災害で持ち家と賃貸を判断するのは、違うと思う

地震や火山など、何十年どころか何百年、何千年に一度の災害の場合、避けようと思ったところで避けれると思っていません。
たまたま、旅行で、出張でいったところで災害に合うことだって、災害大国日本の場合、ないとはいいきれません。

先日の鳥取地震の場合も、未知なる断層で発生したとのこと。
知られていない断層まで考えたなら、日本になんて住めません。

結局、確率で考えるしかなく、ある程度予防なり回避なりして災害にあってしまうなら、もう諦めるしかなかろう。
天命をして、、、って感じです。

さて、たま~に、災害があると賃貸でよかったとか、持ち家はリスクが高いとか、ちょっとどうかなという意見を言われる方がいます。

災害を考えるとき、それはその家が無事でいられるかが最重要であり、持ち家や賃貸といった話は、ちょっと話の軸として違うのではないかと。家賃が安いけれども、新しい建築基準法前の物件で、大きい地震が発生したとき倒壊したじゃ、危なすぎるというもの。

むしろ、災害を考えるなら、安全な地震対策を施した戸建てでも作ったほうがよさそうだし、地震が少ない地域に引っ越しをしたほうがよい(その引っ越しで回避できない可能性もある)。


災害が、という意見の大半といわないまでも、少なくない数の人が、災害を理由に買わない理由づくりをしているだけに見えてしまう。


私としては、災害と持ち家、賃貸は関係ないと。

とはいえ、持ち家に関しては住宅ローンを多く借りてぎりぎりの生活をするような人の場合は、災害も注意が必要かと。
持ち家なんかより、賃貸をして気軽に住み替えできるような、そんな生活のほうがよさそう。

これから、人口減によって、地方でなくても郊外の物件なんて安くなる一方だと予想しています。
だから、20~30年くらい賃貸でいて、上記のような郊外物件が安くなって、もしそれが災害で壊れようとも大した損失にならない状況になってから、初めて持ち家にするという選択肢が非常に有効じゃないかと思っています。

だから、20~30年後に中古のよさそうな郊外物件をキャッシュで購入できる程度の資金を用意し、それまでは賃貸でいろんな物件を楽しむのがよさそうだ。結局、住宅に何を求めるかなんだろうとも。

なんにせよ、災害が発生しても安全な住居(できれば賃貸)に住みつつ、将来は安くなった中古物件をキャッシュで購入!
それが正解に近いのではなかろうか。


震度3や4に慣れてしまっている自分がいますが、この頃地震が多いですよね。
東海地震にしても、関東大震災にしても、生きているうちに来るのだろうか・・・
災害対策と、資金面での対策は、十分になるように心がけておきたいものです。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング