有機ELテレビの始まりとオリンピック

昔、ソニーから有機ELテレビ(XEL-1)が出たのはもう10年近く前。
その後、新しい製品は出ず、そして生産完了。

歩留まりが悪い、また大型化がむつかしいなどあまり良いうわさはなく、そして市場から消えていきました。
小さすぎて、値段が高すぎた。
11型で20万円くらいしたのじゃなかろうか?
高さよりも、あまりに画面サイズが小さいので興味が持てなかったのが当時。

さて、今有機ELテレビを見ると、LGより65インチくらいまでが出ています。
家電量販店に行くと、同じメーカの同じサイズの有機ELテレビと液晶テレビとが同じ映像を流し比較しています。
はっきりと黒が違う。メリハリも違い、サンプル画像の太陽のフレアなどは、本当にきれいに見えます。

昨日11日でしたか、東芝のレグザが新しい有機ELテレビの発表を。
日本メーカがLGあたりからパネルを購入してエンジン等を日本で開発するとしても、早くても2018年や2019年、そう東京オリンピックに間に合わせる程度で開発しているのではないかな?と思っていただけにちょっとびっくりしました。
東芝は、大体秋ごろに新製品の発表があります。最上位機種のZ20Xの後継機が秋に発表なく、年明けにということだったので、マイナーチェンジ程度だろうと思い、あまり興味もなかっただけに。いや、日本メーカが有機ELテレビを出すにしても最初はパナソニックだろうと思っていました。そういう噂もあったので。
なので、あの東芝が、と本当にびっくりしましたね。

65型が90万円、55型が70万円程度になりそうだとか。
数年でそこそこ下がったとしても、オリンピック間近でも65型が50万円前後がいいところかなと思っています。
液晶でも、PDPでも、最初は最上位機種が100万円前後から始まることが多かっただけに。
そして、徐々に値段が下がって、数年後に半分くらいになるかと。現時点ではそうなるといいな的な感想です。


私の場合、もし将来テレビを購入するにしても、地デジにしてもBSにしても見るつもりはないでしょうけどね。
PCを経由して映画を見るとか、4Kのブルーレイの環境を組んだ後にとか、そういう使い方になりそう。
まぁ、急ぐ必要ありませんし、都合のよい大きさかつ値段になるまで待てばいいかなと。

可能ならPC用に兼ねたいですが、まぁ、これは無理でしょう。
40型のディスプレイなんか目の前にあると本当に大きいから、違う意味できつい(30数型くらいならそうでもない)。


需要を考えると有機ELに明日もなければ意味も薄いと考えています。
むしろ有機ELなんて捨てて液晶の最上位機種を安く、そう55型や65型が10万円台とか20万円台になるような、そういう風な戦略を持った方がいいと。
有機ELはきれいなんです。本当に液晶とは黒が特に見てすぐにわかるくらい違うんです。

ですが、その違いは横に液晶テレビがあってからこそ。もし液晶テレビしかない環境で、その液晶テレビを見るならそれで十分になります。それこそ、その違いに気が付き有機ELしかないと思う人なんて、1000人に1人もいないのではなかろうかと思う。


またかよ、過剰スペックだよ、でも、それはそれでいい!と思う。
でも、普及しないし、メーカーの稼ぎ頭にもならないだろうと思う。

有機ELが将来普及するにしても、そこにのめり込むのは、日本メーカとしてどうなんだろうか?
もう、TVというものから手を引いた方がいいと思います。
格安な普及帯で、海外メーカに勝てると思えないだけに。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング