いまは地価8分の1

●dot. より
「かつては“高嶺の花”ニュータウン いまは地価8分の1 一挙に高齢化」

10数年前、友人の一人が住んでいたので遊びに行ったことがある聖蹟桜ケ丘。
友人の家は、築20年以上の古いアパートの2K。ちょっと山の上の方だったのと、道が入り組んでいるのも相まって、駅前はともかく大変なところに住んでいるなと思ったもの。

まさにこの記事でも。
坂は大変です。年をとったらなおさら。
※坂ある街は、景観がよいところもあるでしょうが、大変だと思います。自転車でもね

なお、高級住宅地が、というよりバブルの全盛の時に購入した物件は、どこもかしこも下落しています。
本来あるべき相場に戻ったとも言えるかと。
これだけの話で不動産がというのは、ちょっと違うと思っています。

日本株だって、バブルの全盛の時に購入していれば、数分の1だって珍しくもない。
大きく下落したという意味では同じでしょう。
※流動性の違いから、売却したいときに売りやすい、売りにくいはあるので、不動産より株のがましでしょうが


子供達が巣立って、老夫婦になったとき、そこは住み易いところかどうか。
20年後や30年後も魅力ある街かどうか。
そこを勘違いすると、とっても残念な結果になります。

一番よいのかどうかわかりませんが、不動産の価値が10分の1どころか0になっても困らない資金があればいい。
そんなところかな。私は、そういう感覚で買いましたからね。やりすぎ!って感じもしますが(苦笑


賃貸は、欲しくない理由にこれを
持ち家派は、反面教師に
どちらも正解でしょう。
20年後や30年後の自分の生活スタイルや今の生活を考えて、家なんて考えればいい。完全なる正解なんて人によって違いますから、一般的に正しいという正解はないのが住宅でしょうから。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

聖蹟桜ヶ丘は映画「耳をすませば」の舞台になったことで有名ですね。
一度訪れてみたいとは思ってますが、確かに地名のとおり丘で坂だらけだとお年寄りには厳しそうです。
でも、各地にある「なんとかニュータウン」みたいな住宅地ってほとんど丘(山)の上なんですよね。
車の運転も出来なくなった場合の事を考えると、終の棲家にするのは考えた方が良さそうです。

No title

> ニャーゴ さん

坂は大変です。
特に急な坂だと、自転車じゃ無理。
平坦な方が、生活楽ですやね。
まぁ、足腰鍛えたいなら、いいのかもしれませんが^^

聖蹟桜ケ丘

リンク先の記事

聖蹟桜ケ丘でバブルの天井から
1/8 って本当かなと思って調べてみました

公示地価と基準地価の平均を見たところでは1/4程度
ちなみに成城学園は1/6程度でしたw

地元不動産屋の話という
実勢価格ベースとはいえ
ちょっと盛ってるような気がしました

テーマありきでまとめた記事なんだろうなと
邪推してしまいました

>本来あるべき相場に戻った

たしかに、ここ数年間はずっと横ばいですね

No title

> 消費しないピノキオ さん

思うに、一番高かった物件と安かった物件の比較かもしれません。
平均的な比較で1/8とは、どこにも書いていない(笑

23区を除いた多摩地区。
東京だって平坦な土地もあれば、山や坂が多い地域もあります。
人気がなくなっていく地域は、残念ながら、これから更なる発展もないでしょう。
将来を見越して、終の棲家を選びたいものです
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング