「都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…」を読んで、その通りと思う

●現代ビジネスより
「都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…要注意エリアはここだ!」

私もこの記事どおりの感想をば。
1)東京および近辺のマンションの価格は上がり過ぎた!。戸建ては上がっていないのに
2)供給過多!。そこまで建てれば、需要より多いって

住戸なんて需要と供給です。
利便性がよい物件は良い。だけれども、その需要が高そうな利便性良い物件だろうが、高過ぎれば価格は自ずとあるべきところまで下がろうというもの。場合によっては、高すぎて売れ残るだろう。

タワーにも言及されています。
どの駅までも10分近く。近くはこれから開発する空き地だらけ。そんなタワーにどのような魅力が?

●マンションエンジンより
「東京都23区の相場情報」
「東京都都下の相場情報」
これらの右上の経年動向のグラフより平均坪単価を見ていただけるとよろしいかと。

2015年まで右肩あがりが数年続き、2016年は停滞。2017年以降は停滞、場所によっては下がっていくと思います。
私の感覚では、2012~2015年くらいで、坪単価2~3割上がってきたという感じです。
戸建てがあがっていません。だからこそ、そのマンションの価格上昇が目立つ。

2012年より以前で、利便性がよいマンションなら築浅なら殆ど値段は下がっていないように見えます(中古相場を見る限り)。
逆に今の価格は、オリンピックバブルとも、中国バブル(中国の資金が多く入ってきた時期がある)とも。
高すぎる!。それが利便性良い物件だろうが、注意しないと資産価値の観点からは厳しいと思う。


住宅が欲しいと考えたとき、それなりの利便性がよく、そして売れ残りがある物件をキャッシュで購入することを条件に値引き交渉をして、安く購入するといったことが一番いいのではと。安く入手した物件の場合、それを元より安価に売却することになっても、その間を賃貸で過ごした場合と比較しても遜色ない程度にはなるのだろうと思うためですが。

ただ思うは、マンションが売れないからといって大きな値引きをして売却するのは、いろいろと軋轢も生むだろうし、高値で購入した住民の納得度がないとなかなか。かといって、それを忖度して、値下げを行わないのも。モデルルームのようにして、家具一式を付けるとか、マンション価格は変えないけれども、いろんなオプションサービスを付けるとか。そういうところが落としどころか。


最後に。
住宅なんて終の棲家として位置づけなら、価格はあまり。住宅ローンが、ということはあっても、それを計画通りに返却できるのなら問題になり得ることもなく。まぁ、高く売却できる資産価値があるならあるに越したことはありませんが、固定資産税とか高いよ?(苦笑

欲しい人が必要なときに購入すればよい住宅。無理する必要はなく。賃貸で十分と思うのならそれでよい。
利便性がそれなりによい中古物件を格安で購入できた人が勝ち組!
そんな感想です。

#おまけ
●不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」さんより
「バブル破裂のカウントダウンが始まっている?首都圏新築マンション市場動向」

いろんな観点より分析されております。非常に参考になるかと。


※坪単価が300万円超えたら、冷静になろう!。400万どころか500万円以上の物件もありますが、、、普通のサラリーマンたちには縁なき物件だったと諦めるも肝心です。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

人は1日で何kmまで歩けるのか?

今まで1日一番歩いた距離は、20km弱(たぶん18km前後)くらい。新木場からレインボーブリッジを経由して秋葉原。

東京散歩のよい面であり悪い面は、寄り道場所がたくさんあるということ!(笑
あ、あの店なんだろうとか?モデルルームあるとか!休憩と称して喫茶店で涼むとか!
ようするにずっと歩き続けるより、史跡を見たり、興味ある店に入ったり、寺社仏閣を見たりとかとか、、、そんな寄り道ばかり。

純粋に歩いているときだけを計測するなら毎時5kmくらいは達成できそうではありますが、信号などを加味すると毎時4kmくらいが妥当かなと。昼休憩や、たびたび寄る店での休憩時間等を除けば、朝の早い段階から歩いても純粋に歩いている時間が7~8時間が妥当か。日が長い季節でフルで歩いても10時間が限度だろうと。

そうなると、あまり無理せず、それでいて長距離を歩こうとするなら、30kmくらいが限度かな。
日が落ちてもいいのなら、40kmくらい。
それもスーツ姿とかじゃなくって、ちゃんと歩くための装備というか格好をして。

将来やってみたいなと思うのは、
1)東京湾一周(1週間くらい?おおよそ200km。アクアラインはバスですよ^^
2)山手線一周(1日~2日。おおよそ40km。線路沿い一周
3)多摩川北上(2日~3日。おおよそ90km。羽田から奥多摩湖
4)大島一周(1日。おおよそ40km。自転車のがよさげ?(笑
5)伊豆半島一周(数日。おおよそ200km

あまり辺鄙なところでもない限り、なんでもあるのが東京界隈です。
疲れた、もう駄目だ!最寄りの駅から帰ろう!とか、
足に豆ができた、もう歩けない、タクシーでも呼ぶかとか、
身軽に何も持たない!、喉が渇いた、コンビニ寄ろうとか、

いつまでも健康と思うな!ってことでもありませんが、1日30~40km歩けるというのは、面白いと。
リタイアするまでもなく、1日でできるものがたくさんありますからね。
本当は自転車で制覇したい気持ちもあるのですが、このごろは自転車より徒歩のが面白くて。
そっちで達成してみようと思っています。

さて、今日はゴールデンウィークの初日です。
明日からちょっと旅行に行ってきますので、ブログの更新もコメント返信も滞りまする。ご了承ください。


※上級者は、お遍路巡りとか、東京⇒大阪とか、琵琶湖一周とか、北海道一周とか、、、いや私はやりませんよ、そんなの高レベルなのは無理!


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

想像力のない方々の投資と生活

非常に近い未来、明日や来週とかそういうところにしか視点が置けないのなら、遠い未来は想像すらできない。
想像できないのなら、その状況や状態がわからない。
近い未来だけ充分と思うのなら、遠い未来は、その時になったら考えればいいという。その遠い未来が近い未来となったときに困ったとしても、常になんとかなるとも、また誰かが助けてくれるなんてありえず。


平均余命があります。
日本人は長生きです。
ですが、長生きしているからといって、その全てが健康的で経済的に問題ない状況とは言えませぬ。

健康にしたって、経済的状況にしたって、想像の上をゆくようなことが発生する可能性はあれど、それでも予想しておくべきで、そしてその予想に伴って行動を起こすべきと。


健康面は、あまり詳しくなく。栄養バランスよく食事をし、適切な運動をする。睡眠は十分にとり、日が上がって起床し、日が沈んで就寝する。ストレスをためず、可能なら社交的にいこうぜ!くらいかな?(笑。とりあえず、食事と運動は適切にしていきたいところですね。


さて、投資もかなりいい加減になってきています。
ブログ村のブログの紹介文に「投資?そんなもの投入資金確保が最重要で、手法なんて適当で十分」と書いているよう投資手法なんてどうでもいいと考えています。
どんなに素晴らしく優れた現実的な投資手法があろうとも、そこに投入できる資金が少なければ資産形成ができないと思っているからです。逆に言うなら、どんなにコストが高くて、リスクが高かろうが、そしてその投資自体に失敗しようが投入できる資金が多ければ資産形成ができますから。2億円の資金を投入し続けてきた、20年運用して、大失敗で半分になってしまった。でも、1億円あるんです。十分じゃない?

当然、2億円をして、適切な金融商品に投入していれば、20年も運用していれば3億円くらいになっていただろうとか、そういう結論に意味はありません。未来へ行き来できるドラえもんじゃあるまいし、未来は読めないからこそ難しく、そして楽しい。リスクを負って投資をするのなら、上記2億円は5億円や10億円になっていたかもしれない。それ、全部結果論。結論に至っている現在から、過去をタラればしても意味薄く。そういうタラればの結論をして、未来に向けた投資に対してどのような修正を行うか、またそもそも論としてどのような投資が適当で行っているべきだったかの反省に使いたいくらい。


さて、未来に向け投資をして、想像にするなら目標が重要だと思っています。
数十年後、投資をして老後に必要な資金を用意する。
これだっていくつものパターンがあります。

1)年金で生活は十分に賄える
2)年金だけでは生活費が足りない。増やさないと
3)年金自体をもらえない。生活保護かな、、、
4)・・・

充分、不足、あきらめた!

充分なら簡単で、現在ある余剰資金はどのように増やそうが関係がありません。本当に必要な資金だけ残してリスクが非常に高い投資に投入してもまったく問題なく。まして、その投資が成功したなら、超豪華な世界一周旅行でもとか、多くの資金を使った豪遊もできるでしょう。

不足分を投資で賄いたいのなら、あまりにリスクが高いものは止めるべきなんでしょう。大きく儲からないけれども、致命的な損失を被る可能性も低そう。そしてその平均をして、老後の資金を賄えるよう、そういう金融商品を選ぶなり、または、収入や支出のバランスをして投資に依存することなく老後資金を用意するなど。未来に向けての資金計画を想像し、そのようになるよう行動すればいい。投資は手段であり目的になりえませんが、その手段たる投資をして容易と言わないまでも未来の資金を確保できそうなら、それはそれでありでしょうし。

お金の不足を諦める!って人は、知らぬ!。どうでもいい。社会におんぶにだっこ。常に寄生するような生活を是とするなら、それを否定する手段はありませぬ故。若くして怠けていようと、老年に達して保護されつつ迷惑行為しかしなかろうと。


やればできる日本に住んでいるにも関わらず、将来を見越して行動をすることなく、そして今貧困だから助けろ!という意見には大反対です。貧困だろうが仕方なかろう?という意見です。だから、そういう方々にお金のかからないような生活、収入と支出のバランスよい生活を!と思っています。それをしたからといって全員ができるとは思ってはいませんが、生活レベルを下げるなりして生活が破たんしないようなことになればと。


今現在では、生活破綻している身内はいません。
ただ、ギャンブル中毒とかで、貧困極まる人を見てきたことがあります。あれは、悲惨ぞ?!
※ギャンブル止めれば、、、。私より収入ありましたから、、、毎月数十万円もギャンブルに使ってしまうその心境は、未だに分かりませぬ。10年以上昔の話ではありますが。
※アルコール中毒者や薬物中毒者は知りません。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

危険なところに自ら向かう。問題あっても自己責任(自業自得)だよね?

●産経新聞より
「半島情勢緊迫の中でも「韓国人気」衰えず…関空で出国ラッシュ始まる」

●京都新聞より
「ミサイル文書配布「子どもに不安」 滋賀、教組が知事らに抗議文」

すきにして。
その代わりに国のせいとかしないでおくれ。

そして教職員組合は、腐ってやがる。
実際に起こり得るリスクをして、その注意喚起に噛みついてどうするんだ?

例として妥当か分かりませんが、地震や津波、火山噴火等、あぶない場合に注意喚起するのと何が違う?
実際に事が発生すれば、その発生した事象に噛みつくのだろう。
あいつら、がん細胞だな。


平和ボケしているんだよなぁ・・・。
自己責任(自業自得)と割り切れなく、すぐに人のせいにする人がいますからねぇ。。。

※自業自得⇒自己責任(自業自得)に変更しました。自業自得という表現だとちょっと違った。自己責任の話ですやね。まちがえた^^;;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「こども保険」ねぇ、ただの増税ですな

●産経ニュースより
「あの足立康史氏が小泉進次郎氏に「はっきり言ってアホ」 「こども保険」を一刀両断」

●BLOGS より
「自民党内で波紋呼ぶ小泉進次郎氏の「こども保険」」

●日テレNEWS24 より
「不公平感に賛否?こども保険の仕組みとは」

●東洋ONLINEより
「「こども保険」と「教育国債」は、何が違うのか」

う~ん、保険じゃないから、、、。ただの増税じゃないんですかね??

発想はいいのですが、老人への社会保障を子供たちに回すという方向じゃないと、おかしいから。

名前の付け方が絶妙というか、保険じゃないものに保険とは如何に!

それと記事にある教育無償か、これ中学までとは言わないけれども、高校まででしょう。
大学まで無償かってないと思うのですよ。
なぜに大学まで必要か?
その議論があまりに蔑ろにされているような気がする。

それに、
一律無償かではなく、高収入を除いて無償かしませぬと。

ちょっと自民党さん、ばらまきすぎじゃない?
野党がしっかりしないから、こういうばらまきが止まらない。
なんともなぁ、、、

※金額の多寡じゃなく、世代間の不公平感をなくすよう、均一にしないとという意見です。老人たちに厚く子供に薄い支援はどうかと。なので、方法論としては正しいと思うけれども、老人側を削らないで子供への支援の予算を分捕る。その分捕り先が現役世代から徴収とは、、、なんか違うような気がする。証券税制を変更して、総合課税にでもしては?(大反対になりそうだが)。あるところから取るべき。収入からだけだと、どうしても引退した金持ちの優遇になってしまうと思うため。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング