長時間労働、ハラスメント、協力ない状態

仕事をしていて何が一番きっついか?ということの考えの差異が、個人の考えだったり、職場や会社の働き方だったり、個々別々で違いすぎる。


長時間労働の場合、やっぱりアラフォーとなり、若い頃ほど無茶をできなくなってきた昨今、疲れが取れない~とか、ドライアイになったとか、腰痛が~とか、いろんな肉体的な疾病に繋がることは十分に考えられるし、実際そうなんだろう。
私もアラフォーから40代半ばとなって、休日出勤三昧とか残業三昧とか、やっぱりきつくなってきましたね。つ、疲れが取れない(苦笑
20代の頃なんて、終電まで頑張った翌土曜日に早朝からスキーに行ったりしてましたし。若いっていいですよね~、まぁ、スキー場では、早々にへたばってレストランや温泉で寛いでましたが^^;。今じゃ無理するくらいなら泊まる!、ゆっくり温泉を楽しみ美味しいものを食べつつ、スキーは数時間程度ってのが多くなってきたようだ。ま、年だし。

っと、脱線した。元に戻そう。

どんなプロジェクトだって、位置づけがある。末端の作業員、サブリーダー、リーダー、管理者などなど。
どの位置づけだって、仕事をするには他人との関わりがある。
往々にして非常にタイトなプロジェクトの場合、メンバに余裕はなく、いきなり入ったとしてもそれなりに動くことが求められる。
これが結構大変。
同じような状況を何度も経験していれば、その中からでも自分から動くことができるけれども。
新人や若手の場合、今までやったことがないと、何から始めてよいか分からなかったりする。
ただただ時間がだけが過ぎ、結局何もやっていない。
そして、上司や先輩に相談しても、今ちょっと手を離せないから後で、と言われ放置。
自分から能動的に動く方法をしらないから、待つだけ。そして待つだけが問題だとしても、解決するように動けない。

これ、普通にある話ですが、きっつい。特に上で書いたような新人や若手には。
なまじ優秀な人材と期待されてきた人なら、今までの人材と同程度のことは期待される。
本人からすれば、何をしてよいか、相談もできず、そして何もしていなかった待っていたことに対して、批判される。
きっつい。


逆に、何をやるか明確な人ならどうだろうか?
仕事の進め方を最初から説明を受け、分からないところ相談しても、先輩にしても上司にしても明確な指示を得られる。
作業量は多いけれども、やっている達成感もあれば、上司や先輩なども親切に説明や一緒に頑張ろうという意思が見える。
これ、大変ですか?、楽しいんじゃない?と思っている私は、自他共に認める社畜ですが、達成感ある仕事なんて面白くて仕方ないと思うのは異常なんだろうか?どうだろう???


会社に余裕がないのならともかく、大企業や上場会社ともなれば、法を遵守することが求められる。


本の数年前までは、仕事優先で残業や休日出勤をしてでも仕事を終わらせろという風潮が強かったと思う。
では、今は?業界にもよるのかもしれないが、法定労働時間を越えないよう仕事を調整、また一時的に仕事が個人に集中することはあっても、仕事を分散させ多人数引き継ぎさせるようなことが当たり前になってきている。
大手企業は、日本のバブル以降採用を大きく控えていたこともあって、就業者のピラミッドが歪だ。逆ピラミッドといってもいいどころか、20代の若年層が殆どいないことだって珍しくもない(いるのはアラフィフのバブル採用組みばかり。これが玉石混淆で・・・)。

企業に活力を求めるなら、若手が頑張っている会社でないと。
そこに、新人や若手を磨り潰して、退職させるなんてありえない。そんなことすれば、いつまで経っても若手は育たず、絞まるは自分の首だけに。いつまでも雑用や末端の仕事をしても仕方ない。年齢を経て成長し、そして今までの仕事は若手に。そういう流れが続かない限り、企業の活力なんて小さくなるばかり。

っと、またまた脱線。


ハラスメント。それはセクハラだろうが、パワハラだろうが、論外。寧ろハラスメントを受けた場合、犯罪である可能性が高い。そういうことは、第三者に相談するなり、匿名で連絡するなり、いろいろ動いてしかるべき。それを思い至らないのが新人であり、若手だろう。いや、中堅層だって思い至らないかもしれない。どちらにしても、論外の話である。研修中に、また会社から全社員に対して、アナウンスするなりするべきだと思うところ。

では、職場で協力がない場合はどうか。協力の有無に関係なく成果を求められるのはどうかということ。
これも動ける人材なら問題ないとしても、何をやっていいかわからない人材には厳しい。
でも、そのできないなりに学習して、そして育って欲しいという風土が職場にあったなら・・・。どうしてここで心が折れるのか?そこは奮い立って頑張るところだろうに?!と思っても、時代はそうじゃないんだろう、としか言いようがないのかも。

長時間労働もそう。上で書いたように、個人へ仕事があまりに集中しないよう、過度な負担を分散するよう考えられ始めているのが昨今といった感じか。


先日の記事でも書いたけれども、「ストレスチェック制度」が義務化されるなど、ケアも昔に比べれば充実してきたと思える。
問題は、旧態依然とした上司や経営陣だろうか。
それだって変わってきているのではないか、身に感じている人は増えてきているのではないかと思う。
どうだろうか???企業次第、職場次第、そして上司次第・・・なのかもしれない・・・。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング