悪循環の末路

週末の度に秋葉原に行っているうちの理由の大部分が、自転車とAV機器。
それ以外のものは大半目処が付いたり、頭金を支払っていたりするから。

さて、自転車に関しては、折りたたみ自転車でほぼ決定の段階まで。
DAHONにするか、BROMPTONにするか、その段階まで。心は、BROMPTON側に揺れています。共に折りたたみは楽そうなんですが、走行の安定を重要視したいかな~っと。試乗させてくれるサービスもあるみたいなので、購入時は一度試乗させてもらってから決めたいですね。

問題は、AV機器。
プリメインアンプ、メインスピーカー(ペア)、AVアンプに、サラウンドスピーカー、液晶TV(有機ELは諦めた)と、多岐にわたります。
今のシステムは20年近く前に揃えたものから順次買い換えたりして、150万円くらいで組んでいます。
今回、大きく20年ぶりにほぼ全てを買い替えたいと考えていますが、いろんな意味で壁にぶち当たっています。

1)そもそも、音楽を聴く機会が減ってきていないか?
2)今のシステムで十分納得できており、それ以上は必要なのか?
3)TVを殆ど見ず、偶にDVDやブルーレイをレンタルして見る程度に、そこまで費用を掛ける必要があるのか?
4)今も次も映画館が徒歩数分で行けるところに住むのに自宅にホームシアターが必要か?
5)現行システムを20年、今回新調したとして再び20年持たせるにしても、予算を同じく150万円程度持つほど、オーディオの趣味に嵌っているのか?
6)システムを揃えるにしても、中古で上手く予算を落とすことはできないものなのか?

いろいろと、自分に対する突っ込みも沢山あります。
いや、これでも掛ける予算を考えるなら少ない方な気もしてきました。

一番きついのは、20年くらい前にそろえたシステムと同等のグレードと考えたとき、2倍や3倍と、値が張ってきていること。
特に海外の製品に関しては、数年前からの円安傾向で値段が上がっている、これは致し方ないとしても、それでも、その予算は・・・ということに。

国内を見渡せば、Victorや三菱など、20年前に好きだったスピーカーメーカーが撤退してしまったのが大きい。
10年くらいオーディオというより、音楽を聴く回数が減ってしまったこともあって、興味なくして、疎くなっているのも痛い。

どのような音色のどのような状況で聞くことが多くなるのか、そこがまだまだ迷走しているからこそ、AV機器が全然きまらない。これは、思いのほか重症ではあるけれども、やっぱり相応なものを揃えてみたい。
20年前のAVへの熱情の数割でも戻ってくれば違うのかもしれないけれども。どちらにしても、いろいろ考えて、視聴を繰り返して決めていきたいと思う。


今回、AV機器をみて思うのは、エントリーモデルとハイモデルの間が薄くなってきているように思えること。
そして、一部のAVマニアでなければ、エントリークラスで十分であるのが痛い。
数十万円クラスのAV機器は、いろんな意味で中途半端なのかもしれない。
だけれども、一部のハイレベルの人だけを対象にしたら、AV機器の明日もなかろう。
中間層のハイレベルになるまで資金を出せなくとも、相応の音楽環境で音楽鑑賞を楽しみたい、そんな層への手当てが薄くなっているように思えるのは、どうなんだろうか。


根本的に、AV機器への資金の投入の妥当性が分からなくなってきている、ここ数ヶ月。
音楽を聴くことは好きだけれども・・・。
プリメイアンプとメインスピーカー(ペア)で濁してしまえ!、TVだって適当に65インチを購入すればいいじゃないか。
そんな考えも含めて、もう少し検討しないと。

いっそ白紙にして、折りたたみ自転車を最優先でもいいのかもしれない。
いや、むしろそれが正解である気がする。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング