テレビ嫌いは、どこからくるのだろうか?

●しらべぇより
「「嫌いなテレビ局」はNHKとフジ では「好きなテレビ局」はどこ?」

テレビ局の好き嫌いというより、テレビが嫌いなのか?と思われるアンケートがあったようです。
面白いですね。

20年や30年前じゃあるまいし、多種多様な情報にアクセスする方法なんて、非常に多くあります。
テレビが必須、テレビを漫然と見ているより、スマホで情報収集やゲームのが楽しいといった感じなのでしょうか?
既存メディアは、面白くないと思われているということなんでしょうか。

新聞も同じですよね。既存メディアとしての情報発信は、正確かつすばやく発信されないと、スマホで収集できる情報に負けてしまいますからね。今日の天気はどうなんだろう?、何か大きなニュースがないかな?くらいの話なら、スマホでちょっとニュースサイトで情報を収集すればいいだけですから、そこにテレビや新聞が入り込む余地は少なさそうだ。


テレビでも新聞でも、視聴者や読者が欲しい情報を他の媒体より正確かつすばやく、また深く掘り下げて発信できるような形にならないと、なかなか難しそうに思う。
いや、違うか?
そういう情報を欲している人は、テレビや新聞以外の媒体で寧ろ専門に特化した媒体から情報を収集しそうだ。そう、お金を支払ってでもね。

ことは、好き嫌いというような問題ではなく、既存のメディアとして、情報発信をどのようにやっていくのか?、また、どういう情報を視聴者や読者が求めているか、そのリサーチが上手く行かないと、一挙に没落してしまいそう。

20代、30代のアンケートの結果を見ると、リンク記事にもあるようにテレビの将来は暗そう。

双方向性による多数の視聴者参加型・・・う~ん、たぶんそんなのじゃ駄目っぽい。

面白い、ためになる、そんな感想を多く覚えるような番組が多くない限り、凋落は止まらないような気がする。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

もうTVの時代は終わり、これから徐々に崩壊をみていくことになると思います。
もっともラジオのように細々と続いてはいくと思います。
広告代理店やスポンサーの意見を代弁したり、彼らの都合のいい洗脳をまき散らすだけの箱(今なら板?)ということが分かってしまっているので、老人以外は誰も観なくなるでしょう。
逆にダメになって底の底まで落ちればその時何か変化があるかもしれませんね。

No title

> 招き猫の右手 さん

テレビを見ている世代が減り、広告効果が減るなら、スポンサーはそのメディアから離れていくことは必死かと。
そのまま無くなるのか、一念発起して大改革が起こりよい番組ができるのか。
私は、前者だと思っています^^
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング