「キツイ仕事で年収600万円と、楽な仕事で年収400万円」を読んで

●キャリコネニュースより
「【どっちがいい?】キツイ仕事で年収600万円と、楽な仕事で年収400万円 ネットでは「後者一択」の声相次ぐ」

おもしろい記事だと思います。
そして、いろんなことを示唆してくれる、そんな記事だとも。

記事内では、400万円と600万円の比較でした。簡単な仕事と、大変な仕事。
人生を温く適当にやっていこうと思っているなら、前者しかあり得ません。定年までぬる~くゆっくり、ストレスレスで過ごす。それを最終目的とするなら、絶対に前者でしょう。後者なんてありえませんね。
※年収が400万円、600万円なら、手取りは300万円、450万円くらいみたいですね
●平均年収JPさんより
「年収の手取りは実際にはいくら?」

ただ、資産形成の観点で、更に早期リタイアをするなら、絶対に後者を選ぶべきだとも。
記事では、家族構成の記載がありませんでしたが、もし独り身なら・・・。
生活費が年間240万円くらいなら、前者は60万円、後者は210万円貯めれることができます。

20年後を見てみた場合、前者は1200万円、後者4200万円にもなります。

温く適当に定年まで仕事をするなら前者で十分でしょう。定年まで働き続けるのですから、その場合、年収も増え3000万円くらい持っているかもしれませんね。退職金も含めれば、5000万円くらいの資産ができるでしょうか?

40代くらいで早期リタイアを考えているなら後者しかありません。温い仕事の仕方で、40代で1200万円ぽっち。それで、早期リタイアしたとするなら、何かあってお金が入用になったら非常に困ることになりかねないから。

さて、仕事が違う畑での比較はこのような話なんでしょうが、同じ仕事場ならどうなるかなと考えてみたいと思います。
面倒や大変な仕事を拒否して、残業も拒否して定時帰り。当然、収入は思ったほど多くない。
面倒や大変な仕事を受諾して、残業も休日出勤も沢山。当然、残業代が多く、収入が同世代より多い。
どちらがいいかは、その人の生活スタイルにもよりますからね。どちらがいいとも悪いとも言えません。

が、資産形成の1点だけ考えるなら、面倒で大変な仕事を沢山うけ、自身のスキルアップも周りからも頼られるような、そんな存在になったほうが正解だと。まぁ、ただただ単純に面倒ごとだけ任されるだけで、スキルアップしてないかもしれませんが^^;;

サービス残業なんて、法律違反がないような会社に勤めているならありえません。若い頃に安い給与だろうが、残業三昧なら簡単に年収500万円や600万円なんて行くだろうと思います。まぁ、今のご時勢、ストレステストやら、残業問題で残業することが厳しくなってきましたから、昔のように仕事最優先で、残業を無尽蔵にさせるということはなくなりつつありますが・・・。

どっちがいい?と考えるとき、自分自身の生活スタイルを考えつつ、いつまで働くの?それを考えてみるといいかも。
公務員、温い仕事大好き!、趣味に生きるのがMyスタイル!なんて人なら、自ずと答えがでてきそうです。
う、羨ましくなんてないですよ?^^


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

公務員ですが、全然楽ではないんですけど。

No title

> ななしさん

コメントするなら、固定ハンドルをお願いします。

さて、公務員といったところで、その職種は多種多様です。忙しい部署もあれば、暇すぎる部署もあるでしょう。

今回の記事で公務員と使ったのは、法律違反でもしない限りクビにならない職という観点からでした(一部大企業もそうですが、中小企業じゃ無能はクビですからね)。クビにならず、仕事ができなくても年功序列で上がっていく給料、ぬるっぽ~って仕事ができるなんて羨ましくありませんが、それが良しとする人もいるということで。

多忙極まる公務員を知っていますが、大半は温いんですよね。周りを見渡して、そう思ったことありません?^^
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング