社会の下層の貧困から抜け出すために

1つ前の記事「マジ貯めないといけない表!(笑」で思ったのは、平均年収程度だと、結構意図して資金を用意しないと、直ぐに貧困に陥る可能性がありそうだということ。シミュレーションとして計算式の妥当性というか、シートに関しては結局没となってしまいましたが、個々の必要な貯蓄率の計算はたぶん正しい。
そう思うと、老後にそこそこの月15~20万円で生活するのも、それなりにタイヘンソウだということか。


お金を貯めること自体は、収支のバランスを良くして、収入>支出にすればいいだけ。
更に言うなら、年間100万円を貯めれる人で、定年まで働くなら、まず老後に問題はなさそうだ。
そこまで資金を集められる人なら、老後やリタイア時にいきなり多額なる無謀な支出をするとも思えず。
20数歳から60数歳の40年間働いた。年間100万円貯めて、今定年となり退職金とあいまって5000万円程度ある。

60歳でも65歳でもいいのだけれども、90数歳くらいまで生きるなら、老後は30年だ。
当然、年金支給もあり、豊かといえないまでも生きていくには困らないだけの資金がある。

そう、平均的な、普通のサラリーマンにおいて、少し収支のバランスを考えて貯めれる体質を持つなら、そこまで老後を心配しなくてもいい。


では、いわゆる下流とか、底辺とか言われている貧困層はどうかといえば・・・
平均的なサラリーマンですら、やっとそこそこの生活ができるということなれば、もっと頑張りや努力が必要だ。
少なくとも、目先の楽しみをして文化的な生活だから、浪費もOK!と言っているようじゃ、下流から抜け出せないことはまず間違いがなさそうだ。


底辺が、そこから抜け出て、やりたいことをやったり、欲しい物を入手したりすることは、底辺以外の人より難易度が高い。
底辺たるもの、収入が平均より少ないと定義するなら、収入不足は、必要貯蓄率に大きく影響するから。
毎月8万円程度。家賃や光熱費、食費等、全ての資金を抑えて生活することが苦なく、楽しめる人ならいいが、普通の人ならもう少しどころか倍以上あったほうが生活は楽だ。

結果的に貧乏だなんて、ありえない。努力が必要と思えない。
ただ、生活レベルを考え、収入が少ないなら、支出を少なくすればよいだけ。生活レベルを上げると、下げるのは至難である。
だから、そのときの浪費は、改まらないし、またやってしまう。そう、支出を抑えることができないということだ。

別に難しいことじゃなかろう。
現にセミリタイアの方々は普通にされていることでもある。
底辺の支出を押さえられない方々が、生活レベルを落とせないとき、それこそ貧困が継続し、そしてそこから抜けれない。
低い生活レベルをすることに努力が必要で、そしてできないというのなら、多くの仕事や手取りのよい仕事をして収入を増やすしかなかろう。

ただお金を使わないというだけで、その後の生活が変わるのなら、これほど簡単なこともなかろう。
できないことの理由をこねくり回したところで、何も改善しないにも関わらず、だ。

できない、やれない、やらない。
最初から諦めて、何もしない。
底辺が続く理由の大きな1つだと思うところ。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング