多くの余剰資金と現相場、投資しない努力が必要か

現相場を見て、とっても好調だ!と思っているのは、アメリカさんに投資をしている人だけでしょうか。
大半の方々は、低迷しているか、相場下落気味と思っているか、そんな感じかなとも。

実際、インデックス投資家ですら、最近始めた人は含み損状態だったりします。そのうち良い景気になるはずとの信念で、続けるのは、別にどのような投資家も同じ。臥薪嘗胆なぞ言うつもりはないけれども、耐えの時期かと。

さて、掲題の件。
人によっては、今の相場自体を数年前からキナ臭いと感じ、キャッシュ化したり、追加投資を控えてきた人がいます。
その彼等彼女等は、多くの資金を現時点でキャッシュで保有していることになります。


このような状況において、複数のパターンがあると思います。
1)好景気になるような気配も見当たらず、まだまだ様子見を継続
2)好景気には見えないけれども、十分に底である気配があるので、多少は資金を投入してみる
3)ひゃっは~底にしか見えねぇ!、再投入だ!

自分自身の相場予想、そして根拠を見出せたとき、そしてその判断を後日タレレバで嘆くことをしないのなら、3もありかと思います。ただ、後日冷静に当時の判断をした場合、本当に正しかったのか?その判断の根拠となるべく収集した情報の確度はどうだったのか、振り返ってみたいものですね。
往々にして、その時は正しかったと思った、間違いないと判断した、そういうことがそうではなかったことは少なくなく。

だからでしょうか、1や2といった行動が出てくる。


投資をして、投入資金の何%どころでなく、何十%も儲けをだし、また数百万円や数千万円との利益を出してきた人ほど、投資に対して積極的です。成功体験がありますからね。だから、止めれない、止まらない。
全資産の数%程度なら影響は小さい。だから2を。それは、面白い反面、もっとよく状況を見ればよかったと思うことも。それは大きく上がればもっと投入しておけばと思うし、また逆に大きく下がれば投入するのではなかったと思うことに。

多くの成功体験があり、投入できる余剰資金が多くある。
止めれない、止まらないことを、止めようと努力し、止めることができる人は、それが予想どおりに運用に反映されなかったとしても凄いと思う。止まりませんからね。本当に止まりませんから。


人は学ぶ生き物です。
失敗から反省し、次に生かす。
止めれない、止まらない人が失敗を経験し、それによって止めれるようになっていくとも。

やっと止めれるようになってきた、そんな感想。疼きがある時点で達観できるほどになれていないけれども・・・。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング