住宅なんて負債にしかならない、さぁ賃貸にしよう!

多くはそうなると考えています。

●現代ビジネス より
「日本の住宅が「資産」ではなくなる日 〜空き家急増という大問題」

とても良い記事です。
ちょっと長いですが、すべて読むといいかもしれません。

どこでも家を建てることができ、車などの交通手段が確保できれば、利便性も悪くない。
これがダメと言う。うんうん。

考えてみれば、面白い。
車がなくては地方は生活ができない!と言い、
安いからと言って郊外に家を建てる。
自分から車がないと生活ができない方向に進みながら、それを理由とする。

面白い。確かに車がないと生活はできませんね(苦笑


少子高齢化が進んだ社会では、老人たちの社会保障を無視することはできない。
介護が大変で、それに従事されている職員さんたちには頭が下がる思いです。
今の介護は担い手が安月給で多く労働することで成り立っている面があります。
介護を職として、食べていけない!という話も当たり前になりつつあります。

介護をもっと真剣に考えるなら、もっと費用を高くして、それに従事する末端の方々も食べていけるようにしないと。
国や行政で資金に無理があるなら、それを各個人や家庭で出すのが適当だ。
それができないというのなら、介護が必要とする人を集めて効率よくやるしかないかなと。
余裕な資産が多くあり、高級老人ホームに入れる人なら、そんなことを意識する必要すらないが。
資産に余裕がないのなら、そういうことも考えていくべきなのではないかなと。


さて、話はもとに戻すとして。
一部の住宅を除いて、そして数十年後を考えてみれば、
だれがそんな田舎の周りに何もない戸建てなんて欲しいと思うものか!
とか
築数十年の老人たちしか住んでいない廃墟のようなマンションに住みたいと思うものか!
とか
そんな声が出てきそうだ。

そして、逆に言うなら、都心の駅、徒歩5分以内の住宅とか、将来を見越しても相応数の人が住みたいと思えるような物件は・・・
高い、高すぎる!坪300万円以上とか、なんの虐めだ!(苦笑

だから、住宅なんて買わずに賃貸がいいのではないかと思う。
リンク記事でもわかるよう、空き家なんてどこにでもあるようになると。
そうなら、ずっと賃貸でいて、もう固定の地域に住もうと思ったとき、その空き家を購入できる程度の余裕資金があればいい。

60歳までは、好きな場所を賃貸で。60歳超えてリタイア生活に入ったのならちょっとや安目の中古物件を購入して、あとは年金生活を悠々自適に!

そんな住宅とのかかわり方が一番よいのではないかと。

ん?私?持ち家ですが^^。たぶん、数年もすれば今保有の住宅の大半は売却して、別のところに住みそうです。賃貸でもいいですしね。格安の中古物件を複数保有して、四季が変わるたびに住み分ける。いやぁ、さすがにないか^^;;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング