奨学金で破綻する人は、総額が大きい人

奨学金を借りても問題ない人は多いが、奨学金を借りて破綻する人も少なくない模様。
ネットやTVでは、奨学金破綻に関する話がこの頃多くなっているように思う。

大学4年間、人によって借りる額は違うけれども200~300万円程度だと思っていた。
そう、学費を除いて自分で賄う程度の額だ。
教科書や衣食住、学費を除くなら、バイト代でなんとかなることが大半だ。月々6~8万円程度も稼げばよかろう。

後は、どこまで衣食住をケチって生活できるかだろうとも。


ただ、ちょっと勘違いしていた。
学費も自分で賄う人がいることを。学費は100万円前後か。理系や文系、私立や公立など、行く大学によって変わってくるので一概にこの額だ!とはいえないけれども。
だから、200~300万円+400万円で、600~700万円だ。

人によっては1000万円を越えるらしい。

大変というレベルじゃない。
そう、無理、駄目っぽい、そういう感じ。


1つ思うとするなら、2~3年社会人やバイトを頑張って、学費を200~300万円貯めてから、学生をやるのは駄目なんだろうか?実際、同級生には20歳を越えていた人も数人だったがいた。確かにその考えはないのかもしれない。


200~300万円で破綻はないだろう。普通の経済観念なら。
だけれども600~700万円は、きつい。まして、1000万円を越えるような借金をして、正社員になれないなら・・・
※割賦金の基礎額は、総額の20分の1らしい。すなわち総額を20年で支払うということらしい
1000万円を20年なら、年間50万円。月々にするなら4万円ちょっとだ。

う~ん、私は余裕だと思うけれども、そこまで負債を増やした状態は、並大抵の気持ちじゃやっていけないかもしれない。
そういう意味では、計画的にお金を貯めれる素地がない人の場合、1000万円の半分500万円でもきついのかもしれない。

う~ん・・・う~~~ん・・・
年間100万円、手取りが20万円なくても余裕で貯めれる人なら、500万円が1000万円でも余裕だろう。
資産形成が十分できる人なら、それくらいお茶の子さいさいかもしれない。
どこが大変なのか?どうしてできないのか??と。

でもね、ちゃんとお金を計算できない、数字に弱い人にそれは酷なのかもしれない。

思うに・・・
奨学金は500万円以上貸さないようにしては、どうかと思うところも。
多くを貸し、それが破綻への一歩になるくらいなら・・・、それを諦めさせるのも1つの手だとも。
それが余裕だと思えるだけの人でないかぎり・・・

そんな感想でした。





~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング