安値競争、投資信託の未来に対する雑感

●モーニングスターより
「信託財産留保額」

物には、適正価格というものがあります。
安ければいいと思うのは勝手ではありますが、それで健全な経営だったり、商品の販売だったり続くわけもないと思っています。

投資信託に関していうなら、ネット証券などよりノーロードが多く販売されています。
信託報酬の値下げ合戦もくるところまで来ており、もし信託財産留保額がなくノーロードの商品ばかりなら、個人投資家は容易に乗り換えるでしょう。そう、ボタンをぽちぽちっと、数日もかければ終わる話ですから。簡単ですよね、非常に。

これが過剰に進んだ未来を予想するなら、ノーロードかつ、信託財産留保額は0%。信託報酬も限りなく0%に近い投資信託だけが生き残ることに。まして、ETFやインデックスファンドなら、同じような銘柄が多く。同じなら上記のような安い投資信託だけが購入されることに。高くてもその銘柄に思い入れがある、高いといっても0.0何%程度だからわざわざ乗り換えしないといった人を別とするなら、安い方に乗り換えるのは合理的だ。
同じような金融商品なら、上がるも下がるも同じようなもの。それなら、ってことで。

低コストな投資信託が発表され、多くの個人投資家が乗り換える。多くの非常にたくさんの投資家をして、多くの資金を集められなければ、その投資信託は終わりだ。償還される未来しか見えない。だから、多くの非常に多くの資金を集めようとするだろう。過当競争の始まりだ。体力が一番ある金融機関だけが生き残り、そこにはその金融商品しか残らない。2番じゃダメなんですか?と言っていた自分だけに非常に甘い民進党党首じゃありませんが、たぶん、2番じゃ生き残れない。そこには1番だけが生き残る、そんな熾烈な競争が残るだけになるのではなかろうか。

一社になって寡占だか独占のような状況になったところで、信託報酬を上げたりしたなら、即他社に巻き返されるだろうと。

さて、この過当競争のような適正とも思えない競争はいつまで続きますかね?
多くの資金を集めたとしても、たいして儲けに繋がらないのなら、もう辞めた~っとなりませんかね?どうだろう??


事は、日本において、どこまでこれら投資信託が買われるか?というような気もする。
アメリカさんとは規模が違いますからね。本当に。

端から見る限り、がんばれ~って感じ。
インデックスやETF程度の利回りじゃ面白味がないと思っている自分からすると、興味が持てませんからね。
いつものように思うは、投資先なんてどうでもいい。売買するタイミングが大きく影響を与えることを思うなら、そのタイミングを見て、今は静観しているのがよさそうだ。ま、余剰資金を多く作る、その行動こそが、今は正しいと思うだけに。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

利益が出るか出ないかという判断でいいのではないでしょうか。
信託報酬下げているのは、もともとコストが低いインデックスファンドです。
投資信託は物を作っているわけではないので、製造コストはかかりません。
ソフトウェアと同じで一旦、設計して作ってしまえば、あとは手間がかかりません。
株なので、量には限りがあるでしょうけど世界規模で考えれば、十分な量があると考えていいと思います。
下げた信託報酬以上に、ファンドが売れればトータルでは利益は出ると思います。
コストを下げすぎてファンドを維持できなくなって消滅は困りますが、利益が出る範囲でコスト下げ競争はやってくれよと言いたいです。

No title

> 見知らぬ男 さん

指数と乖離しないよう、設定の変更等ありませぬ?まぁ、ソフトの改変を伴うものまででないなら、コストなんて大きくかからないのかもしれませんが。

世界規模ならいいのですが、日本のファンドの場合、そもそも元本保証好きの日本の場合、パイが小さく。
また、ETFやインデックス投資のような地味な投資を好まない人も少なくないなら、さらにパイは小さく。
そうすると、日本においてETFやインデックスが多くの利益を求めるなら、NO1になり他の同様なETFやインデックスを蹴散らすくらい資金を集めないと旨味ある商品にならないんじゃなかろか、と。

利益を求める民間企業において、利益が見込めないなら、いきなり償還だってあるでしょう。
過当競争に勝ち残ったけれども、世界的な不況に陥り、利益どころか損失が出る規模になってしまった・・・そして償還する。

そんな最悪の未来となりませんように~っといったところでしょうか。
プロフィール

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング