少額投資非課税制度で資産形成なんて考えたこともない

小額だからなぁ・・・
せめて年間300万円くらいあればなぁ・・・

「資産形成=億り人」と定義するなら、少額投資非課税制度で資産形成なんて無理だなぁ。

少額投資非課税制度に人は何を期待しているのか?

こんな制度を改善していくより、税率10%の方がどれだけ資産形成に役立つか分からない人はいないと思うのだけれども。

もし、税率10%が継続していたら、とタラレバはいけないのだけれども、思うことが。
2014年1月以降で貰った配当(投資信託の場合は普通分配)が2600万円くらい、株の利益は1100万円くらいか。足すと3600万円。
約20%の税が引かれたけれども、これが10%なら、資産は360万円も多かった。
これを多いか少ないかとなかなか微妙な気もするけれども、いや、小さくはないか^^;;

少額投資非課税制度がなければ、10%の復活があるか?ないない(苦笑
少額投資非課税制度があるけど、恒久化や預金型NISAができるか?それも微妙

少額投資非課税制度を考える前に、国民の資産形成と税制をどのようにするべきかの議論が不足しているのではないかと。
何かよい税制より、国民1人1人の資産形成が十分となり、その結果として社会保障費を削減できることなら、良いことだらけなんだろうけど。結局10%のときだって、そんなことはありえなかったことを思えば、やっぱり10%に戻ることもなさそうだ。
少額投資非課税制度は、やっぱり小額だからなぁ・・・

寧ろ無いほうが、個人投資家が迷わなくていいような気もする。
わざわざ120万円という金額を捻出して、遊ぶにしても、制度が微妙すぎ~
積み立て型?額が減って、まったくもって興味がありません(苦笑

なんか、迷走しているような、そんな感想


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

ところで。。。

非課税メリットを生かし積極的に運用しようと言われる確定拠出年金・企業型ですが、『ダイヤモンドザイ』の企業アンケート調査によると、確定給付年金との割合がいろいろでバラつきがありました。
導入していても確定拠出の部分が10%から100%まで…企業によりいろいろ。
アンケート結果は、20~30%台が最多で、20%未満と合わせて全体の51%でした。
一方、80以上や100%も18%あり。
100%の場合、かなり慎重に運用を考えないと、のアドバイスがありました(当然ですね)。

当然、自分の勤務先がどういう内容か皆さん知って考えていると思いますが、誰でも彼でも「イエーイ!」って訳じゃないですね。

個別にみたら大ざっぱに言って老舗、大手などは確定拠出の割合が低めでした。
銀行、証券、保険は導入は早いところが多かったけど、割合は高いところで41%で、10%が他業種より多い…。退職一時金もほぼあり。
社員は大事にする金融界?

情報・通信とサービスは100%のところが他より多く退職一時金もない企業も…。オニ年金?

アンケートに回答するだけ良心的ですね。違うかな?
先月号のザイの記事でした。

No title

> みずほ さん

うちの会社の場合、たしか企業型がなかったんです。
だから、興味はあっても、全く調べていません。
う~ん、だから、コメントの意味が理解できなかったりします^^;; すみません。

ワオ。そうですね

自分勝手なコメントをいたしまして大変失礼しました(-o-;)
このZAiの記事、「ハッ!」としたので。。。
見出しに「知らないと老後資金が目減りする3つの重要ポイント」とあり、1つ目が「年金・退職金全体の中で確定‘給付’年金がどのくらいの割合を占めているのか」でした。

給付年金は…、会社の責任で運用して約束した額を払ってくれる。
拠出年金は…、増えるか減るかは自分の運用の結果次第。

だから、約束した額(予定利率2~3%が多いそう)の部分が大きい方が大損する可能性は少ない…。
記事では「例えば確定拠出年金の比率が10%なら、もし運用がうまくいかなくても9割は確保されるから、思い切りリスクを取って上積みを狙ってもいい。」し、逆に「運用の結果で目減りしてもダメージは少ないと考えて、敢えてリスクを取らない手もある。」と。

そして、アンケート結果を見ると、一流企業ほど確定拠出年金の比率が少ない(バラつきはある)。

今まで、メリットがあるし長期分散投資なら目一杯利用しようyes、と投資家界隈で言われていた気がするけど、うちの場合、アンケート平均より比率が大きいので、ちょっと心配になり焦りました(>_<)
どこも同じようなものかと思ってたら、社員を守る会社は守っている!みたいで。
誰もこの「確認すべき重要なポイント」について言ってなかったです。

まあうちはダンナさんがぼーっとしていてそれが問題なだけか…。
注意すべき点を新たに知って良かったです。

またまた1人喋りをしてしまい、申し訳ありません!適当に読み飛ばしていただけたら幸いです‥。

No title

> みずほ さん

いえいえ、コメント大歓迎です。
ただ、私が知識がないので、よく分かっていないだけですから。

私の場合、厚生年金で支払っており、特に選択肢として広げるつもりもないこともあり、興味があまりなく。
これ以上、年金に関わる必要も低そうと思っています。ただ、単純にどれくらい貰えるか把握している程度ですね。

年金だけで食べれるなど思っていませんから、年金が老後の一助になればと。
もしいろいろ改正があっても、困らない程度の資産を作っておけばいいや、とかなりいい加減です。
そのうち選択肢として、確定拠出年金を選べそうになったとき、ちょっと考えてみる、そんな程度になっちゃいそうです
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング