電子出版と、出版社、そして図書館

将来、どの出版社でも、書籍を電子媒体で提供するようになったとき、人は紙ベースでの本を読むことがなくなっていくのかもしれない。

特に本屋が廃れて久しく、郊外の大型店舗や駅構内の小さい本屋は未だ健在なるも、駅周辺にあった小さい本屋は軒並みつぶれてしまって久しい。本が本当に売れていないのだと思う。昔のように気軽に本屋に立ち寄って、面白そうな本ないかな?と探すこともなくなりつつある。それこそ、本を探すのはAMAZONで、その書評やら要約だけで購入、そういうことも少なくなくといったところか。


さて、電子出版となり困ることがあるとするなら、画集や写真集とか、実際に絵として楽しむようなものくらいか。
小説なんて、特に挿絵があまりないようなものなら、電子出版で困るどころか、手軽に直ぐに購入できるメリットのが大きい。
近場に本屋がないのなら、そういうのは大きなメリットともなるだろう。

まだまだ発展の余地がある電子出版ではあるが、伸びるこそあれ、縮むことはないのではないかと予想している。
全ての出版社が、参加して欲しいと切に思う次第。


さて、ちょっと掲題の図書館について考えてみたい。
本が全て電子出版でカバーできるようになるのなら、図書館はどういう風になるのか?
無料、または補償金を課してKindleを貸して、さぁ、読みたければ読めるだけ読め!
AMAZONをはじめとする読み放題のサービスが世間で一般的になったのなら、そういう本とのかかわり方も強ち無いともいえないのかもしれない。

物理的に大きい図書館というものは、多目的施設に取って代わられ、その一部の部屋で1~2名の職員がKindle経由で本の貸し出しをしている未来が・・・見えるかもしれない?(笑


全てが電子媒体を介した本という物に移行していったとき、図書館も、出版社も、そして本が大好きな人たちも変わっていくし、いかざるを得ないのかもしれない。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング