痛ましい事件が多いが、働かないパラサイトや精神異常者、各種中毒者を社会はどこまで許容できるのか

つい先日の神奈川県相模原市の事件は、痛ましい限り。
あの容疑者の場合、大麻をすっていたらしい。
精神異常という前に、薬物中毒です。

中毒に関しては、薬物中毒も酷いですが、アルコール中毒やニコチン中毒だって、全部病気です。
中毒たるもの自力で回復できるなんて、考え甘い。
止めたいけれども止めれないと思っているのなら、その手の支援している団体や病院などに通うべきだろう。

いつまで経ってもなくならない1つにパラサイトがあります。
無職で働かず親の年金で暮らす。
酷いのになると親が亡くなったことを隠し、不正に年金を受給する。
年に何回かニュースになるくらい頻繁に起きる話。

同様に、働かず無職で仕事をやる気なく、それでいて権利だけは声高に主張し、最期は働けるはずにも関わらず生活保護を受給しようとしている人たち。怠け者で働きたくないのは結構だけれども、それなら行政や両親に頼らずに一人で生きてから言えといいたいくらい。

この頃思うのは、怠け者のパラサイトや異常者などなど、社会生活破綻者たちをどのようにするべきか、またこれは社会で吸収するべき事象なのかということ。
怠け者が働かず、お金がなくなったとき、強盗や詐欺などの犯罪を犯す可能性を考えるなら、生活保護や何らかの支援をして犯罪を犯さないようにさせるか、または一箇所に例えば病院に監禁するが如く、外に出さないようにするべきか・・・。


社会の一員として思うことがあるとすれば、安全な生活を求めるために、社会へのコストの1つとして、税金が使われるのを許容できるかどうか・・・。
怠けて働かない人を、金がなくなれば犯罪だって厭わないという人がいたとして、何ができるか・・・
たぶん、何もできないことのが多い。


世を憎み、犯罪を厭わない、危ない人間がいたとして、どうするべきか。

結局、犯罪に対して厳罰であるべきかと。
厳罰にしたところで、犯罪率が下がらないとしても、遺族や関係者が死刑になったところで空しいと感じることがあったとしても、それが1つの区切りになるから、厳罰があってもいいとおもう。

怠け者の社会に対するパラサイトは・・・。
要らないから、どこか過疎の街に全員まとめて隔離して、食事だけ出しておけばいいのでは?

犯罪者もそう。精神病院だろうが刑務所だろうが、二度と社会に出さないようにしておけばいい。

コストは掛かるかもしれないけれども、安全のためと割り切るしかなかろうとも。
勝手に自暴自棄になって犯罪や社会にパラサイトするような奴等は、本当にいらないと思う限り。

~~ 追記 ~~
放置されているゴミを収集始末する
廃屋になっている民家があるとして、その倒壊や放火のリスクより、行政が撤去する
遊び呆けて預貯金なぞせず、困窮した怠け者がいたとする。彼等彼女等が犯罪しないよう生活保護を与える

どれも一緒。どこまで行政がそれを保護、支援するか。それだけ。
そして社会がどこまで許容するか。
個人の権利より、全体の権利を重要視することがどこまで許容できるか、そういうことなのかもしれない。
個人の権利を蔑ろにしていいとは言わないが、個人の権利を声高に主張しすぎるのもおかしい。
とりあえず、国民の義務を果さずして、怠けている愚か者は、働けば?と思うところか。行政に頼ったり、フリーライダーしてもそれが当然の権利と思う怠け者も一種の精神異常者なのかも?いや、さすがにそれはないか、いや、ないと思いたい。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング