「飲食店での「大盛り無料」、残すのはアリ?ナシ?」を読んで

●キャリコネニュースより
「飲食店での「大盛り無料」、残すのはアリ?ナシ? 「残すのは恥ずかしいこと」「無理して完食は人体に害しかない謎の風習」」

トータルで考えるなら、食べきれないものは残すべきだとは思うが。
それは、自分が食べれる量を把握できていないとうことでしかない。

初めて入る店で普通盛で多すぎたというのなら分かるが、態々(わざわざ)大盛りにしているのなら、それが食べきれる食べきれない前に店側に聞くべきだし、食べ放題で多く取り残すなんて予想ができないことの証明でしかない。
ようするに、大丈夫だと過信して結局大丈夫じゃなかっただけ。

食事の問題がそうなら、仕事だって同じになるだろう。
この作業は3日でできます!任せてください!
そして3日目。やっぱりできませんでした!とか。報告も連絡も相談もないんですよね、そういう人に限って。
だから、それ以降仕事を任せられないとか、そういうことに繋がる。


無理して完食する必要はないと思います。ただ、一事が万事同じようなことを繰り返すようなら、それは恥ずかしい話でしょう。
またかよ・・・。そう言われないように。

同じ理由により、食べないものが明確になっているなら、最初から抜いてもらうことも。
ご飯を少なめにしてください、くらい言えないのか?
※そういえば、ちょっと前に炭水化物ダイエットしていてご飯を食べないにも関わらず、要らないというのが恥ずかしいという人がいるとの記事がありました。言わないほうが恥ずかしいと思うのだが、どうなんだろうか?


よく取り放題でも残したらお金を頂きますとある店があります。
当然だと思います。態々生ゴミを増やすことはありませんからね。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

No title

戦国時代に北条家を潰してしまった、4代目当主の北条氏政の話を思い出しました。
当時、一杯の飯に一杯の汁をかけて食うのが常識だった時代に二杯もかけてる所を親父様に見られて、毎日の飯の分量一つ満足に出来ない不器用な人間にまともな洞察力なぞ有る訳が無いと嘆かれたとか。

同じように、子供じゃあるまいし、どれ位食べたら腹一杯になるかの予想さえ出来ない人間に千変万化の経済の予想なんて出来る筈が無いのかもという気もしますね。

No title

> 山中 一人 さん

その逸話は知っていましたが、後北条の話だったんですね。
大したことないと思っていい加減にやっていると、結局万事そうなると思うのですよね。
ちょっとくらいいいだろうとか。

腹の具合から食べれる量が測れないなんて、小学生より酷い話だと思います。
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング