長期投資が長くならないと思う理由(没記事)

何を言いたいか分からない記事。
私もわかりません(笑

たぶん、今日の湿気がすごい状況でのお散歩疲れのような気がする(4kmくらいしか歩いてませんけど

-----------------------------没記事始まり(笑)------------------------------
独り身ならともかく、家族持ちの世帯の場合、投資をしたところでどこかで利用します。
独り身だって、程度の差はあれど60歳や65歳まで積立や投資を続け、その資金を1円たりとも使わない、利用しないなんて思っている人の方が少ないでしょう。

そうなんですよね。
子供が生まれた、家を買うことになった、怪我や病気になった、リストラされたなどなど、お金が必要になることがあります。
当然、その必要な資金はどこかから調達が必要で、投資をして資産を形成しているのなら、そこから使うことになるかと。

ですので、投資をして長期での運用としていたところで、どこかで使うということ。
ま、まさか、老後の生活だけを考えて、投資をしている!、そんな人がどこまでいるかでしょうね。

投資ブログの大半は、現役世代も多く、30代や40代、そして50代がメインでしょうか。
家族持ち、まして子供なんていたなら、多くのお金が必要となるんですよね。


長期投資の信奉者に聞いてみたいのは、その長期投資というのは、何年ですか?
20年?30年?それともそれ以上?
バイアンドホールドで絶対に売却しない金融商品ですか?それとも、金融商品は変更することもあっても1円も利用することなく、投資を継続することですか??長期投資とは、どのように定義して、そしてその長期投資の期間、1円たりとも使わないものなんですか??

どうなんでしょうね?
人それぞれの考えはあって、一意に決まる話でもないのかもしれません。


1円も利用せず、投資を20年や30年にわたって継続するような長期投資って、どこまで現実的ですか?
使わないお金なんて意味がありません。それが遊びだろうが、養育費だろうが、そして趣味だろうが。

長期投資の信奉者は、どのように長期投資を定義し、またその利用を考えているのか?

65歳の定年まで働き、その過程における余剰資金を全て投資に回す。余剰資金自体が、子供の養育費や趣味等を除いたものであり、それを利用しなくても問題ない資金である。だから、65歳の定年時より老後の豊かなる生活のため、投資を金融商品を変更することはあっても、1円を使うこともなく、投資を継続してきた。。。

そんな人、長期投資の信奉者でもいますか?
あり得たとしても、多数にはならんでしょうなぁ。
余剰資金といっても、それは今使わない資金であって、65歳の定年までも含めて余剰資金だって思っている人なんていないでしょう。確定拠出年金じゃあるまいし。下ろしたくても下ろせない資金とは違うかと。
いや、長期投資の信奉者は、確定拠出年金と同じ風に考えているのかしら???


投資の継続はともかく、必要な時に使ってこそ何ぼだと思っています、そう、資金なんてものは。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング