空き家問題と小池候補

先日にも記事にしましたが、小池候補は、空き家問題の解決として「空き家の対策と、小規模保育の拡充を同時に進め、保育士の処遇改善を実現させる」をいわれているらしい。

●産経ニュース
「小池百合子氏 待機児童問題「ハイブリッドに解決を」」

この政策が意図したとおり解決するために上手く行くのかどうかは未知数だし、そんなに簡単でもなかろうというのが私の感想ではありますが、空き家問題を問題としてあげたことには一定の評価はあってもよいとおもう。

ただ、介護の問題と合わせて考えるより、空き家問題として独立させたい。
介護にしたって、育児にしたって、その元となる費用をどうするべきかというものが一番大きいから。
いくら箱物の保育所なんかが出来たところで、保育士の待遇改善が進まなければ、絵に描いた餅でしかない。
それなら、独立して個々に対策を考え、政策を打っていったほうが良さそうと思うのだがどうだろうか?


空き家の問題に関しては、市区町村や都道府県レベルで考えるのではなく、国レベルで考えてもいいと思う。
空き家のリスク度、例えば倒壊のリスクなどを考えた場合に、それを所有者の資産を抑えてでも強制力を持たせた対応をさせるといった。また、相続時にマイナス分の空き家だけを放棄できないよう、生前贈与などがあったら、さかのぼって追って資金を出させるくらいのことも考えてもいいかも。
違法じゃないけれども、モラルの無さということになるんでしょうか。誰も田舎の廃屋なんて要りませんからね。


マンションだって戸建てだって、全部同じです。
所有者はその責任をもって、全部始末をするべき。
行政に押し付けて家を放棄するべきではないとも(その気持ちは痛いほど分かりますが。

ただね。行政ももう少し考えて欲しい。
折角利用できそうな土地があったとして、誰も何年も何十年も住まないような空き家として放置させるより、その場所を有効利用させるがごとく、なんらかの条例などを考えて欲しいところ。


また、マンション等の管理組合は、適当なところを処罰するくらいのことがあってもいい。
20~30年の長期修繕計画(今時ないほうが珍しい)をして、どのようにメンテナンスをしていくかを明確にすることを義務付ける。修繕に費用が足りないのなら、強制的に徴収するくらいの話があってもいい。

人間に対する支出よりも、こういうことに対する支出を優先させても、ケースバイケースではあるけれども、よいのではないか・・・と思うことも暫し。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング