスの観点から。
何にどれくらい使うと1000円では足りないのか、本気でわからない。
お金がある人が1日1000円だろうが1万円、10万円と使おうと関係ない。
1000円しか使えない状況において、その1000円しかないと1000円を使い切ってしまうのなら、この1000円しか使えない状況というのは改善しないだろう。

なお、本記事自体がリンク記事よりずれた記事としていますため、直接関係ないのですが。
この記事のコメント・口コミを読むと面白い。

現行の生活保護に対する不平不満が渦巻いているのがわかるというもの。

下流・底辺はなるべくしてなる。
そして、1000円という、ただそれだけの金額をして、どのように消費していくか。その1つをとっても分かるのではなかろうかと思うところ。


お金を使うというのは、簡単に誰でもできるということの反面、計画的に意識をもってということが難しいのかもしれない。

金融リテラシーには、お金を使うという観点での項目はなかったと思うが、どのように使うのかという観点でも各個人はレベルを上げていく必要があるのではなかろうか?
どうだろうか?



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング