どこまでの不便に耐えられるか

嫌いなら独り言のブログなんて見にこなければいいのに。嫌いだけど見にくるじゃなくって、完全に来ないのがいいですってば^^。どんだけツンデレなんだ(爆笑


さて、私は生活のなかで、利便性をかなり重要視しています。
通勤時間が長いこと自体は、学生時代から通学時間や通勤時間が長かったのであまり苦にならないのですが、駅から家や会社など目的地が遠いのはちょっと・・・。また、食事や買い物、病院等、それらが近いに越したことないと思っているので、そういう施設がたくさん近くにあることをかなり重要視しています。

将来、限界集落となるような、そんな地域には、家賃が0円でも住みたくないと思っています。


さて、現代日本の場合、利便性を求めると必然的に駅近となってきます。
駅近に住んでいると、正月とかお盆とかでも、24時間、365日お店が空いていますので、それこそ冷蔵庫に何もなくとも食べるものに困ることはありえません。

ちょっとコンビニに、ちょっとファミレスに、ちょっとスーパーに、、、と。
40年近く前、私がまだ小さかったころ、まだコンビニエンスストアはありませんでした。実家の家から数百メートル先にセブンイレブンができたのは、小学生は低学年の頃だったと思います。逆にそれより以前、近くにあるのは個人の商店だったり、ちょっと家から歩いて行けるくらいにあった商店街だったり。そしてその商店や商店街の場合、正月やお盆は休みでしたし、夜遅くまで店もやってなかったと思います。


もし、正月やお盆、また土日などでもお店が休みで、平日なども夜の19時くらいに閉店してしまうこととなるなら・・・。
相応の食材を平日に購入し、また自炊などもできないと非常に困りそうです。

車などはどうだろうか?
今も昔も免許はあれど、車に興味のない私からすれば、車のどこが楽しいかよくわかりません。そう、自転車のが楽しいってば、何せエコです!(にやり。40~50km走った後に飲む冷たい緑茶のおいしいこと、是非是非!。いや、思い切り脱線したか。
昔、といっても私が生まれる前の、両親たちや祖父母がまだまだ若かりし頃、そう、昭和でいうと30年や40年代の頃を考えてみれば、車なんて高嶺の花だったでしょう。今のように家庭に1台どころか、1人1台なんてありえません。TVなんかもそうですが、そんなものがないことが一般的な家庭だったころを思えば、車がないことのほうがデフォルトだったということです。

商店は、開いている時間は短く。
車などの今では普通となっている交通手段もなく。

そんな不便な世の中に戻ることができるかどうか。
先日、ニュースになっていたロイホの24時間営業廃止は、画期的なものだと思いますが、上記のような店の大半は常に開いているようなことはなく、そして車も持てない・・・そんな時代に逆行するようなことまでできるか??

まぁ、無理でしょう。言うだけ無駄のような気がします。

ロイホの件は、かなり多くの人に好意的に見られましたが、それでは、ほぼすべての店で同じようなことになったら??
ロイホだけだからOKとしているだけ。ロイホなんて店舗数が多くもありませんからね。

不便を好意的に見ているのは、自分に影響のない範囲だから。
それだけでしかないように思えます。

利便性が安価で提供される現在は、ある意味過剰すぎる。
でも、過剰大好き日本の場合、少子高齢化による弊害で労働人口が極端に減らない限り、改善もされないような気がします。
ファーストフードやコンビニエンスストア、人が足りないなら、老人を雇えばいいじゃまいか?
そういう老人を雇うことが当たり前になるか、世の中が不便になるか、、、
さて、どちらになると思う?


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング