住宅ローンの破綻と楽観論

●マンションコミュニティ より
「年収に対して無謀なローン その33」

この手のコミュニティーは、匿名であるゆえ、情報が正しいかどうか、また、コメントをどこまで本気でしているか、そういうことを自分で考えて読む必要があります。まぁ、情報リテラシーという言葉を知っている人なら、そんなもの当たり前でしかないと思いますが。


ですので、年収や家族構成、ローン額や残貯蓄などなど、いろんなテンプレートに従って公開された情報がどこまで正しいか、全く正しくないか、話半分程度で読むといいかもしれません。

ただ、いくつかの傾向が見えるのは確か。
情報を提示し、その住宅ローンの妥当性を質問してくる方々。
よくあるのが、
1)まず大丈夫だと思うけど、最期の一押しを押して欲しい方々
2)家が欲しいと熱望しているが、今の状況で購入できるかと確認を撮りたい方々
3)愉快犯(笑。

いろいろな収入や家族構成などの違いがありますから、一概にこれが正しいとか間違っているかということはないと思ってはいますが・・・。まぁ、甘い計画で行くと、まず駄目でしょうね。

特に思うのは、2)の是が非でも欲しいと思っている方々。分かるのですが、計画が杜撰というか無謀すぎ。
A)月々の手取りに対する住宅ローンの支出割合が大きすぎる(特に住宅ローンを引いた後の残額が少ない場合
B)夫婦2馬力の両方を住宅ローンに割り当てる
C)現在の賃貸の家賃程度だから大丈夫

ボーナスまでローンに支出する・・・、それ無理


人間、余裕ある生活でないと、少しの躓きから、大きく転ぶ、そうローンが支払えなくなる可能性が高くなるかと。
たまに外食したり、旅行行ったりくらいできずに、ローンがメインになって生活が回る、、、リスキーです。

住宅が欲しいという気持ちが高まるのは分かるのですが、ローンなんて2~3000万円程度がいいと。
ローン返済額も、家族持ちだろうが10万円以下に抑えたい。
どんなに高収入だって、会社が潰れるかもしれない、家族や自分自身が病気になるかもしれない、何らかの事故なんかがあるかもしれないと思うなら、ローンの支払いに対するバッファが欲しい。
それが、残預金だったり、相方の収入(これは1馬力でローンを支払っている場合のみ)だったり、ボーナスだったり。


是が非でも欲しいと思っている方々の相談(それが本当のものかはわかりません)は、バッファが不足しているんですよね。
その時、その時点で本当によい物件があったとしても、あなたの収入や経済状況が住宅ローンを余裕に返せる状況でないなら、そこは次に臨むべきかと。それが客観的な判断で、無謀かそうではないか、それを判断できないのなら、そもそも冷静ではないということで止めるべき。
銀行にしたって、住宅会社にしたって、貸したい!売りたい!ですから。そこに住宅ローンを借りる人の経済状況や生活まで見る、またはアドバイスしてくれる人なんていません。


ことお金に関する話です。まして住宅ローンなんて額が大きいものです。
楽観論でローンを組むほど無謀で先行きが危ういと言わざるを得ないかな。
当然、無謀なローンでも大丈夫な方々はいます。それが良かったと思っている人も。
ただ、リスク管理の観点から考えるに、全部が全部上手くいくとも限らない。

頭金となるべく資金を多く用意し、よい物件が出てきたときに問題なく購入できるよう・・・そんな状況にしておきたいですね。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

コメント

非公開コメント

プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング