私の個人型確定拠出年金(iDeCo)戦略

戦略も何も現在も調査中ではありますが。
今メインで利用している楽天証券さんで、そのまま個人型確定拠出年金(iDeCo)を行うつもりです。
ですので、証券会社に資料を送ってもらうようにして、来年1月からの積み立て(積み立ては来年のみ。再来年は1月に上限額全部いれてしまうつもり)に向けて準備といったところです。

さて、そもそも個人型確定拠出年金にて、どのようなことを期待して、どのような資金投入をするかの検討ですが・・・。
・楽天証券の場合、投資信託として20数商品。元本保証として1商品あります。「確定拠出年金の商品ラインアップ発表」
⇒この中から、自分に適したものを選択。
・月々上限額である23,000円を投入。2018年からは、年単位になるらしいので、上限額を1月に投入。
⇒NISAの120万円も含めると約150万円分を1月に準備しておこう!

さて、以下が私の個人型確定拠出年金の戦略(笑)というか方針
1)サラリーマンを続ける限り上限額を投入し、全額が所得控除になることをいいことに節税に励む!
2)運用益なんて考えない、1)の控除分で十分であり、元本保証の定期預金でいく。今のような相場に投資信託に入れない。
3)市場が暴落したりした場合、2)の定期預金をスイッチングして投資信託に変更する。何にするかはそのときに検討

2)の控除による効果があまりに大きすぎて、この個人型確定拠出年金で運用益なんて考えません。
あまりに額が小さいので、どうでもいいから。なら、最初からリートでいいのでは?とか突っ込まれるかもしれませんが、確かに。ですが、今リートはさすがに悪手。新興国や先進国の株式や債券を見ても、どうにも食指が動かない。どうでもいいと思うなら、定期預金でいいやってことで。増えないけれども、絶対に減りませんからね。検討する時間を含めて、個人型確定拠出年金で時間をかけるつもりがないということです。

私の勘違いなどもあるかもしれませんが、現時点の個人型確定拠出年金への方針です。

どんなに運用がうまく回ったところで、控除のメリットを上回ることがありませんし。
そもそも、投資による運用益をこんな少額のところでメリットになりえませんからね。数十万円のレベルが2倍になるより、数千万円が10%でも上がった方が影響度が大きいです。その数千万円をNISAとか個人型確定拠出年金に投入できない時点で、考えるだけ無駄。

あるとするなら、個人型確定拠出年金で元本保証型の定期預金で金利が高い銀行や証券会社がほかにあるかどうか。
それを調査するくらいですね。
大きい利率差があるわけじゃなさそうなので、そのまま楽天証券にしてしまいそうですが。

運用益だけを見ていたこともあって個人型確定拠出年金なんて興味がなかった自分ですが、控除のメリットを見落としていたのは反省。まぁ、始まる前に気が付けてよかった。それを見落としたからといって、資産形成に寄与するものでもありませんが、折角節税ができる仕組みで、デメリットも皆無に近い(こんな少額、おろさなくたってデメリットになりえず)ならやらない手はないかと。

1つあるとするなら、
先の記事でも書きましたが、上限額のUPをば~!(苦笑
それだけかな。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング