リタイア計画と会社

日本のバブル後は、採用を控えたりして、社員調整が行われてきました。
ですが、バブル20年を経過して、その雇用による歪さが顕著になってきています。

社員を見渡したら、じじ~とばば~ばかり。
要するに30代以下の生きのよい者達より、40代以上の給与高く要らない人が少なくない、そういう構成に。

会社としては、やりたいくないことの1つとして早期退社制度があるかと。
退職金を割り増しで沢山あげるので、辞めてください。多くの人が手を挙げることを期待しています!

なんて、ことをすれば、優秀で辞めてもナンとでもなる人材から手を挙げるから。
残るは、ゴミ捨て場の如く、何もできない、そしてただ年齢だけを経ているだけの無能な集団・・・
こうなったら、目も当てれませんから。本当にそうなるかどうか不明ですが、普通にありそうな話で怖い。


さて、自身が40代半ばになってくると、こういう早期退社なんかの話が現実味を帯びてきます。
この手の早期退社の話の場合、多くは40歳以上となっているからです。
もし、早期退社制度の話が出てきた場合、立候補資格があるから。


ですが、上で書いたとおり、辞めて欲しくない人が辞め、辞めて欲しい人が残るから、会社はなかなかこの制度を明確にしてこない。

いっそ、40歳以上の年齢となったとき、会社の制度として早期退社を最初から組み込まれていればいいと思うことも。


働き方というものは、人によって違います。
楽しいと思って仕事をしている人もいれば、お金のためだけに仕事をしている人もいます。
中には、会社に寄生して、いかに仕事をせずに給与を貰うことを考えて仕事している人もいるかもしれません^^;

年齢を経て、健康であるうち仕事を終わらせ、余生というか自分の好きなことをして過ごしたい。
そういう思いがある人なら、この早期退社制度というものを有効利用をしたいと思っている人も少なくなかろう。


いっつかな~?まだかな~??そろそろかな~???
そんな感じで待っている人は少なくなさそうだ。


なお、ここから現実。
早期退社で手を挙げて、辞めたまではいいけれど、資産がそれほど多くない人は働く必要があります。
今まで何十年もやってきた仕事とは別の、まったくの新規の仕事かもしれない。
同じ仕事だとしても、派遣など非正規で雇用され、条件がよくないかもしれない。
割り増しの退職金がなくなった後、今度は辞めたくても辞めれない状況に陥っているかもしれない。
本当に辞めていいのですか?
その時の雰囲気に流されていませんか?
ちゃんと家族に相談をしましたか?
甘い認識での早期リタイアは、自身を含めて、誰一人幸せにならない可能性があることをちゃんと理解してから辞めてくださいね。
ですが、そういう無計画な不要な社員に辞めて貰いたかった会社からすれば、あなたの行動は賞賛されているかもしれません(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング